page contents

HSPの僕が題名を失ったブログ〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

悪質なセールスマンを追い払う攻略法。

f:id:einhander1341:20190706161630j:plain

いざよい、引っかかったクマ(´(ェ)`)

そうみたいにゃん。手口は公開するから、みんなは気を付けて欲しいニャン。

よりによって、6月30日が日曜日だったのが不幸だったのかも知れないクマ。

いざよいがこの日に家を完全に空けていれば、3,400*6-3000=17,400円の損失を被らないですんだニャ。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

新聞の勧誘は嘘をつく。

もし、こんな事を言ったら要注意です。

新しい店が出来たんで、良かったら話を聞いてください。

これは新聞の勧誘や宗教の勧誘がよくつく嘘なのです。

そもそも、〇〇新聞ですがと言って、売れるはずがありません。

新聞紙そのものが時代遅れのメディアなのですから、発行部数を稼ぐために、あらゆる手を使って勧誘します。

僕の場合は、いきなりニャオンの商品券を握らせて、半年でいいから取ってよお願いだからさぁ。と言われました。

 

この時に、『僕はある思想に乗っ取って、生きておりますので、新聞は必要ありません。』と言ったら、相手は燃え上がります。

 

『思想ってなんですか?何でもお聞きしますよ。』と逆に強気になります。

こうなったら、カモが引っかかったようなもの。逆に言いくるめられます。

 

いきなり結論を言うようで申し訳ありませんが、この場合の断り文句は、『新しいお店に興味はありません、他をあたってください。』と言うか、無視を決め込んでください。(居留守を使う。)

 

仮に『うちは馴染みのある店にしか興味がありません』と言って、セールスマンを炎上させてしまうことがあるので要注意です。

 

最近では、電気のメーターも電力会社の人件費削減のために、スマートメーターになっていますので、NHKが使っていたような、居留守を見破るテクニックが使えないので、下手にチャイムに対して、ハイと答えてはいけませんね。

 

7月~9月は最も新聞が売れない月であると言われます。そこで売上実績を作るために、強引な手を使います。

商品券や洗剤などの商品で釣って販売するのは、本来で言えば違法なのですよ。

 

逆に言えば、異常な手段を使わないと売れないもんなのか?と逆に問いたくなります。

普通に売っても売れないから、姑息な手段に訴える。だから、セールスマンを雇うのですね。

本当に売れるものは、自然に売れますよ。

 

僕が取ることになったのは、読売新聞ですが、残念ながら読むに値しない新聞だと思っていました。

半年間はチスイコウモリのようにお金が吸い取られます。

 

商品券も使ってしまったので、クーリングオフも効きません。

新聞屋にとっては、最後の手段を使ってでも売りたかったのでしょう。

契約さえ穫れたら、誰でも構いません。

 

6月30日というギリギリの日によって、しかも日曜日だったので、最悪のタイミングがあってしまったのでしょうね。

 

6月最終週の日曜日は、1日かけて外出(旅行)することをおすすめいたします。

まとめ。

  • 『新しい店ができたんで挨拶に来ました。』はドアを開けるための嘘。
  • 6月は新聞屋にとって最大のノルマ消化月。
  • 本当に良いものは、セールストークを使わなくても売れる。
  • セールスマンを雇うってことは、その商品価値は大したものではない。
  • 6月最終日曜日は旅行に出かけるのが吉。
  • (見に覚えのない)チャイムに対して、ハイと答えてはいけない。
  • スマートメーターにより、居留守を使うことが困難になってきた。

 

自分で注文した覚えのないものに、簡単に返事してはいけないってことに身に沁みました。

ヤマト運輸さんだったら、最初からヤマト運輸と名乗りますし、自分自身に見に覚えのあることなので、返事をしても構いません。

 

『世の中には決して口にしてはならないことがある』ことを教えられたように覚えました。

ドアを開けてしまったら最期だと思ってくださいね。

 

こういった悪質なセールスはこれからだんだん巧妙化してきます。

最初から居留守をうまく使えば、こんな事にならなかったのです。

 

今日の徒然。

今日はイオン津南で選挙特番の公開録音に行きました。

 

代田さんとの世間話は楽しかったです。

気分がいいので、ちょっとだけ貢物を。

 

すると、フードエリアの一角に7.17に『タピオカチーズティー』のお店がオープンするとのこと。

これは行ってみたいですね。(笑)

 

タピオカはもう何度も経験しています。

もちもちっとした食感は癖になります。

 

タピオカは今では田舎でも手軽に食べることが出来るので、経験しておくのも悪くはないですよ。

まぁ、炭水化物の球なんですけどね。(笑)

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!