つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

基本的にエゴサーチはしないのだが、見習ってエゴサーチボタンをつけることにした。

f:id:einhander1341:20180403183206j:plain

普段は余計なことで落ち込みたくないので、エゴサーチはやってないが、我が盟友の皿洗いさん(id:aphotosis)が、面白いものを紹介してくれたので、早速、設置してみた。

作業場のBGMはジューダスプリーストのファイアパワーです!

それじゃ、ノリノリで行ってみよう!

 

朝に面白いものを発見した!

皿洗いさんが面白いものを紹介してくれた。何でも、今回のエントリーに関するツイートを自動集計してくれるものですね。

これは便利です。

www.ruyuhav.com

彼の言う『お礼ルーティンボタン』とは、『エゴサーチボタン』らしい。

繋がりは大切です!

これも何かの縁ですから、早速つけてみることにした。

エゴサーチボタンを作ってくれたのは、阿豆(あず)らいち(id:AzuLitchi)さん。

簡単なシステムだったそうですね。

ここに紹介しますね。

azulitchi.hatenablog.jp

フリーランス20年のクリエイター(コーダー)だそうですね。

専門家の意見には従ったほうが良さそうですね。(笑)

これが勝利の鍵だ!(旧い)

早速つけてみることにしましたね。

コードの無断記載は著作権法に触れますので、阿豆らいちさんのブログでご確認くださいませ。

僕もコピペしただけです。

そして、簡単にできましたよ。

f:id:einhander1341:20180403184433p:plain

このオレンジ色のバーがそうです。

「こんなんでましたけど〜。」(これも旧い)

これで記事に関するツイートを集めることができるそうですね。

かなり精度も細かいので、助かりますね。

エゴサーチについて。

僕がエゴサーチをしない理由は、今でこそ無関心でいてくれる人が多くなったが、昔はよく炎上してしまって、自分のことを検索するたびに落ち込んだりもしたものです。

そのせいもあってか、うつ状態になることもしばしばであり、仕事に意欲が持てなくなりましたね。

今回のエゴサーチボタンは、もろ刃の剣なので慎重に扱いたいと思いますが、完全匿名の質問箱と違って、アンチの攻撃が少ないから、その分助かります。

エゴサーチをしても得をしないし、アンチがいるという事は、それだけ自分のやってきた事が認められたという事です。

Twitterに限られますが、僕はあまり口の悪い人をフォローしません。それに副業目当てのアカウントも基本はフォローしません。Facebookも同様です。

Facebookに関しては、最近疲れましたので、ある程度の距離は保っています。

ツイートも少なめですし。ほどほどにやっていますね。

僕はどうやら、サブカル系(車、ゲーム、アニメ、特撮など)が苦手でして、そういったものに関してポストすると、必ず誰かからの猛反発をくらい、炎上してしまうのです。

僕がWindowsを嫌うのにもそう言った事情があるためです。

Apple関連で炎上したのは、Facebookでたった一度きりです。

その際には、こっちから身を引いて、騒動が収まるのを待ちました。

まぁ、それだけしくじった経験を持っているからこそ、今の僕がいるとも言えます。

某匿名掲示板について。自分が信じられない人に。

僕は一切、読む気はありません。

いるのですよ。『世間でどう思われているか知りたければ、某匿名掲示板を見ろ!』っていう人が。

僕は大抵、そういうことを言う人って、『俺が悪口を書いてやったから、これを読め。』と言っている裏返しだと思うのです。

面と向き合って言えないから、裏で陰口を叩く。まさに『現代版丑の刻参り』ですね。

しかし、僕は思うのですよ。『人を呪わば穴二つ』っていうじゃないですか?
その穴は『墓穴』のことであり、二つとは『相手と自分』であるって事。

決して誰も得をしません。

中には好意的な書き込みもありうるのですが、そう言った書き込みのターゲットは権力者に対してのおべっかばかりで、書き込んだ人自身の劣等感に蓋をするだけでしかないと思うのですよ。

僕は静かに祈っています。

「その人が自分自身の劣等感に立ち向かい、自分に向き合って自ら解決するように」と。

僕は面と向き合って言葉を言える人の声には耳を傾けたいと思います。例え、それは耳が痛い事であったとしても。

それが覚悟できない人は、目と耳をふさぐしかありません。

世の中に不満があるなら自分を変えろ!!。それが嫌なら、耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ!!

by 草薙素子(少佐)

(攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 第1話) 

自分が変われば、自分を中心とした世の中は絶対は変わります。

逆を言えば、システムが複雑化した他人を中心とした世の中は、テコ入れをしても変わることがありません。

この世を燃やしたって、一番ダメな自分が残るぜ!

by 大槻ケンヂ(踊るダメ人間)

自分は前向きに変えることができます!少なくとも、僕に出会えたのですから!

いい意味で変わります!自分を信じましょう! 

アドラー哲学(心理学)『嫌われる勇気』を読んで。

今はまだ途中の段階だけど、嫌われる勇気を読んで目から鱗でしたね。

ある程度は理解していますが、逆に驚くようなこともまた多いのです。

僕もまた原因論の犠牲者だったのです。

ブログを書いたら続きを読もうかと思います。

その上で、僕自身の電子書籍の書き方を少しだけ変えてゆきたいと思います。

少なくとも『親に対する復讐心』は完全に消え失せました。むしろ、それを『罪と恥』だと思って、今からの自分を変えてゆきたいとさえ思いますね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます!

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それではでは!御機嫌よう!