つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

今日は特に調子が悪いので、暖房をつけた。という名の無題。

f:id:einhander1341:20181004061611j:plain

あなたにおはようございます。朝6時作家の十六夜ヒロです。

今朝は特に精神的に不調だったので、朝6時にブログを書きます。

やっとB*B*MET*LのBIGTEEを捨てる事ができました。

これだけでも大きな一歩です。

 

今朝は何でこんなに不調なのか、わかってるに。

部屋が汚いからだろ?

それもあるに。Twitterでフォロワー数が3人も減ったやん?

まぁ、丁半博打(バイナリーオプション)ならば、減ってもらっても構わないよ。

増える事自体にありがたいと思わなくちゃダメやん。

まぁ、僕なりのポリシーがあって、フォロワー数がフォロー数より多くなくちゃいけないと思っているんだ。

でも、芸能人やインフルエンサーは簡単にフォローしてもらえないやん。

だから、そっちは諦めている。そもそも、そういう有名アカウントに絡んでも面白くないからね。

兄貴は、某女芸人のinstagramが嫌いでしょ?

よく解ったな?あの様なリア充アピールをされても迷惑なだけだよ。そもそも、あのアカウントは企業が金を払って宣伝させてもらってるインスタグラマーだしな。

 

そういうわけで、早速"Here we go~!"

寒くて高木ブーのごとく、何もできなかった。

今朝は朝3時に目が覚めたが、あまりにも寒くて毛布くるまって4時まで横になっていた。

 

そして、いつものアラーム。

 

起きたのはいいが、不調が続いて、5時40分まで二度寝してしまったんです。

その頃には暖房をつけて、対処しましたが、時すでに遅しでした。

 

言語化されたラジオを聴いていたらとてもじゃないが、ブログを書くことに集中できません。

 

ミソシタに涙する。

今は心が闇なのだろうか?

ミソシタさんのアルバム、ミソシタを聴いて心に刺さった。

ミソシタ

ミソシタ

 

歌声と歌詞はおっさんの下ネタだが、バックグラウンドの音楽が美しくて、綺麗だ。

 

闇の美しさというのだろうか?

闇の心地よさというのだろうか?

 

Vtuber唯一(ではなくなった)の音楽デビューした存在であり、無二の存在である。

 

今、ミソシタさんを聴きながらブログを書いている。

すると少しではあるのだが、作業が捗るのだ。

感想については、Vtuber紹介で改めて書きたいと思います。

『地下二階のレジスタンス』『革命前夜』は必聴!


『ミソシタ#23』地下二階のレジスタンス feat. world's end girlfriend


バーチャルyoutuber ポエムコア『ミソシタ#11』革命前夜

前に進めないなら、立ち止まってもいいかな?

最近、ジムにも通っていない。

このままじゃ、口先だけ野郎に終わってしまう。

 

しかし、身体が思うように動かないのだよ。

ライスワークをやったら最後。もう、心と身体が言うことを聞かないのだ。

 

しかし、ライスワークをやらないと生きてゆけない。

Twitterに気を取られて、なかなか作業が先に進まない。

 

集中力を使い果たした状態だとも言える。

どこから片づければいいのか、解らない状態。

あまりにも部屋が汚すぎて、どこから手をつければいいのか?解らない。

言い訳になって申し訳ないが、最近、我が職場にKさんと言う中年女性が入ってきて、いつも言い訳ばっかりするから苛立って仕方がないのです。

 

『私、左利きやから』とか『私デブやから』とか。そんな言い訳なんざ聞きたくねぇんだよ。

 

僕が似た言い訳をしたら、子供時代は親父に殴られまくったぞ。みんなの見ている前でな?

そのおかげでパシリにされていじめられた経験を持っている。

 

だから、Kさんを殴らないと自分がやられると言う恐怖に苛まれるんだよ。

『トラウマなんざ存在しない』とアドラーは言ったが、心に深い傷を持つ僕はどうやって生きたらいいのか?

 

あぁ、ブログを書くのも苦痛になってきた。

とりあえず、部屋の片づけを計画してもだ。ライスワークをやったら何もできなくなるのだよ。

 

フリーランスは全部自己責任だが、自分のやりたいようにできる自由さを持っている。

僕は正直フリーランスが羨ましいと思える。

 

フリーランス志望の若者がよくサラリーマンを叩いているが、サラリーマンはフリーランスを叩かない。

 

Twitterも殺伐としてきたな。

誰やらのせいとは言わないが、彼らの炎上商法に乗ったら負けだぞ。

 

地下二階からのレジスタンス。

地下(日の目を見ない場所)のさらに下の底辺。それが地下二階。

 

そこは闇の世界だ。

闇に落ちたらあとは這い上がるだけだ。

 

朝ごはんをまだ食べていないと言うのもアレだが、僕はなぜブログを書くのだろうか?

多分、『生存証明』なのだろう。

 

今はゆっくり休む時なのかもしれない。

だから、今日も療養のために、ライスワークをやった後は、部屋の片づけをやりたいと思います。

 

神棚がなくなった今。誰の何を信じたらいいのか、解らない。

ただ、前に少しづつ進むのみだ。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

マシュマロ質問やっておりますので、お気軽にどうぞ。

marshmallow-qa.com

 

もし、よろしければTwitterかはてブ、LINEなどで拡散していただけると地下二階から這い上がれそうです!

 

過去記事。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!