page contents

HSPの僕が題名を失ったブログ〔仮題〕

HSPを抱えた流浪のブログ。テンションだけで乗り切れる。HSPを導きたいと思っています。

自分に許可を出す。ありがとうは魔法の言葉。

スポンサーリンク

f:id:einhander1341:20190606071505j:plain

あなたにおはようございます。

朝5時作家の十六夜龍泉です。

 

自分に許可を出すことが出来たので、表ブログで告白します。

『お互いの縁をつなぐために、某サロンを休会する。』

 

休会してよかったクマ?(´(ェ)`)

これ以上人間関係にひびを入れるわけに行かなかったから、休会したニャン。

 

あ、近況報告を動物キャラに語らせるべきじゃなかったですね?

 

ブログって、本当は書きたくなかったんだと気が付きました。

 

本文、お読みくださいませ。

 

ありがとうは魔法の言葉。

僕は店員もお客も対等だと思っている。もちろん読者様だって対等に扱いたい。

だから、「ありがとう」は常に唱えている。

たとえ、敵であったとしても、自分の役に立つ意見だったら、感謝している。

 

地球上すべての皆様に「ありがとうございます。」

自分がやりたくないことをやらなければならない苦痛。

正確には、日記を書きたかったのです。

タイトルで例えると、『◯ン◯ム翔ぶ!』という、エモいタイトルで書きたかったのに、Google神に従って、『サラダチキンで一番美味しかったのはファミマ!』などと言ったノウハウ物を書きたくなかったのです。

 

わかりやすく言えば、ゆきにーさん(id:yuki_2021)のような日記ブログが書きたかったのです。

 

スルメロックさんの漫画に、ある人が意見を出した時に炎上してしまい、総攻撃を受けるとあったが、黒人賢者が『その意見が気に入らない場合は、その意見の出し方を攻撃する。』と言いました。

 

僕のブログは、味方よりも敵が多かったのでしょう。

動物キャラもいまいち使いこなせません。

今までの人間キャラは全て僕の分身にしか見えませんし。

 

いざよいが描いているキャラは読者の共感を無視しているクマ。

いざよいは人から共感されたことがないか、忘れているから、あるあるネタが書けなくて苦労しているニャン。

 

あるあるネタに潜む罠。

ラジオ番組など、他人から集めることが出来るツールが有る場合には、あるあるネタは無敵のツールになるであろう。

 

例えば、替え唄メドレーの嘉門達夫さんはTwitterを駆使して、ネタを厳選している。

一方、あるある探検隊を出した某芸人はそれだけを当てて、表舞台から姿を消した。

 

あるあるネタを集めるのは僕にとって非常に苦手な事だった。

 

ライブ感を大切にしたい。

だから思いついたことを言い放ち、その後でリライトしている。

ブログは質よりも量を書け。

これはブログの鉄則だ。

50%の出来の記事を1週間に2記事書いたほうが、99.9%の記事を1週間に1本書いたほうが、より読者様はついてくれるのです。

もちろん、1500文字以上は必要ですがね。

 

ブログを書きたくない時は、書かない選択をする。

今日もブログを書きたくない。

昨日も書きたくなかった。

 

これがProの仕事だったら、こうも言ってられない。

しかし、見てもないものを、実際に見たように書くのは、実に後ろめたい。

 

おそらく多くのブロガーさんは、『何甘ったれてるんだよ!』と言うかも知れない。

 

『俺は嘘が嫌いだ。!』というトラウマ元バイト先の店長に植え付けられているから、嘘を書くと、自分が呪われるんじゃないかって思うのです。

 

人間には時間が等しく24時間しか与えられていない。8時間寝たら、16時間しか残されていない。

本業を持っていたら、更に8時間も引かれる。8時間以上も引かれるのだ。

 

しかし、残念ながら、今の僕には集中力がない。

1500文字を書くだけでも、苦痛が走るのです。

 

ブログを書くのは、自分に許可を出してから。

ブログは書きたいときにだけ書くようにする。

もう、添削してくれる仲間もいないし、これ以上ブログの質を上げることが出来ないだろう。

読者様の数で一喜一憂するのが関の山だろうか?

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitter、はてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

それではでは!ごきげんよう。