page contents

LightSpeedDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

整形外科に通っています。五十肩になってしまって。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20190722182439j:plain

前の職場のターンテーブルに身体を持ってかれて、左肩を痛めてしまい、筋トレもご無沙汰になっています。

プロテインは摂取していますが、運動が足りないので太りつつありますね。

左肩を持ってかれましたが、労災が下りないので、泣き寝入りして整形外科に通っています。

 

自称、森の妖精 くまっちだクマ。

いざよいのパートナー、にゃん吉だにゃん。

いざよい氏は、できるだけ毎日書きたいのだけど、眠剤がきつすぎてなかなか起きられないクマ。

いざよいは、今が大変つらいと答えているニャ。

2000文字書くのはつらいクマか?

いざよいは、大変つらいと答えているニャン。ブログのネタがない時はあえて書かないという選択肢を取っているニャン。

お大事にクマ。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

医療費がかさむ。整形外科に通っています。

精神科だけじゃなく、2ヶ月に一度で歯科医院に通い、毎週2回、整形外科に通っています。

病状は五十肩になりました。

左肩関節に炎症が起きていて、少しずつですが治りつつあります。

 

しかし、今のままでしたら、11月までかかるかもしれませんので、それまでの医療費を工面しないといけません。

 

火曜日に院長先生に痛み止めの薬と理学療法の訓練を行っています。

金曜日(たまに木曜日)に理学療法の訓練のみを行っています。

 

左肩を回すと激痛が走ります。最初は、キーボードを叩いただけでも激痛が走りましたね。

こんな状態では、一回5,000円のカイロプラクティックも虚しく空回りするだけです。

 

火曜日が930円。薬剤によって値段が変わるが、前回は630円でした。

金曜日の理学療法訓練のみで、730円。

 

これが4週で(930+630+730)*4=2,290*4=9,160円です。

これは痛い出費になりますね?

 

交通費支援と医療費支援で軽減は出来ますが、これは限定的です。

交通費支援は精神障害者手帳が2級以上の場合に限って、1回1,000円の月4回まで。これは整形外科でかなりの負担をしているので、4回は軽くクリア。月4,000円です。

医療費支援は手帳を月1回の提示で、後日半額戻ってくる計算になります。(ただし、精神科と調剤薬局は除く。)これが2ヶ月後に半額戻り。

 

つまり、これをうまく利用すれば、月4,000円+4,580円=8,580円は戻ってくる計算になります。まとまってではありませんが。

 

精神科が470円+薬局630円前後で1,100円。これは自立支援医療が効いているので、1割負担になります。(しかし、医療費支援の適応外です。)

 

整形外科9,160円+精神科1,100円*2=2,200で11,360円。これから8,580円引いて、2,780円の負担。

 

医療費って大事です。(笑)

最近では、精神科も落ち着いてきて、3週間でも通えるようになりましたね。

 

とにかく整形外科で時間とお金がかかっています。

医療費で貯金と言った感じでしょうか?

 

今日の徒然。

先日の宮迫&田村氏の「闇営業」謝罪会見でカウンターパンチを食らってしまった吉本興業。

その岡本昭彦社長が謝罪会見をしましたが、保身になってばかりでちっとも笑えない。

 

まだ、『スッキリ!』の司会者である、加藤浩次さんの熱いコメントが身に入ってくるばかりなので、あぁ、吉本興業は根本から変わらんとあかんなぁと思っている。

 

現在の時点で、社長と会長の減俸(半額減り)にとどまっているが、このパワハラ体質はすぐには変わらないでしょうね?

 

www.teinai.work

 

 

テレビが令和の世になって、変わろうとしています。

ジャニーズ事務所の政治力を恐れて、元SMAPの3人(新しい地図)がなかなかテレビに出られないことをついにぶっちゃけたし、のんさんこと、能年玲奈さんが女優としてテレビに出られないことを明かしたり、テレビ界のブラックさ加減を表しまくっていますね。

 

忖度(SONTAKU)がついに打ち破れるときがやってきたのではないでしょうか?

おかしなところは、ズバリ!刺し違えてでも、指摘すべきですし、世の中の理不尽さに立ち向かう必要があるんじゃないかって思うのです。

 

政治力で世渡りが上手い奴が出世する時代は終わりました。

こういった陰謀はかならず暴露されて、後に滅びを生みます。

 

もしかしたら、令和っていう時代は、バカ正直な奴が生き残る時代なんじゃないかって思うのです。

 

僕はバカ正直にブログを書き続けようと思うのです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!