page contents

AlkanetBooks公式ブログ

電子書籍レーベル AlkanetBooks公式ブログ。HSPを導きたいと思っています。

東日本大震災から9年が経った。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20190325195918j:plain

あなたにおはようございます!

朝5時40分作家の十六夜ヒロです。😹

 

今日で東日本大震災から9年が経ちましたね。

9年といえば一昔ちょっと前ですが、今、日本は試されているんじゃないでしょうか?

 

地震の次は、疫病。

暗いニュースが続いているが、こういう時こそ、明るく振る舞いたいものです。

 

この災害にも意味があるんじゃないでしょうか?

人間、危機がないと真剣に生きることが出来ません。

 

危険だからこそ、安全のありがたみが解るというのものです。

 

それでは、本文をお読みくださいませ。

 

今、日本は試されている。

エンタメ業界は、日々自粛ムードに押されて、暗いニュースが世の中を支配している。

 

まるで、昭和天皇の崩御以来の暗い世の中です。

GDPはマイナス7.1%の成長率で、日本もそろそろダメかと言われています。

 

僕はあなたが幸せにならないと、世の中を幸せに出来ませんよ。と説いています。

それが運動しかり、龍神様然りです。

 

毎朝、ブログを書いていながら、何か出来ないかと模索していましたが、僕には何も出来ません。

 

9年前の震災といい、最近のコロナウィルスといい、日本も危機があってこそ成長の機会が設けられています。

 

目に見えない者の力にすがる時が来た!

じゃ、どうしましょうか?

祈りましょう。

 

世界のために祈るのです。

祈ってもご飯は食べられません。しかし、祈るのです。

 

祈りの力がやがて国民を一つにして、解決の方向に向かってゆく。

これが大事だと思っています。

 

www.alkanet-books.com

 

日本人は昔から、見えないものとの精神的なつながりがあった民族です。

無宗教と言われながらも、信仰はちゃっかりしていた、そんな民族です。

 

初詣で神社仏閣へ行きませんか?

受験で菅原道真公に祈りませんか?

 

そういうモノです。

 

祟りがあるとは言いません。

コロナウィルスだって、地震だって、科学的に解明されています。

しかし、この非常時にこそ、祈りの力が必要なのです。

 

地球だって呼吸をするし、屁をすることだってある。

 

例えば、ヴェスヴィオ火山はポンペイを絶滅したが、降り注いだ火山灰がぶどうの生育に適した土地となって、ワインの名産地になっている。

 

つまり、地球が生きている以上、その災害には意味があるってことなんだ。

 

9年前は、仕事を探していた。

ちょうど9年前は、僕は仕事を探しに職業訓練校に通っていた。

そして、訓練が終わった時に、震度1の地震を感じたのだ。

 

三重県津市で震度1の地震とは大したことがないと感じられるかも知れないが、東日本では大災害が起きていた。

 

東京で電車が停まり、帰宅難民が押し寄せてきたり、福島の原子力発電所に津波が襲ってきて破壊された。

他に津波で多くの人が亡くなって、未だに行方不明者がいる始末。

 

テレビから笑顔が消えて、CMは自粛。

昭和天皇の崩御以来の暗い世の中となった。

 

僕は幸い、5月20日に仕事が決まったのだが、それから9年間。2ヶ月のブランクを得て、現在も通っている。

 

焦ることはない。心配かも知れないが。

東日本大震災だって、ある程度は乗り越えたんだから、希望を持って欲しい。

阪神淡路大震災では深夜の闇討ちで、地震が起きて多くの死者を出した。(東日本大震災だって津波で多くの死者が出たが。)

 

その神戸市では街の発展により、震災前の人口よりも多くなっている。

 

東日本は田舎だから、そんなことがないと嘆くかも知れない。

しかし、東日本では数々の文化人が輩出されて、多くの作品を残している。

 

小野寺S一貴さんの龍神ガガシリーズだってそうだし、アベナオミさんの漫画だってそうだ。

 

 

東日本と言えば、ジョジョの奇妙な冒険シリーズの荒木飛呂彦先生だって仙台の出身だ。

 

僕は西日本ばかりを見ているけど、東日本にも良いものがいっぱいあって羨ましいとさえ思っている。

 

焦ることはない。ただ、解決するように努力するだけだ。

 

明けない夜はない。

今は苦しいときかも知れない。

テレビで不安を煽る放送が流れることだってある。

僕はそんな時は、運動をして気分をスッキリさせるか、瞑想をして落ち着かせている。

 

明けない夜はない。

今は魔が差し込む時だが、それもやがて去りゆく。

 

神が死んだのではない。人々が神を忘れただけなのです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブコメント、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!