つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

【遅刻した朝ブログ】マイナスからの成長!

f:id:einhander1341:20180610052051j:plain

お題「ブログをはじめたきっかけ」

ネタは日常に転がっている!

今日2018年6月10日の朝ブログは、お題と旧管理人さん(現管理人さんの父親)から、指摘されたことをネタに書こうかと思います。

自転車ワークアウトの疲れからか、昨日は17時から眠っていましたね。冷房付けっ放しでコールドスリープ状態になっていました。(笑)

今朝は朝3時に目が覚めまして、漫画を読みながら時間を潰していました。

さては、お題から行ってみよう!

作業場のBGMはTOKYOFMさんのPeopleからお送りいたします。

それじゃ、行ってみよう。

"Here we go~!"

 

ラジオのヘヴィーリスナーならばお気付きであろう?

”Here we Go~!"の挨拶は、ラジオのヘヴィーリスナーだったらお気付きであろう。

『三菱自動車 ピートのふしぎなガレージ』からのN博士のセリフです。

この番組は、前身の”SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI”の頃から聴いており、ホイチョイプロダクションの編集の手腕の良さはもちろんのこと、教授のトークや、聞き耳をたてるという設定でのトーク録音などが魅力的でしたね。

それがスポンサー変更による打ち切りの際にリニューアルしたのが、『ピートのふしぎなガレージ』です。

聞き耳をたてるという設定のトーク録音から、架空のキャラクターによるインタビューと”AVANTI”末期にあったミニコントじたてのドラマが『時空を超えて、物事の始まりを調べ上げる』と言った、過去のアニメ『まんがはじめて物語』をさらに掘り上げた設定で魅了している。

皆さんもFM放送が聴ける環境だったら是非、聴いてほしい。

またネットでは、ポッドキャスティングを行なっているので、過去の放送の一部が再現されるなどと行ったサービスも充分だ。

www.tfm.co.jp

さて、お題について語ってみる。『ブログを書いたきっかけ』

インターネットの黎明期だった頃の2001年、僕はテキストサイトをやっていた。

今は黒歴史なので、題名は語りたくない。

そんな時に、『侍魂』(作者:健さん)というテキストサイトが流行した。

その頃から、ネットに様々なものを投稿していた。

ブログを書くきっかけがないと言えば、『正しい答え』になるだろう。

そもそも、『そこにネットがあったから』に他ならない。

じゃ、なぜテキストサイトをやっていたのか?

それは自分のことを表現する場が欲しかったからですね。

しかし、誰かになろうと言った時点で、僕はカリスマオーサー失格だった。

『英雄ってのはさ、なろうと思った時点で失格なのよ。』

by 北岡秀一 From 仮面ライダー龍騎

その後、人間関係を転々として、いまに至るってわけだ。

一番変わったのは、僕がiPhoneとMacを手にした時からだったなぁ。

少しずつではあるが、人生が好転してゆくのを感じたよ。

Windowsでゲーム三昧の自堕落な生活から一転して、今では自分磨きに精がでる。

『誰かに勝つためではなく、自分が楽しむこと。』

それが、新たな筋トレキャラという地位を築き上げました。

現時点でTwitterのフォロワー数が270名突破。

7月に名古屋でオフ会をやろうと思いますので、はてなブロガーの皆様、一度リアルであってみませんか?

旧管理人さんから『元気ないね?』と言われたことがショックだった件。

昨日は旧管理人さんから『元気がないな?』と言われたことがショックだった。

今が一番元気なんだけどなぁ。あれはたまたま自転車ワークアウトと暑さで疲れただけだ。

多分、玄米ダイエットしてやつれて痩せた時のことを言ってるんだと思う。

玄米を始める前は、麺類が好きでジャンクフードとか食い漁っていたからなぁ。

ぶくぶくも太る訳だよ。

釈迦に説法なことを言われて、少しムッとしたが、まぁ、これもブログのネタになってありがたいですね?

マイナスからの成長、今に見ておれ!と願っています。

あとがきに代えて。

大型の台風が近づいていますね?

筋トレの日は明日ですが、明日は雨が降ったら、久しぶりに車で通勤しようかと思いますね。

昨日は17時からずっと眠っていましたね。

暑さと疲れで眠りこけていました。

今日は少し気を引き締めたいと思います!

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

過去記事。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!