Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。上半期中に1冊出したいですね!

【朝ブログ】再就職を決意したものの前途多難。

f:id:einhander1341:20180417040829j:plain

僕は継続支援A型事業所に通っていますが、最近、そこでの利用者同士の仲が悪くなってきたので、再就職を決意しました。

しかし、アドラー心理晢学では『目的論』で答えは明白なのに、フロイト&ユングの『原因論』で話すと、余計にややこしくなります。

僕が再就職にイマイチ踏み切れない理由をここで述べたいと思います。

最近、職場に行くのが苦痛になってきましたので、上司(指導員)さんに読まれても構わない範囲で、語ります。

 

利用者同士は実に身勝手。

実は僕は利用者同士の輪の中では、一人ぼっちです。

話しかける人もいますが、一部を除いて大抵は『僕を利用しているだけ』の人ばかりです。

つまり、僕を人としてではなく、物をして見るのです。

だったら、便所に向かって話してくれ!とも言えず、ただ相手の話に耳を傾けるだけなのです。これが実に苦痛以外何物でもない。

それに利用者同士は同じ障害を持っているもの同士つるむことが多く、最近はD*N(ヤンキー)が入ったためか、ヤンキー中心のコミュニティが出来上がってしまい、先輩である僕の面目はまるっきり潰されました。

おそらく、『利用者同士は平等』という点にあります。

僕は逆に『利用者同士は平等』という考えは『絶対に平等でありえない』という考えです。

つまり、『利用価値のある相手だけが存在し、そうでないものは馬鹿にしてしかるべき』だと考えます。

子供の頃から、縦社会に育ってきた僕としては立派な(ファースト)ガンダム世代(の1年年下)であり、ONE PIECEは大嫌いです。理由を聞かれても困りますが、ルフィ君とか各キャラクターに恨みはないんです。ONE PIECEを崇拝する人たちが嫌い。だと言うだけです。

『利用者同士は平等』だから、『喧嘩の強そうなD*Nが偉い、気の強そうな人が偉い』と言う考えに陥りやすいのです。僕がONE PIECEが嫌いな理由はそこにあります。

『海賊だったら、何をやっても許されるのかよ!』

北斗の拳に例えたら、ケンシロウがいない世界だと言うことになります。

最近の平成仮面ライダーが面白くないのは、複雑になりすぎた設定とマキシマリズム に陥った背景にあると思うのです。(ビルドが褒められたものじゃないのは、ルパンレンジャーがミニマリズムに目覚めた背景と似ているかもしれません。バンダイとしてはおもちゃをどうしても売りたいからね。)

その点、クウガや電王、W、鎧武(ガイム)、ドライブは面白かったなぁ。(愚痴っぽくなってすまない)

僕は利用者がガヤガヤ話す1階から逃げるように2階に逃げて上司(指導員)と話していますが、指導員も人が少ないのです。当然甘えた利用者がべったりひっつきますので、悩みとか気になる事を話すことができません。

僕がブログのアフィリエイトで月10万以上稼げたら、青色申告をして、とっくに辞めています。(一時期は僕を雇う奇特な企業が存在しないせいか、独立開業を本気で考えた時期もありました。)

暴れて全てを壊したい衝動を抑えるために全神経を使って、一人だけで消耗してしまう。そのせいで体調を崩してしまう。その繰り返しです。

まして、3kmの自転車通勤でまだ体力が出来上がっていませんので、疲労は困ぱいする一方。

夜ブログや電子書籍だって書けない状況です。

僕は就職活動が嫌いだ。

僕は昔ながらの就職活動が嫌いです。

さっき話した通り『本気でブログで飯を食おうと考えている』ほどですからね。

それは原因論に陥りますが、過去の就職の失敗を二度と繰り返したくないというトラウマに原因があるようです。

しかし、アドラーは『トラウマの存在を根本から否定』します。

つまり、『これから自分はどうしたいのか?』と言う、『目的論』に注目します。

まず、僕は手書きの履歴書が嫌い。

こんなことをして自分の長所が伝わるのか?そしてそう言う会社に限って、プリントアウトされた職務経歴書を見ます。

そして僕も賛同していますが、ホリエモン(堀江貴文)さんの言うように『手書きの履歴書を持ってきたやつは片っ端から落とす。』と思っています。

僕が会社社長だったら、そうします。

それに僕は専門学校時代、背広を着た熱血漢の山崎にみんなの見ている前で殴られた過去を持ちます。それ以来、僕が学校全てを敵に回しました。もちろん、それが原因で自主退学しました。

それゆえ、背広に対する憎しみを抱えており、背広を着た男性たちが『頭のネジが外れた(脳改造を受けた)ショッカー戦闘員』にしか見えません。
ただし、女性のビジネススーツはれっきとした人間の女性に見えます。

当然、僕が背広を着ると『僕は長所が一切存在しない生きるに値しない腐ったゾンビより劣る肉の塊です!』と宣伝して回っているようなものです。

そんな肉塊を雇う会社がこの世にそもそも存在しません。

それに友達の結婚式など、背広を着る行事には一切参加しません。唯一の例外は、家族の葬式で喪服を着る時だけです。

『目的論』で話せば、僕はあくまでフリーランスとして、会社にお世話になって、独立した社会人として会社と同等の存在として働きたいのです。

今はブログで飯を食うことができませんが、いずれは本業をパワーアップして軌道に乗せてゆきたいとさえ思えます。

今は4月で新卒が入社したばかりなので、就職口がありません。

ましてカジュアルな衣装で働ける会社は若者のみの募集に偏っているところが多く、僕のような老害が入れるほどの席がありません。

作業服を着た技術者の方が背広を着た成金よりも偉いと感じています。

現状を省みる。

そのせいもあってか、買い物をする時は、派手に散財をします。

それだけストレスが溜まっているからでしょう。

自転車通勤になってから、身体も疲れているので、夜ブログを書く気力もありません。

自分が変わろうと努力しても、精神に深い傷を負った以上、すぐに回復しません。

たとえ、僕がアルマーニの背広を着ても、そもそも似合いません。

社会人としての信用もないので、Apple Storeでもローンを組んでApple WatchのGPSモデルが買えませんでした。

その時に、改めて、貯金してやるという意思が芽生え始めました。

最低限、車検は受けなければなりませんので、月20000円以上は貯めなければなりません。

少し散財をして、自由を受け取りすぎた反省をして、ここでキーボードから離れたいと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

(7:45 追記)

会社に着いたら、気分が楽になって来ました。

自転車通勤で身体を動かしたら、スカッとしました!

皆様、心配かけて、すみませんでした。

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それではでは!ごきげんよう。