Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

引き寄せの法則なのか?AmazonKindle端末をもう一台買う。【痛い】

f:id:einhander1341:20180426184623j:plain

唐突ですが、みなさま、引き寄せの法則って信じますか?

まさか、AmazonKindleのことを書いていたら、ちょどいいタイミングでマンガモデルが3700円引きで売られていた。

しかも、4月25日限り。

どうするよ?

…買ってしまいました。

決して安くはない買い物ですが、AmazonKindleを絶対に失敗しない買い物をして欲しくて、ブログを書きます。

今回の作業場のBGMは、QUEENのnews of the worldをかけよう。

こっちを見ろ!とばかりにSheer Heart Attackが含まれます。

それじゃ、いってみよう。

"Here we go~!"

 

先人が損をしたから、後続者が得をする。

AmazonKindleに関してはこのブログに書いておいたから、ぜひ読んで下さいませ。 

www.alkanet-books.com

まさか、このタイミングでマンガモデルが3700円も安く売られては黙ってられないじゃないか?

しかも、マンガモデルだけが安売りだとか?

ここで結論を言っておく。

AmazonKindleは、Paperwhiteのマンガモデル、キャンペーンなしの黒を買うべきです!

理由はすでに前のリンクでも書いておいたが、ここでおさらいしておく。

  • ストレージが32GBもあるため、マンガは約700冊、書籍は数千冊も収められる。
  • ピンチ&ズームで漫画本(絵本・写真集)がよりくっきりと見られる。
  • 黒いボディは汚れが目立たない。(これは防護ケースに入れれば防げるのだが)
  • キャンペーンページをスワイプする手間を省きたい。
  • 一番コストパフォーマンスが高い。

そして、もう一つ書くべきことがある。

それは…。

  • スマホ&PCアプリでPrimeReadingとKindle Unlimitedが読めなくなる。

Amazonさんは、あくまで電子書籍端末を買って欲しいという戦略が込められているようだ。

先人たる僕は、損をした。だから、これを読んでいるあなた方は、きちんとPaperwhiteマンガモデルキャンペーンなしを買って欲しい。

とりあえず、これと、防護フィルムと落下・水濡れ保証をつけておいて欲しい。

oasisで水濡れ保証がいらないかと思うが、3万円を超える機種に落下保証をつけないのはもったいない。

2年間は可愛がるつもりならば、2000円でお釣りがくる保険に入っておかない手はない。

わずか4000円ケチった代償はあまりにも大きかったので、ここで書いておく。

…4000円はケチるな!

もう、これでもう一台を買うことはないでしょ?

実際に触ってその差を実感。

f:id:einhander1341:20180426191851j:plain

Kindleを2台目も買うことになるとはねぇ。(笑)

元々は、障がい治療の交通費支援の返還金を当て込んでの買い物だったので、引き寄せられるように買ったわけですよね。

でなければ、思い切って買うようなことはしないよ。(笑)

普段から節制しておけば、こういったことができるので、金遣いが荒いとココぞという時に困りますよ。

f:id:einhander1341:20180426192519j:plain

左がキャンペーンなしモデル。右がキャンペーンありモデル。

この1タップの差が、快適さに違いをもたらすことになる。

2000円差でこれだよ?

起動に時間がかからないほうがいいっしょ?

f:id:einhander1341:20180426192914j:plain

上がマンガモデル。ズーム機能を使って拡大したおにぎり。

下が普及モデル。ズーム機能が使えない。

イラストはアベナオミさんの防災絵本『ねぇ、なんで?』

これだと、グラフィックデータで記録された本が格段に読みやすい。

マンガモデルだと、細かい文字やセリフ、白いフォントなどがピンチ&ズームで読みやすくなるのです。

これがあるのとないのとでは大きな差が生まれる!!

電子書籍端末を買うのでしたら、ケチらないでコスパのいい方を選びましょう!

マンガが700冊も蔵書できるなんて、ある意味羨ましいでしょ?

キャンペーンなしモデルだったら、やましい本とかを宣伝しないし。

誰かにのぞかれても、身の潔白は証明できるでしょう?

電子書籍を使いこなそう!

結局、Amazonさんよいしょになってしまったけど、読みやすさで選べば、断然の差が生まれたでしょう?

電子書籍だったら、検索だって簡単なんだし。

紙の本だと、あのセリフどこだっけ?となるけど、電子書籍だったら、検索で一度に調べることができます。

本多静六さんの本で、『ホルモン漬』だって、一瞬のうちに調べられます。

ラノベ古事記のキャラクター紹介のように、文字書籍のイラストページは拡大ができませんが、それを補っても得られるものが大きいです。

Kindle voyage以上の機種は無理して買わなくてもいいと思います。(流石にページめくりボタンは快適なんでしょうけど。)

お風呂場で長湯をしながら電子書籍がどうしても読みたい場合にのみ、oasisをお買い求めくださいませ。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

過去記事。

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それではでは!ごきげんよう!