つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

無題 2018/09/04

f:id:einhander1341:20180904043617j:plain

あなたにおはようございます。

語るべくもない十六夜ヒロです。

 

今日は漫才のような台詞のやり取りは休みます。

 

それでは行ってみましょう。

 

無題

親しい友人があまりにもキラキラしているので、僕はとうとうミュートしてしまいました。

本当は、成功を祝ってあげたいのです。

しかし、それをやってしまうと、『負け』を認めたことになり、『消滅』しなければなりません。

 

僕は幼少の頃から、『敗北者は消えろ』と叩き込まれました。

しかし、いじめられっ子で負けっぱなしでした。

つまり、両親からも、クラスメイトからも『消えろ』と言われ続けました。

 

ようやく楽になったのは、高校時代からでした。

高校時代からでもいじめは受けていましたが、それも最初のうちだけでした。

自分の居場所をゲームセンターに見つけたからです。(それまでは駄菓子屋が自分の居処だった。)

 

今日の文章は小学生レベルです。ブログとしての形はすでに崩壊しています。

僕にとって『努力・友情・勝利』は息苦しさを感じるキーワードだったのです。

僕は、勝手に優劣を決めつけて苦しんでいたのです。

無題

耳の痛いことを言ってくれる人もまた親友です。

僕はそんな彼らの言葉に耳を傾けます。

 

気がつかないことをズバリ指摘してくれます。

そうでもしないと精神のバランスが保てません。

 

無題

僕の拙い言葉で語るのはこれが限界です。

よかったら、この本を読んでください。

僕が本当は言いたかったことを完璧に代弁してくれます。

「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす (イースト新書)

「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす (イースト新書)

 

あとがきに代えて。

トランプ大統領は、『日本はかつて戦ったんだろ?』と言いました。

しかし、テレビは『アメリカと戦って仲直りした(させられた)』と字幕で報じましたが、本当は『周辺外国と戦わないで負けっぱなしの日本に不満を覚える。』という意味です。

 

この言葉をよく噛み締めてください。

(追記)

みんな、それぞれが違っていいんじゃないかって思うのです。

例えば、イラストが描けるのもその人の得意なことですし、5kmマラソンだって走りたければ走ればいいんだし、音楽や歌だってそう。

 

自分は自分、他所は他所です。

 

胸が熱くなってきました!

僕は常に『人と違うこと』に違和感を感じましたが、もともと『人と違うこと』で自分を苦しめていたのです。

 

しかし、人生の終着点は見つからないまでも、通過点はすでに見つかっています。

あとは、その通過点目指して突っ走るのみです。

 

あとで、『みんなが同じであることを強要する狂育』に対して、牙を向こうかと思います。

そういった点では、僕は日本在住の日本人であることを恥じております。

 

オーストラリア在住の遥さんが少しだけ羨ましいですね。(笑)

それぞれの道を歩めば、きっと答えが見つかります。

 

今はこの辺で。

過去記事のリンクは載せません。

 

それではでは!ごきげんよう!