つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

公務員にスタバを!

f:id:einhander1341:20180705044855j:plain

こんばんは。元祖伝説の朝4時ブロガーの十六夜ヒロです。

年功序列が未だにまかり通る日本。

昭和時代の常識が未だにはびこっている。

例えば、イギリスではこうだ。

警察官が路上で警備しながらスタバのアイスコーヒーを飲んでいるッ!

日本だったら、勤務中に缶コーヒーでさえ飲むのがはばかられるので、透明のお茶や紅茶、ジュース(もどき)が売られる始末。

透明のジュースもどきって何よ?それ。香料でごまかしている添加物だらけやん?

水だったら許されるので、各種飲料メーカーは、罪悪感に漬け込んでこんな商売を始めてしまったんだ。もっと堂々と胸を張ってコーヒーが飲めたらいいのになぁ。

確かにここは日本だが、こういった縦割り社会の愚かさが様々なメディアで露見されているのが、目に見えているんじゃないだろうか?

今日の夜ブログは、『愚かな縦割り社会ニッポンを斬る!』といってみたい処です。

 

縦割り社会が動かすほど、世界が愚かではなくなっている。

世界各国で日本人に対するイメージはこうだ。

『細身で軟弱、上からの指示に従わないと動けない。』

だからかもしれないが、沖縄に左遷されたアメリカ軍人はモテてモテて仕方がないそうだ。

おそらく長い間、縦割り社会で上からの指示に従って空気を読んだ方が、いい人生が歩めるので、フロンティア精神が育たないのですよ。

そもそも、バブル期は大卒じゃなければ職業選択の自由がなかった。その頃はネットも未発達(注:キャプテンシステムから草の根パソコン通信時代。Windowsで言えば3.1から95への変換点)で、銀行のオンライン以外はネットで仕事って時代じゃなかった。

当然、若手の人が起業するという感覚ではなく、のれん分けした有名人がかろうじて独立するといった程度だった。

バブル期の頃は、お金と土地さえ持っていればそれで安泰だった。

僕はちょうど、バブル崩壊後の就職氷河期1期生だった。いわゆるロストジェネレーションだった。

その時は、小泉純一郎が総理の時代で、派遣労働者の解禁を行なって非正規雇用が蔓延して、企業にとって安くて有能な人材ばかりを求める時代になってしまった。

それから数年後、ニートのある若者が『働いたら負け』という名台詞を残して、若者たちに働くこと=悪という常識が生まれた。

まだ『賭博黙示録カイジ』が発行される前の話だ。

それから、集団で機能的に行動する時代から、個人で生き延びなければならない時代になってしまった。

その頃には、ネットで集金したり、仕事を得る時代がやってきたので、『会社に奉仕する』という考え方が、そぐわないものとなった。

ちょうど、尾田栄一郎さんの”ONE PIECE”で組織に殉する者=海軍=悪役という時代になった。

その頃から『真実は一つだけでも、正義とは涙の数だけ(福山雅治 零~ZERO~より)』になった。

つまり、価値観はそれぞれに分散されることになった。

縦割り社会の愚かさをエンターテイメントは伝えている。

例えば、銀行員の理不尽さは池井戸潤さんの『半沢直樹』シリーズや『花咲舞は黙ってない』シリーズで語られる。

外国の力を借りなければ、ゴジラを駆逐できなかった庵野秀明さんの『シン・ゴジラ』などが有名だ。

つまり、ネットの時代に会社にいるからといって、安心できる要素はないんやね?

せやな?『山一證券』が潰れたあの頃から日本は急速に変わっていったさ。

今の世に求められるのは、未知の分野にリスクを恐れずに飛び込むフロンティア精神なのだが、リスクを恐れる日本人は『企業の内部留保』という形でもって外国にさらに置いてきぼりを食らうことになったんだ。

実際に英語がうまい帰国子女たちなどは、外国に移住しているよ。

僕が昨日はブログが乗り気じゃなかった理由。

それは役所が提出しろといってきた書類を書くのが、苦労した為。

だいたい、銀行の通帳のコピーを求めたり、保険証のコピー、精神福祉手帳のコピーを取るのがこんなに苦痛だとは思わなかった。

全ての障がい者が暇人だとは思わないでくれないかな?

だいたい、僕やゆきにーさん(id:yuki_2021)のように必死で働く障がい者だっているのだぞ。

僕はパートタイムで働く工員だし、ゆきにーさんはフルタイムで働くSEだし、その辺でかなりの差がついている。

規則で、がんじがらめにして何がおかしい?

こんなくだらない事も、BI(ベーシックインカム)にすれば、役人の仕事だってAIが助けてくれるし、嫌な仕事だってしなくて済むだろうて。

こんな夏(まだ梅雨が明けていないが。)の暑い日に面倒なことをブチ込まないでくれ!

税金は素早く盗る癖に、還付金は出すのがとにかく遅い。

建前だったらいくらでも言えるのだが、本音は出し渋りたいだけなんじゃないかな?

どうも、役所の人には誠意というものが見えないね?

そりゃ、お互いにストレスも溜まるだろうに。

 

湿っぽくなってごめんなさい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

気に入っていただけたら、Twitterやはてブなどで、拡散してくださると助かります。

過去記事。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!