page contents

LightSpeedDreamer〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

男は堂々と『デ・オウ』を買いましょう。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20190824175408j:plain

炎上を狙ったつもりはございません。

ただ、デオコおじさんについて物申したいと願っております。

 

おじさんが女子高生の香りをつけたところで、おじさんに変わりありませんし、デオコのイメージが下がることを考えたら、男は黙って大人しく『デ・オウ』を買ったほうがよろしいんじゃないでしょうか?

 

たぶん、デオコが買えなかった負け惜しみかも知れません。

しかし、縁がなかったのだな?と諦めることも重要なので、今日はベタつく汗を落とすために、デ・オウを買いました。

 

もしかしたら、デオコを買い占めたために、本来使うべき女性たちが使えないと悲鳴をもたらすことを考えたら、僕の行動は善きことかな?と思います。

 

ロート製薬さんですら、男性にはデ・オウを使ってくださいね。と推しているんですし。

 

 

デ・オウとHMBを買った。

f:id:einhander1341:20190824180919j:plain

僕は40代後半です。

そろそろ加齢臭が気になってくる頃だと思いますし、明日は人に会う用事があります。

 

加齢臭を完全に落とすには、加齢臭にあったボディソープが必要ですね?

 

男性にはノネナールという加齢臭原因物質が出てきます。

女性の加齢臭とはまた違うのです。

 

若い女性に多く含まれるラクトンをまとったところで、ノネナールと重なると違和感を感じるはずです。

 

まして、今まで作り上げたイメージが崩れ去るとそれこそ大変なダメージを負うんじゃないかな?

 

スカッと爽快に、メントール入りを買いましたね。

シャンプーは全身シャンプーを使っています。

www.alkanet-books.com

現在は他社製品を使っていますが、全身シャンプーを使っているおかげで、あまり石鹸にお金を使っていません。

 

もし、頭髪がなかったら、普通の石鹸でも頭が洗えますので、そのへんは不便を頂いています。

 

トイレで用を足したら、香水の瓶が倒れていたので、立て直したら、香水の香りが手に移りましたね。

 

これらの匂いを消し去ってくれるのかと思うと、期待が上がります。

 

この頃、寝汗をかいてベタつくので、Tシャツを一日に2回替えています。

寝汗さえかかなければ。安心なのです。

 

使用の感想は、後で追記しますね。

五十肩の痛みは、膠着状態です。

五十肩の痛みは、膠着状態ですね。

冷房が効くと身体が縮まるので、関節痛も進みます。

 

冷房をつけないと、汗をかいてしまい、体臭が気になりますので。ここが苦しいところです。

 

アパートの2階に住んでいますので、夏は熱気を帯びて、暑いのです。(むしろ熱い)

 

今回はシャワーを浴びてさっぱりしたいですね。

 

身体を温めないと、五十肩が進行してしまい、痛みが復活するのです。

流石に盆明けからは、冷房の温度をあげて、出力を低下しましたね。

身体を温めて関節を少しづつ動かしています。

 

これで、初期の頃と比べて、楽になりました。

流石に肩の筋肉を使った筋トレが出来ませんが、復帰に向けて着々と進んでいます。

 

あすけんを復帰させました。

先日のブログで書いたっけ?

あすけんさんが使い慣れたので、あすけんさんに戻りました。

実際に、月480円(僕は値上げ前の会員だったので、月300円で済んでいる。)を支払っているので、プレミアム会員なのです。

写真から大体のメニューをAIが読み取ってくれるので、バーコードを使うFitnessPalさんと違って、コンビニ飯に依存することがないのです。

 

自炊のメニューを分析してくれるので、助かります。

 

あすけんさんの弱点は、データベースが未完全ってことですね。

 

これからも使ってゆこうかと思います。

そろそろHMBを呑みたい。

HMBカルシウムとは、プロテインから取れるバリン、ロイシン、イソロイシンなどの重要な栄養素がプロテインの16倍も摂れるのです。

 

運動の前に飲んでいます。

プロテイン16杯を飲むのは、厳しいですよね。(無茶な)

 

実際にはアメリカでは筋トレ前に普通に飲まれています。

僕もHMBカルシウムの恩恵を受け取っていたので、実際に解ります。

 

HMB摂っておいたほうが良いよ。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

あわせて読みたい。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!