つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

【朝ブログ】ダイハツ ネイキッドを買わなくてよかった話。

f:id:einhander1341:20180719042412j:plain

このタイトルは、ダイハツネイキッドを買わなくてよかった話だが、実は買わなくて後悔している。

今時の若い人は車って持ってないやんな?

政令指定都市在住だったら、地下鉄でなんとかなるからね?

地方在住者にとって車は必需品だ。三重県津市も三重交通バスがもっと発達していれば、車に乗らずにすむのだが、そうもいかない。

やっぱり、デザインの良い車ってときめきも増すんやね?

僕が持っているホンダライフは母のお下がりで僕が欲しくて手に入れた車じゃないよ。

アルカネット 、今の僕は『クルマ』という文化に興味が持てなくなった。

ネイキッドのような良い車が市場に出回らなくなったからね?

今日は『悪貨は良貨を駆逐する』という話ですに。

Here we go~!

 

プライドを捨てたら、ライフでもよくなった。

僕のホンダライフは外観だけ改良してある。

ボンネットにカーボンシートを貼り付けているのです。

こうしてみれば、ホンダライフもなかなか可愛らしいものです。

確かに、冷房をつけたらトルクが奪われて、速度が出ずに後続車に迷惑をかけてしまうのですが、正直に言えば車を買い替えるお金がないのです。

ダイハツネイキッドにしなくてよかった話。

ダイハツネイキッドは、1999年から2004年の1代限りで生産終了した車で、希少価値が高くて中古市場では人気があった車だ。

じゃ、なぜ過去形なん?

それは車検制度にある。初年度登録してから、13年以上経過した車に課税される価格が跳ね上がるのだ。今まで旧グレード車で7200円だったのが、13年以降は12900円になる。

確かに、コンパクトカー(法律上の小型自動車5ナンバー)や普通自動車(いわゆる3ナンバー)に比べるとはるかに税金が安いのだが、1年まとめての支払いなので、かなりの出費になる。

一番新しい型だったとしても、2004年から13年と言えば、2017年。

当然ながら、軽自動車税は12900円になるでしょう。

僕のホンダライフで今年の軽自動車税は7200円でしたが、これも今年で最後になるでしょう。

来年からは12900円を支払わなければなりません。

軽自動車がダサい理由。(コペン、ビート、カプチーノ、ネイキッド、スバル360、N360、N-ONE、スズキハスラーを除く)

軽自動車がダサい一番の理由は、みんなに売れなければならないから、自然とデザインが無難になってしまい、無個性になってしまうのです。

しかも軽自動車というカテゴリーが日本独自のもので、海外車にはない存在だとも言えます。

そもそも、アメリカの一般住宅では広い土地にガレージがついているのが普通です。

しかも、道は広くて、(シェールガス開発成功により世界一になった)ガソリン産出国なので、燃費をそもそも気にしません。税金だってもともと安いのです。

つまり、日本の軽自動車にそもそも、ときめきを感じないのです。

今でこそ、ホンダN-ONEやスズキハスラーなどの個性ある軽自動車が出ていますが、実際に売れているのは、若者じゃなく女性や年配層です。

(年配層はN-BOXを買う傾向が強い。N-ONEはまだまだ若者支持が強い方ですが。)

そうなると未然に事故を防ぎたい一心で各種安全装置がガシガシついて、コスト増による値上げで、デフレスパイラルによる価格破壊を唯一受けない品物となり、若者にとって高嶺の花となっているのが現状です。

ダサい上に値段が高い。これじゃ、車好きの若者が寄り付かないのも無理はありません。

それだけじゃありません。

軽自動車=維持費が安い=貧乏人のもの、というイメージが強く、玉の輿の乗りたい女性からは、高額なスポーツカーに乗る人がもてはやされる傾向が強いと言われます。

そのせいかどうかは知りませんが、ヤンキーたちはこぞって、型落ちのVIPカー(3ナンバー)に集まります。

追い討ちをかけるように少子高齢化とマイナンバーカードが自動車学校をつぶす。

近い将来、ドライバー=中年以上の高齢者を意味する可能性だってあります。

今まで東京などの政令指定都市では、身分証明のために免許証を手にすることが当たり前でしたが、マイナンバーカードの登場により、これも駆逐されました。

運転免許証を持つことが外回り営業仕事と運送業以外の役に立たないことの始まりかもしれません。

今やカーシェアリングで持たざる時代に…?

自分の所有物としての車にこだわりがなければ、カーシェアリングで済ますという話も見受けられます。

僕ももっと便利になったら、カーシェアリングにしたいとさえ思えましたね。

カーシェアできる車の中には、トヨタ(新)86などのかっこいい車もありますので、車を純粋に楽しみたい人にはうってつけかもしれません。

片道3km程度だったら、自転車通勤にしたら?

最近では、通勤費を出さない会社も増えました。

どうせ通勤費が出ないんだったら、片道3km程度だったら、健康のために自転車通勤にするのも一つの手かもしれませんね?

計算してみよう。

車検代が120000円かかると断定して、これを24ヶ月で割る。答えは、5000円。

月のガソリン代が5000円と仮定して、これと月々の自動車任意保険2990円と軽自動車税12900円を12で割ったものを加えると…。

5000+5000+2990+1075=14065円以上になります。

これでも、車そのもののローンを加算していませんので、車のローンが月20000円だったら、34065円以上になります。

今頃の若者の給料では払いきれないなぁ。

だから、若者の車離れが進む=軽自動車は年寄り好みのデザインになる=余計にダサくなる=売れなくなるのスパイラルに陥るんだ。

持っててよかった感のある車は、せいぜいMAZDAよりにならざるを得ない。しかし、MAZDA車はべらぼうに値段が高い。

こうして車は金持ちだけの趣味になってしまうのですね?

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

もしよろしければ、Twitterかはてブ、facebookで拡散してくださると励みになります!

過去記事。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!