つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

【朝ブログ】みんなが読んでくれなくても朝ブログを辞めない理由。

f:id:einhander1341:20180701051527j:plain

昨日話そうと思った、『うまい酒が飲みたくて筋トレをするおやぢ』の話をしようと思う。

 

あれは、昨日から、さらに3日前。

 

前々回の筋トレが終了した時だ。

50代とおぼしき男性が現れて、筋トレの目的について語り合った。

俺はうまい酒が飲みたくて、筋トレを始めたんだよ。タバコはやめちまったが、酒はやめられねぇ。筋トレをした後の酒は最高にうまい。…プロテイン?飲んでねぇなぁ。

 

プロテインを飲んだら、もっと健康にいいのに。もったいない。

 

しかし、筋トレの目的は人さまざまです。

確かに、トレーニングの後30分以降経ってからの食事は格別に美味いですね。

 

おそらく、たんぱく質は焼き鳥やツマミなどで補給しているのでしょう。

そのおやぢは脂質を取っても気にしない人だったのです。

 

むしろマクロ3大栄養素管理法をやっている僕が少数派だったのかもしれません。

プレワークアウトドリンク(僕はビーレジェンド スポーツ&リカバリーを飲んでいます。)を飲んでいる人、水だけを飲んでいる人。さまざまです。

 

僕がなぜ筋トレをしているのかって?

それは僕でもよくわかってはいない。ただ、筋トレしなくちゃとか、筋トレしたいとかいう思いだけでやっています。きっと筋肉の成長が楽しみなんですよね。

 

僕は酔うという感覚があまり好きじゃありません。

自分の思い通りに身体が動かないことに苛立ちを覚えます。

 

オフ会でも多分、ソフトドリンクで済ますんじゃないかな?余分な栄養をとりたくないし、家族の宴ではもっぱらノンアル飲料です。

最後に買ったお酒はアイリッシュコーヒー用の、アイリッシュウィスキーだけでしたね。 

www.alkanet-books.com

 それも寒い時期だったので、暑い日には、わざわざ飲みたくありません。

www.alkanet-books.com

まだまだ半分以上は残っていますので、なんとか処分したいと思います。

 

なぜ、みんなが読んでくれなくても朝ブログを辞めないのか?

さて、本題。

 

それはブログが書ける時間が朝しかないのです。

 

今日みたいに休日になったら昼でも夜でも書けるのでしょうが、昨日は筋トレの日でしたし、もともと出勤日でした。

 

それにTwitterが楽しくって仕方がないので、ついついハマってしまいます。

Twitterはうまく利用できれば、交流やブログの宣伝にも使えます。

 

みんなが読んでくれない一番の原因は『ゴールデンタイム』(Prime time)を逃しているため。

 

沖縄在住の統合失調症プログラマー、ゆきにーさん(id:yuki_2021)のように、朝4時に書いて、21時過ぎにアップするやり方に変更してもいいかもしれません。

 

GoogleAdSenceの改定により、1500文字以上のブログでなくても、SEOに有利に働くことだってありうるんだし、僕自身が自分宛に書いたブログばかりで、読者目線になっていない恐れだってあります。

 

そこは『沈黙のマーケティングシリーズ』で勉強させていただこうかな?って考えています。

 

一番いいのは、我が親友の碧乃あか男(id:mraka2015)さんのように、朝晩に書くのが一番だということなのかもしれません。

 

読んでいるブログの多い人からすれば、朝の忙しい時にアップされたブログをわざわざ探すよりも、夕方か夜にアップされた最新のブログを読んだ方が手っ取り早いですし。

 

よほどのファンじゃない限り面倒なのです。

あとがきに代えて。

今日2018年7月1日は湿っぽいブログとなってしまいましたが、1日平均150前後にまで下がってしまった今となっては死活問題なのです。

 

他の皆様には、イラストという強みがありますが、文章力に自信のある人でフォロワー数の多い人は、次々と有料noteに移行しています。

 

僕は訳ありでnoteをやっていませんが、いずれ大反撃をしたいと願っています。

 

その為には、EIN(アメリカ雇用番号)を取得しないと始まりません。

 

大体、フォロワー数の少ない状態でnoteを始めても面白くありません。

 

Twitterで好きに呟いた方が楽しいですし。

いかに人に役にたつ情報や価値を提供できるか、そして感情に訴えられる記事が書けるか?

 

そこに天界と地獄の差が待っているのかもしれません。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます!

もし気に入ってくださったら、Twitterやはてブなどで拡散してくださると励みになります!

過去記事。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!