page contents

HSPの僕が題名を失ったブログ〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

安全のために、Amazonアカウント閉鎖します。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20190724062650j:plain

Amazonさんには、色々お世話になったけど、何度もクラッキングを食らってしまった以上、このままアカウントを維持するのには、危険だと感じました。

そこで、近い将来。Amazonアカウントを閉鎖します。

よって今まで、Kindle Unlimitedで載せてもらった電子書籍もなくなります。

 

自称 森の妖精、くまっちだクマ。

いざよいのパートナー、にゃん吉だにゃん。

エロサイトを覗いただけで、ハッキングを食らうなんてあんまりだクマ。

どうやら、キーロガーに侵入されたみたいだニャン。

ESETで検査を行ったけど、脅威はなかったクマ。

多分、エロサイトのバックドアが侵入を許してしまったみたいだニャン。

 

それでは、本文行ってみましょう。

 

男性諸君は要注意です!

エロサイトを覗いた時に、やたらとローディングに時間がかかったりしませんか?

そういう時は、ウィルスがなかったとしても、バックドアから侵入されているかも知れません。

 

Amazonジャパンは中国の業者に汚染されました。

primeのお急ぎ便で送った場合、見に覚えのない商品で買い物させられる恐れがあります。

お急ぎ便はAmazonさんが送料を負担するので、詐欺業者にとって美味しいのです。

 

デビットカードも使い物にならなくなりました。

これで、『キャッシュレスは怖いから現金主義で。』などと言った流れがまた日本を支配するかと思うと、ますます遅れを取ります。

現在は、クレジットカード(楽天カード)で月払い制のサービスを受けています。

 

これだと家計簿をアナログに移す際に、タイムラグがあってつけづらいのです。

レシートが出ない買い物をした時に、記録をつけることが出来ません。

 

本当に迷惑な話です。

政治が不安定な日本。これからどうなる?

キャッシュレスが遅れる日本。これからどうなる?

官公庁や病院などは、現金でやり取りをします。

また、個人商店でもキャッシュレスの流れを汲み取ろうとしますが、それもままなりません。

 

今年は消費税増税の軽減税率などでレジの計算がややこしくなります。

そもそも、紙おむつや生理用ナプキンなどが10%で、新聞が8%と言うのはおかしな話です。

新聞を取らなくても生きて行けるのに、生きるのに必要なものに10%を取るなんてあんまりです。

 

選挙に行かなかった人は、政治について語る資格なし。

今回の参議院選挙では50%近くが亥年選挙で不投票でした。

現状から言って、自民公明維新連合の勝ちとなりました。

 

れいわ新選組の当選した2議員は重度の障害者だったので、当選したから次やってね?何かあったら国会の責任だから。と丸投げしています。

 

まぁ、僕は投票したから政治に文句が言えます。

 

騙されたというよりも、そこまで冷静になれなかったのが痛々しい。

感情で動いたら、それこそナチスと変わりないじゃないかって思うのです。

 

選挙が終わっても、不機嫌なのは変わりないです。

もう、忘れましょう。

日曜日の徒然。

一昨日は、イオンモール津南でタピオカティーの次に来るであろう、チーズティーを飲んできました。

期間限定のチョコミントでした。

 それから、アニメ映画『天気の子』を観たいと思ったが、19時まで待てなかったので、ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』を観てきました。

ピカチュウが毛フッサフサで、可愛いじゃないか。

元々は、20年前の映画のリメイクなので、ネタバレしてもいいかな?

プレスコ録音のため、ナレーターが故・石塚運昇さんなのが渋くていい!

まぁ、サカキさんなど、他に前任者が鬼籍に入った役柄は新しい声優さんが演じましたけどね。それでも違和感なしです。

たかがポケモンと侮らないでほしいです。

 

一番の功労者はミュウツー役の市村正親さんでしょう。

20年前の2Dアニメ映画とは、所々変わっているので、見比べてみるのがいいかも知れませんね。

 

ボイジャーさん、美味しい役柄。(笑)

プロの声優さん以外は、俳優の色が出すぎていますね。例えばボイジャーさんの小林幸子さんなどは、そのまんま小林幸子さんでした。

 

別の位置から来たポケモンはレギュラーのポケモンと演者が違うんですね。これには気が付きませんでした。

例えば、イレギュラーなピカチュウは林原めぐみさんが演じましたね。(これはWikipediaを見るまで気が付かなかった。)

 

とにかく見てみてください。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!