Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。本格始動まで後少し!やがて、第1章の幕は開く…。

【朝ブログ】13インチMacBookが出るのでしたら、転びますよ。

f:id:einhander1341:20180404042754j:plain

MacBook Air打ち切りの可能性が濃厚になりつつあります。

僕はMacBook Airの復活を期待している!
だがしかし、シンプルさをモットーとしているAppleさんとしてはMacBook(無印)の拡充をしたいのが本音かもしれない。

MacBook Airの軽さはMacBook Proが継承して、値段の安さはMacBookが継承した今、MacBook Airの存在は例え、期待していても空回りになるんじゃないかと心配なのです。

どっちが本当かはわかりません。

ただ一つ言えることは、6月のWWDCである程度は明らかになるでしょう。

(3月の発表会が新型iPadの発表会にとどまった時点でMacBook Airの復活は期待薄となりましたね。)

作業場のBGMはYMOのBGMで行ってみたいと思います。

 

信頼度1位の"gori.me"さんの言うことがもっともです。

"gori.me"さんの記事をご覧ください。
かなり前の記事ですが、これが参考になりました。

gori.me

goriさんは英語の長文が理解できる人物でAppleさんの最先端の情報を自分の責任が及ぶ範疇で解釈している人なので、信頼は厚いです。

それに畳み掛けるように別の記事が飛び込んできました。

www.gizmodo.jp

つまり、13.3インチMacBook(無印)が出るのでありましたら、MacBook Airである必要がないのです。

逆を言えば、11インチMacBookがポシャったのも事実ですし、12インチMacBookもどこか中途半端な印象を受けましたね。

MacBook(無印)に関して言えることは?

f:id:einhander1341:20180404044517j:plain

(撮影地:Apple Store名古屋栄にて)

先ほど申しました通り、12インチMacBookって画面が小さすぎるのですね。

どこかとなく中途半端です。

その上、最安値8GB DDRメモリモデルで142800円(税抜き)もしますね。

この僕が言うのもなんですが、いまいちいい買い物とは言えません。

持ち運びの手軽さにおいては、素晴らしいのですが、何処と無く物足りないのです。

その分、13.3インチMacBook Proに軍配が上がりますね。

せっかくのRetina displayが台無しです。

それに対してテコ入れをして、13.3インチRetinaディスプレイをつけたMacBookが出たら、僕は転びます!

過去のブログで何度も書いたように、僕のMacの使い方は、iTunes(Apple Music)やradikoを聴いたり、ブログを書いたり、電子書籍を出版するぐらいで、動画編集やオンラインゲームなどのような重い処理を一切しません。

だから、特別に性能が落ちても心が痛まないのです。極端な性能を要求するWindowsとはここが違います。

ただ二つ妥協できないのは、512GBSSDのストレージと16GB DDRが欲しいところです。(おまけにキーボードはUS仕様であること。US仕様のキーボードはなんてったって美しいですからね。(笑))

これはMac miniを使って、そこがもっと改良できたらいいなぁ。と思った部分です。

だから、別にMacBook Proでなくてもええやん。と思うのです。
だから、MacBook Airの新型に期待したのに〜!(泣)

つまり、廉価版Retina displayをつけたMacBookが出たら、僕はそっちに転びます!

多分、みんなだってそうだと思いますし、MacBook Airでなければならない理由がそこにはないじゃないのかな?

【ぷち予想】こんなMacBookが出たらいいなぁ。

これが現行MacBookのスペックです。

2304×1440 12inch Retina display

第7世代の1.3GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)

16GB 1,866MHz LPDDR3メモリ

512GB SSDストレージ

Intel HD Graphics 615

バックライトキーボード - 英語(US)

これで、197800円(税別)はいくら何でも高すぎますよね?そこで僕はこうなったらいいな?と思いますね。

2304×1440 13.3inch Retina display

第7世代 1.3GhzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)

16GB 1866Mhz LPDDR3メモリ

512GB SSDストレージIntel HD Graphics 615または Intel Iris

バックライトキーボード 英語(US)

太字はカスタマイズ。(Apple on-line Storeにて)

これで150000円(税別)前後だったら、嬉しさのあまり尻尾振って喜びます!
ここまで部品が古くなれば安くなるか、かえって性能アップするかは明白でしょうね?

あとがきに代えて。

かなり、わがままなことを言ってしまってすみませんが、僕がこうなったらいいなぁ。と思うことを正直に話してみたつもりです。

職業YouTuberやアニメーターじゃない限り、i7プロセッサや1TBストレージは必要ないでしょう。

普通にラジオを聴いたり、ブログを書くだけだったら、むしろMacBook Proは贅沢すぎます。

僕にはちょうどいいMacが必要なのです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます!

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それではでは!ごきげんよう!