page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

改題:AlkanetBooks公式ブログ

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20200720062814j:plain

あなたにおはようございます!

朝4時15分起きの占い師で作家の十六夜ヒロです。😹

 

心機一転して、ブログのタイトルを改題したいと思います。

 

AlkanetBooks公式ブログ。久しぶりの復活です。

 

電子書籍出版をやっております。

電子書籍の宣伝を。

 

2年前にラジオdeメールの読まれ方を書きました。

当時は、Mac miniでの編集を行っておりまして、今とは環境が異なっております。

 

 

AmazonKindle独占で売っております。

Kindle Unlimited会員の方は、無料で読めます。

良かったらダウンロードしてくださいね。

 

現在、第2弾の執筆に取り掛かっています。

題して、『朝活のメリット』(仮題)。

 

2017年から始まった朝活もそろそろカタチにしたいと思っていました。

朝活番長の名前をここで埋もれさすにはもったいないと思っていました。

 

よりクリエイティブにやってゆきたいと思っていますので、応援の程、よろしくお願いします。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

副業を再びやり直します。

副業として作家をやっていましたが、僕はまだまだ行動が足りないと思っていますね。

 

精神疾患(HSPの悪化→精神病)もありうるんですが、1日4時間のライスワークでは、僕は物足りません。

 

もっと働きたいのです。

しかし、今の環境より悪化するのはゴメンだと思っています。

 

去年の4月に入った会社がブラック企業だったってこともあってか、僕は再びフリーランスを志すようになりました。

 

HSPが気持ちよく働ける環境が、ハローワークの中にはないと感じたのが、そもそも思ったことです。

 

ホワイト企業がそもそも新卒しか取らない上に、辞める人も少ないのもあって、なかなか入れないのが実情です。

 

精神疾患を持った者にとって、労働環境は悪化の一途を運んでいます。

これからは、個人が稼げるようにならないと生きて行けない時代になっています。

 

お金を使ってばかりだったが、この失敗を教訓にこれから生かしてゆきたいと思っています。

 

国民一人あたりの給付金も底をつきました。

自己投資を怠らなかったのは良いが、浪費につながったことを悔やんでいます。

悔やんだって遅いのです。

 

これからは、お金を守ってゆかないければなりません。

 

今月のクレジット支払が、7万円。来月のクレジット支払(今月利用分)が6万5千円。

 

これは自己投資が多すぎた結果なのです。

これからは回収を意識して、自己投資をやらなければなりません。

 

40,000円の別口座預金がありますが、これも10月の車検で消えるかと思うと冷や汗が出ます。

 

快適な暮らしをやる上において。

僕は低所得なので、あまり贅沢は出来ませんが、これからの暮らしを良くしてゆこうと思ったら、過度な自己投資を控えて、浪費にならないようにしなければなりません。

 

浪費をするなと言っているわけじゃありません。

 

快につながる浪費は、ある程度は必要なのです。

 

これからも、もっとお金を使ってゆかなければならない事態がやってきます。

これに備えて、準備をしてゆかなければなりません。

 

今の僕には、行動が足りません。

特にライスワークが終わってから具体的な行動をしていないのです。

 

これではいけないと思っています。

ライスワークで疲れているというのもありますが、この疲れをどうにかして、癒せないかと思っています。

 

昼に風呂に入るのもあれなんですけど、色々とやってゆきたいと考えています。

 

電子書籍の出版も控えていることですし、これからも具体的な行動をしてゆかなければなりません。

 

占い稼業も少しずつ広げてゆきたいと思っています。

どうやら、僕は疲れたら動画を観る癖がついているようですね。

 

その時間を行動に回さないといけないようです。

部屋の片づけだってそうです。

 

あれもこれもと手を出しすぎるのが残念なところです。

せっかくゆっくり動画が完成したんだから、今度はこれに自信をつけて、もっと行動したいと思っています。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!