page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

覚醒させることの大切さを説いてみた。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200706054950j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時起きの占い師で作家の十六夜ヒロです。😹

 

人生は旅ですね。

 

もっちーさんの感覚派のための覚醒プログラムに参加しています。

(7月10日までの募集延長なので、参加ご希望の方はお急ぎくださいませ。)

15,000円を払った甲斐があったと思っています。

 

今はマントラを聞きながらブログを書いています。

 

大自然の恵みを受けにくくなってしばらく経ちますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

脳のスピードが上がってきて、キータイプが追いつかないですね。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

ネタはこれと言ってない。ただ、瞑想するのみ。

マウスパッドが剥がれてきたので、新しいマウスパッドを買わなくちゃいけないなと想いつつも、実行に移せていません。

 

ただ、瞑想が習慣化されてから、脳内が活性化したように思えます。

 

瞑想を習慣化してから、お酒を飲むことが無くなったし(お口の殺菌のために、アルコールを口にすることがあるけど)、だんだんと覚醒しているような気がします。

 

覚醒するの何が良いかって、小さいことでくよくよ悩まずに済むし、直感が冴えてきて、目の前が明るく拓けてくるのですよね。

 

脳の速さに身体が追いついていない感じがします。

 

身体がポンコツなので、仕方ありません。

 

こればかりは運動をして、鍛えないとダメでしょう。

 

 

 

運動を久しぶりにやりました。とは言え、ウォーキングですがね。

48分も歩いたら、汗をかきましたね。

 

一昨日と昨日は、いい休日を過ごせたかと思います。

 

今日から仕事なので、気合が入ります。

さぁ、頑張ろうかな?

今、覚醒することの重要性。

2020年の夏至以降、時代は大きく動いています。

これからの激しい変化に耐えることができるようにするためには、意識を改革しないといけません。

 

あなたの人生が豊かなものになるためには、宇宙の真理を感覚的に染み渡らせる必要があるのです。

 

PCのスピードがあまりにも遅すぎて、スマホが頼りになってきましたね。

そこまでスピードが重要視されるようになりました。

 

総合的な処理はPCのほうが上だけど、スピード勝負ではスマホが良いです。

ブログを書くぐらいだったら、PCのほうが良いです。

 

PCとスマホ、両方を駆使して広げれば、無敵です。

 

さて、横道にそれましたが、覚醒することの重要性は、変化に富んだ世の中を生き抜くには有効なサバイバル術になるんじゃないかと思うのです。

 

直感が冴えてくる人であれば良いのですが、自然から切り離された人にしてみれば、直感を冴え渡らせるにはデジタルから切り離さなければなりません。

 

デジタルデトックスが勧められるのもそういった理由があるのでしょう。

 

最後ですが。

効率化を求めるばかりが能じゃありません。

マコなり社長のように、効率化に心臓を捧げた人もいれば、もっちーさんのように霊感を覚醒させる人だっているのです。

 

どっちを取れかと言われたら、僕はHSPであるせいもあってか、後者を取るでしょうね。

 

非・繊細さんにしてみれば、こんな怪しいものに手を出すなんて、どうかしていると思われるかも知れませんが、僕は至って真面目です。

 

スピリチュアルに手を出している時点で怪しいかと思われたかも知れませんが、人間とスピリチュアルとは切っても切り離せないと思っていますし、本当のスピリチュアルは現実主義でもあります。

 

来る日に備えて、万全の準備を整えることこそ、未来を迎え入れることに繋がると思います。

 


🔯衝撃の法則🔯龍神「時間の流れ、実は逆」🐲引き寄せ決定版👍この動画に出逢ったアナタは幸運の未来から選ばれてるネ👍

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

僕が2年前に出した電子書籍を宣伝して終わりたいと思います。

 

 

今、売れています。

ぜひご覧ください。

Kindle Unlimited会員の方は無料で読めます。

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!