つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

エゴグラムが流行っている様なので『十六夜ヒロ47歳』も調べてみる。

f:id:einhander1341:20180406045241j:plain

(2018年11月4日 更新)

あきなすさん(はてなブログ上では仮面うつさん)(id:kamenutsu)とうえのさん(id:uenoyou111)がエゴグラムをやっていたので、僕もやってみたいと思います。

 

自分の素顔をバラしてみる勇気。

あなたにありますか?

 

そんな僕自身の中身を読者220名様達成記念にやります。

果たして、鬼が出るか蛇が出るか仏が出るか?

 

このブログを参考にしました。

まずはうえのさんのブログから。

www.uenoyou.net

今回やってみたのは、この辛口エゴグラム診断です。

僕とは違ったタイプみたいで微笑ましいですね。

あきなす(仮面うつ)さんのブログがこちら。

www.kamen-utsu.com

あきなすさんも、僕とは違ったタイプみたいで、微笑ましい限りです。

自分の長所と短所が言えますか?

あなたは自分の長所と短所が言えますか?

このエゴグラムはそれをはっきりと知ることができるツールとして信頼が置けます。

 

あなたの中の大人っぽい部分、子供っぽい部分は先天性のものじゃなく、過去のしくじりのからの反省で、変わる部分もあります。

 

あなたが本当の意味で精神的な大人なのか、子供の心を持った大人なのか?

それとも、アダルトチルドレンなのか?

それを浮き彫りにしてくれます。

こんな風に出ました。

辛口エゴタイプ診断がこちらです。

エゴグラムによる自己診断。

エゴグラムによる性格診断 

図に表してみるとこんな風に出ました。

f:id:einhander1341:20180406045837p:plain

これには、この様な要素ができています。

  • CP=critical parent(批判的な親の心)
  • NP=nurturl parent(養育的な親の心)
  • A=adult(大人の心)
  • FC=free child(自由な子供の心)
  • AC=adapted child(順応した子供の心)

 

僕は流石に結婚を経験せずとも、親の心を持っていると言えるでしょう。

大人要素が強くて、自由な子供の心が普通レベルです。

 

順応した子供の心がかつてのアダルトチルドレン時代を物語っていますね。

社会に溶け込んでいる様子からして、常識人ではないかと思うのです。

さしずめ、『ヴァーチャルネットバツイチさん』ってとこ

ろでしょうか?

これが細かい分析です。

性格

 

自分の地を丸出しにして、何ら飾る事の無い生き方をしても、人に非難される事の最も少ないタイプの一つです。常識家で有ると共に、責任感や使命感が強く、人の面倒見も悪く有りません。対人関係の配慮も行き届いて居り、いかなる場合でも、自分本意、自分勝手な態度や行動を、明からさまにする事は有りません。人生観や価値感が安定して居ると共に、精神的、感情的な安定度も高く、滅多な事で右往左往するような事は無いでしょう。人生教師的な雰囲気を持つタイプでしょう。

教師という職業は実兄に持ってゆかれましたが、教育熱心な両親に育てられた部分に関しては、ここだけに感謝したいと思います。

 

しかし、今の僕の性格を作ったのは、20歳を超えてから積み上げて積み崩した結果であり、親の影響は少ないと思われますね。

 恋愛・結婚

 

世間一般の常識や、ヒューマニズム的感覚から遊離した行動は、先ず取れないタイプですので、恋愛や結婚に於ける行動半径も、そう野放図なものとは成り得ません。突拍手も無い事や型破りな事で、自分の欲望や本能を満足させようとするのでは無く、一般的に許されている範囲の中で、バラエティを付けた生き方によって、好奇心や欲望を満たして行こうとするタイプです。良夫良妻タイプの一典型でしょう。

 多分、僕が結婚しないのは、配偶者を持つことがめんどくさいだけだと思いますね。

 

干物男として生きてゆく決心がつきました。

その代わり、いずれかは弟子を持って、弟子を育てて行きたいと思います。

職業適性

 

治安関係の公務員や法律家、科学者、芸術家、事業家などには、余り向いた性格とは云えませんが、広く一般的な職業には抜群の適応力が有るでしょう。中でも教師、医師、看護婦(士)、保母(夫)、秘書、宗教家、カウンセラー、ケースワーカーなどの仕事では、特に優れた適応力を発揮出来る可能性が有ります。

事業家には向いていないって事は、独立起業するよりも副業としてのブロガーの方がむいていると言えるのかもしれませんね。

 

公務員に向いていないのは納得。医師は今更なれるものじゃないので、宗教家がいちばんの近道かもしれませんね。カウンセラーというより、コーチの方が健全かもしれません。聞き上手なのでしょう。

対人関係

職場や井戸端社交に於いて、人生コンサルタントや人生アドバイサー的な役目を受け持って居そうなタイプで有り、家族や知人、友人の信頼が非常に厚いタイプで有る可能性が高いのです。貴方のようなタイプの社会的な存在価値と云うものは、そのような所にも有る訳でして、社会をスムーズに動かす為の進行係の一人として、今後も健闘して欲しいと思います。

もう、数々のしくじりを経験したのだから、同じ轍を踏んで欲しくないのがオチかもしれませんね。

 

だから、僕はブログを通して、人生を切り開けて社会に貢献できたら、幸せです!

これからも頑張ります!

あとがきに代えて。

正直、僕自身を人生の模範にするのも、反面教師にするのも、あなた次第だと思っているし、あなたの人生があなた自身で切り開いてほしいと思います。

 

自分自身はどんな風にでも変わることができます。

 

確かに前回のエントリーで『アドラー心理学を完全に理解するまでには、あなたの年齢の半分を追加した年齢に達しないと到達できない。』と書きました。

 

それだけ過去の経験が邪魔をするのです。

さしずめ、最新のガジェットにも似ています。

 

団塊世代の人がファミコンを忌み嫌ったように、バブル世代の『デジタルネイティブ』が仮想通貨に胡散臭さを感じる。

 

そして、今の子供たちである『トークンネイティブ』がデータや投げ銭で楽しみながら稼ぐ。

 

そんな時代がもうやって来ているのかも知れませんね。

あなたが前向きに生きられるように、心より願って、キーボードから離れて、ラジオを聴こうかと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます!

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それではでは!ごきげんよう!