つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

僕がYouTuberにならない傍観者でいる理由。

(2018年9月6日 更新)

f:id:einhander1341:20180727050527j:plain

あなたにおはようございます!元祖 伝説の朝4時ブロガー、十六夜ヒロです。

今日は僕がYouTuberにならない理由についてあげようと思います。

先に結論から言います。

 

それはMac miniでは動画編集機能が不足している事。今のYouTubeは最低限、『チャンネル登録してね!』投票ボタンの設置をしないとチャンネル登録者を集めることができない。

今まで備忘録としてYouTube動画をあげていたが、その程度じゃ誰も見てくれない。

 

そして、実写版YouTuberどころか、VTuberも競争過多状態にあり、新規参入が大変厳しいというものでしょう。

それだったら、回り道をしてでも自分の得意分野で勝負をして、戦った方が効率がいいですね。

 

なんと後ろ向きな!あかんやん!

アルカネット、何を言ってるんだ?

負ける戦はしないってことだよ。

努力は必ず報われるっていつも言ってたのは、兄貴の方じゃない?

それは努力で必ず夢が叶うってことじゃなく、成長したさいに自分の居場所を見つけるってことさ。

その居場所は、今はYouTubeじゃないってことだよ。

そうやったん?安心したなぁ。

 

それじゃ、Here we go~!

 

VTuberは最もエモいメッセンジャー!

昨日は相互フォローのよしみで、Vティークを買った。

僕が過去に触れたKADOKAWAの本誌『コンプティーク』から大きく変わったなぁ。

 

あの頃のコンプティークはパソコンゲームの情報誌だったが、今はVTuberとソシャゲの情報誌に変わった。

おそらく、KADOKAWAの再編(旧エンターブレインの吸収)でコンシューマーゲーム部門はファミ通に一本化されたことが原因だろう。

 

そんな折に彗星の如く現れた、VTuber(Virtual YouTuber:和製英語)キズナアイは世界中で瞬く間に有名になった。

 

この手のキャラクターの元祖はもちろん、『ヴァーチャルネットアイドルちゆ12歳』だろう。

まだテキストサイトの時代だった頃である。

 

 

VTuberには様々なタイプがあって、一度に理解するのは時間がかかるようだ。

 

ただ、解ることは二次元のキャラクターがYouTuberをやる時代になったことだろう。

そうやって、キズナアイはHIKAKINに勝ったし。世界で勝負ができるようになった。

 

ただ一つ残念なのは、唯一の友人である『ヴァーチャル女子高生YouTuberおじさん 男鹿梨衣子』さんが載ってなかった事だ。残念すぎる。

彼女(彼)の動画は一度見たら癖になるので、ぜひご覧いただきたい。


男鹿ちゃんねる #7 サマセで買ったゲームの話『Tokaido』

この時ばかりは、Windowsユーザーが羨ましいと思ったことがないぞ。(笑)

 

僕がYouTuberを応援しながら、ヨイショしない理由。

僕がYouTuberにならない理由は、ただ単に競争相手が多すぎるから。

ただ、YouTubeのエモさや求心性、情報伝達量はかなり評価している。

ただ、今持っている設備と僕自身の技術では、YouTube動画を載せることがままならないからだ。

 

先ほども申した通り、『チャンネル登録してね!』のキャプションが載せられないことが致命的だ。

 

それにYouTuber自体がかなり供給過多状態だから、かなり厳選しないといけない。

僕が見ているYouTubeはこれ。


【ゆっくり解説】しくじり企業 Chapter02 ~山一證券~

 

しくじり企業シリーズは大変面白くってためになるので、ぜひともご覧ください。

 

超先輩、HIKAKINさんから学ぶ点が大きいが、そのまま鵜呑みにしても自分が成功するわけじゃない。

ナイフの刃で釘が打てないように、僕には僕のやれることがあるはずだ。

ただし、ナイフの柄で釘が打てることがあるので、要はアイデア次第だ。

 

そういえば、政治系YouTuber、KAZUYAチャンネルが閉鎖されたようですね?

何があったかは想像できませんが、あまりにも偏ると危険だというコトがお解りいただけるであろう。

 

YouTubeがやっとまともになった。(喜び)

TPP&アメリカ独自交渉により、著作権が大きく変わった。

  • 作者の死後、70年以上経たないとパブリックドメイン化されない。
  • 上記は、遺族の権利が固定化されたり、企業化された場合はその限りではない。
  • 非申告制で誰でも自由に訴える事が出来る。

これをYouTubeに当てるとこんな風になる。

  • チャンネル登録者1000名以上、過去40時間以上の再生実績がなければ収入化できない。(つまり、これを超えないとYouTuberになれない!)
  • 100再生ごとに1円程度の広告収入。
  • 過去テレビ番組や著作権侵害の違法アップデートは誰でも自由に通報(削除依頼・アカウント凍結)出来る。
  • ヘイト(憎悪)に値するものは、閉鎖される。(これはブログのアドセンスも同じ。)
  • 性的に煽るものは、削除対象か収益化されない。

つまり、努力さえすれば実りある市場だが、そこの行き着くまでの苦労が半端じゃなくなる。

もちろん、先達のHIKAKIN氏は不動の地位を維持できるだろう。

あとがきに代えて。

かなり長くなってしまって申し訳ないが、現在の僕にとって、YouTubeは主戦場じゃない。

女性受けするスイーツの記事が書けなくって申し訳ない。

スイーツが嫌いなわけじゃなく、マクロ管理法をやっていると、筋トレしない日は食べる余裕がないのだ。

そして、筋トレ後はついつい麻婆茄子丼などを買ってしまうのだよ。(笑)

いずれはVTuberに挑戦したいと思うので、Macでできる方法があったら、ご伝授願いたいと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

もしよろしければ、Twitterかはてブ、facebookなどで拡散して頂けると嬉しいです!

過去記事。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!