Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

【朝ブログ】GoogleAdSence PINがやって来た。昨日の筋トレ報告。

f:id:einhander1341:20180525045546j:plain

昨日2018年5月24日に、サオリーナで筋トレが終わってから、家に帰ってポストにエアメールが投函されていた。

GoogleAdSenceさんだ。

ついに長いことを待っていた、PINが到着したのです!

嬉しいったらありゃしない!

今日の作業場のBGMは、QueenのJAZZで行ってみよう!

それじゃ行くぞ!

"Here we go~!"

 

PINとはそもそも何だ?

PINがそもそも何の略かわかりません。

『パーソナル・アイデンティティ・ナンバー』の略でしょうか?

ユアナンバー(マイナンバー)みたいなものでしょうか?

要するに『あなたは住所不定ではありません。』ってことを証明する書類なのです。

最初はPINが届かなかった。

最初は、PINが一ヶ月経っても届かなかったんですよね。

何故ならば、住所の設定が『三重県津市〇〇町』と書くべきところを『三重県〇〇町』と書いてしまった為に、郵便事故が起きてしまったようです。

そこで4月25日に再発行を依頼しました。

すると、昨日2018年5月24日に届きました。1ヶ月です。

多分、EIN(アメリカ非居住者所得税優遇処置ナンバー)が届くのも1ヶ月待ちになるんじゃないかと思うのです。

Googleさんの場合は、電子で申請したから、発行手続きはすぐだったけど、EIN(IRS)への送付はエアメールですからね。…FAXをそもそも持っていないのだよ。コンビニFAXも使えないし、散々だった。

EINがやって来たら、一気に電子書籍の原稿執筆を進める予定だ。

統合失調症闘病記の内容は初期とはだいぶと変わって来た。グルテンフリーから、筋トレに変わったぐらいだ。

それとラジオに関するノウハウ本を書こうかと思っている。

さゆりんさん、上半期には間に合わなかったが、準備が出来次第進めるので、もうしばし持ってもらいたい。

PINを入力して、やっと一仕事終わった。そして、新たな始まり。

PINをAdSenceに入力して、終わり。

長かった1ヶ月がこうして終わったわけだ。まさか、筋トレに出会うとはね?(笑)

何が起きるか解らないものだよ。(笑)

Testosterone社長、コアラ小嵐さん、サイヤマンさん、そして、ビーレジェンド鍵谷さん、ありがとうございます。

まずはモムチャン体型から目指して、ゆくゆくはムキムキになりたいと思います。(笑)

身体つきも少し変化が現れたみたいで、周囲の人を驚かせています。

二日おきの三日目に筋トレをして、毎日プロテインを飲んでいるおかげです。

腕の筋肉がついたみたいで、僕もびっくりしています。

昨日の筋トレ報告。

昨日の筋トレはまず、負荷を高めましたね。

ウォーミングアップのエアロバイクもそうだし、マシーントレーニングもそう。そしてスミスマシン(レール固定式バーベル)も負荷をあげた。

ただし、スミスマシンに関してはまだ負荷を高めるのはちょっと早かったかと算段したね。

まだまだフォームが崩れていたので、トレーナーさんのツッコミはしっかり入った。

マシーントレーニングは重量を上げただけで、かなりしんどいので、前の重量が10回3セット行ったのを10回2セットにまで減らした。これでも負荷はきっちりかかっている。

しんどかったけど、その分、筋肉痛にも慣れて来て、むしろ心地いいぐらいだ。

まだ贅肉が取れないけど、着実に成果が現れて来ている。

ミニマリズムとは無縁になったけど、サプリを買うのに忙しくって、他のものを買うという物欲がないんですよね?(笑)

47歳いや、もうすぐ48歳。老いてなお、まだまだ青春です。(笑)

僕にとっての理想の人物が変わって来たように思える。

最近、歳をとることが楽しくって仕方がない。

そういった意味では、ジョジョの奇妙な冒険第3部『スターダストクルセイダーズ(未来への遺産)』のジョセフ・ジョースターのようになりたいとさえ思えて来た。

あらゆる活動の最前線は、若手に任せながら、自分も自分の役割をしっかりとこなす。

そういうジジイさんになりたい。

しかし、十六夜ヒロの人生は僕自身にしか送れない。

だから、僕は十六夜ヒロというジャンルと人生を全うしようかと思いますね。

僕にとって、すべての存在が師であるように見えるし、真似したくないモノは反面教師にしています。

あらゆるすべてのものから学び取るようにしたいと思いますね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

過去記事。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!