つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

早寝早起きの繋がりを大切に。

f:id:einhander1341:20180706051315j:plain

(2018年11月13日 更新)

あなたにおはようございます。

元祖伝説の朝4時ブロガーの十六夜ヒロです。

早寝早起きの生活になってメリットが、こんなにたくさんあります。

その事については、過去のブログで知らせた通りなので、今回は早起きで繋がるコミュニティーについて語りたいと思います。

作業場のBGMはTOKYOFMさんのMemories & Discoveriesからモーツアルト作曲の『夜の女王のアリア』を聴きながらお送りします。

それじゃ、行ってみよう。

"Here we go~!"

 

 

朝4時起きのメリットについては、過去のブログで語った。

朝4時起きのメリットについては過去のブログで書きました。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

早起きのメリットについては過去でも何度か、語ったんですよね。

僕はかつてオンラインゲームの都合上、深夜族でした。

しかし、オンラインゲームを辞める前にも、病気が原因で朝4時ごろに起きることが多かったんですよね。

どうせならば、睡眠時間の確保に夜早く寝てしまえ!とばかりに21時に寝ることを始めたら、健康的な生活が始められましたね。

まだ、2年前の2016年6月から始まった朝4時起き生活。

最初は辛かったが、次第に慣れてゆきました。

朝活サロンに入りました!

最近、ネットの世界でオンラインサロンというのが流行っています。

それは会費を払って、情報や時間を共有して繋がりを強化しようという働きです。

僕も朝活の先輩として何かできないか?そう思って、朝活サロンに入りました!

現時点で朝4時の時点で起きている人は少ないですが、5時ごろから、ちらほらと多くなります。

朝は脳の働きがすっきりしているので、勉強がはかどります。

昭和から平成初期の頃、旺文社ラジオ講座というものがありました。朝5時にAMラジオ(僕の地方ではCBCラジオです。)で始まりましたが、あまりにもスピーディー過ぎて、授業の内容についてゆけず挫折しましたが、このラジオ講座が楽勝になれば東大合格も夢じゃなかったようです。

しかし、学校を巻き込んだ全国模試の発達により衰退して、放送局がラジオたんぱ(現:ラジオNIKKEI)に移り、受信格差が生まれて、惜しくも放送が終了しました。

大学受験ラジオ講座 - Wikipedia

『ラ講』を聴く頃になったら、オールナイトニッポン第2部で疲れた頭ではそりゃ、まともに受験勉強もできないよね?(もっとも、当時のCBCは『いすゞ歌うヘッドライト』という夜勤トラックドライバー向け演歌番組が放送されていた。)

横道に逸れてすみませんでした。(笑)

朝のすっきりした頭で、タイムラインが進む姿を見て、みんなに励まされます。

7月の試運転で定員の20名に達しましたので募集は締め切りましたが、朝活の先輩として何かできないか?模索しています。

期間限定企画『毎朝 ビーレジェンド』

朝はタンパク質が不足します。

朝のプロテインを摂ることが日課となりました。

なぁなぁ、今日のプロテインは何風味なん?

今日のビーレジェンドは、キャラメル珈琲風味だ!…あれ?ビーレジェンドにしてはネーミングがまともすぎるな。(苦笑)

…多分、パッケージにギャグを入れるだけのスペースがなかったのでしょう。

f:id:einhander1341:20180706054809j:plain

2017年のブリュッセル国際味覚と品質インスティチュートに受賞したほどの傑作です。

プロテインはまずいというイメージを完全に払拭しましたね?

ビーレジェンドは品質と味で、特にこだわるからね?後発品だけにね。かなりのプレッシャーだったんだろうなぁ。

こんなに甘くて、たんぱく質は20.9gの脅威!

炭水化物は4.2gと控えめなんですよ。

いざ、実食。

f:id:einhander1341:20180706055440j:plain

味は…まんまキャラメル味。

コーヒーは隠し味な程度までに収まっている。

キャラメル味でもよかったんじゃないか、って思ったね?コーヒー味は控えめすぎた。

いつも通りの美味しさではあったのだが、ビーレジェンドならではのパンチが若干弱いように感じられる。

しかし、これも美味いので、気になるところだ。

流石に『一杯飲んどコーラ風味』の後にこれは弱すぎたなぁ。(笑)

 

最後まで読んでくださってありがとうございます!

もし、気に入っていただけたらTwitterやはてブなどで拡散していただけると励みになります!

過去記事。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!