つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

【朝ブログ】レギュラーコーヒーを豆で保存して飲む方がいい3つの理由。

f:id:einhander1341:20180330052451j:plain

みなさま、おはようございます。

コーヒーは美味しいでしょうか?

僕は今までブログを書いてきましたが、こんな屈辱的なことがありませんでした。

いつまで経っても、目標の1日200アクセスを超えないのですね?

僕が根本的にブログの書きかたを間違えたんじゃないかって思うのですよね。

30分ではブログを書く時間がほとんど足りません。

何とか引っ張り出そうかと思います!

(追記)ある程度はリライトしております。

 

僕がインスタントコーヒーを勧めない理由。

それは僕だけの問題かもしれませんが、インスタントコーヒーは粉の量によって濃さが極端に変わってしまい、美味しい飲み方が実践できないためです。

例えば、極端に薄かったり、極端に濃かったりしますね。

コーヒースプーンも、ティースプーンも形は似ていますが、図る量も違います。

客観的なデータがそもそも得られないのです。
つまり、ちょうどいい加減が難しいのです。

それだけじゃありません。

インスタントコーヒーは豆からいれるわけじゃないし、一旦抽出したコーヒーを凍らせて急速乾燥させたり(フリーズドライ。N社の金のブレンドなど)、霧吹きで噴出して急速乾燥させたり(スプレードライ。N社のエクセらなど)したものがあります。

それらは、一旦抽出したコーヒーを乾燥させたのだから当然、香りは窒素ガスを充填した開封前は香りが高いのですが、一度、開封すると香りが逃げてしまいますし、質の悪さをごまかすために香料を添加する可能性だってありますね。

お湯を注ぐだけで美味しいレギュラーコーヒーだったら、簡単に美味しいコーヒーが飲めるのに、値段が高いという理由で買わないのは実にもったいないことです。

以上が僕がインスタントコーヒーをお勧めしない理由です。

僕がレギュラーコーヒーを豆からいれることをお勧めする3つの理由。

僕はレギュラーコーヒーをお勧めしたいのですが、最初は、お試し程度のオリガミパックや1杯ドリップからお勧めします。

これでレギュラーコーヒーの味を思い出すか、覚えて欲しいのです。

僕の実家ではコーヒーメーカーがあって、粉びきをしたコーヒー豆でお湯を沸騰させて蒸気で一滴、一滴いれていましたね。

その味を覚えていたのでしょうか?

インスタントじゃ、全然もの足りませんでした。

出来れば、無印良品さんか一流企業さんの1杯ドリップから試して欲しいです。

そこでレギュラーコーヒーの味に慣れたら、本格的に粉をひいた豆を買って頂きたいのです。

そして、一つ注意点を!
それはコーヒーの粉は冷凍庫で保管しない限り、すぐに酸化して風味がすぐに落ちてしまうことです。

レギュラーコーヒー粉100〜200g程度で開封後一週間に使い切るのがベストです!

冷凍庫保存だったら、少し時間が伸びます。

f:id:einhander1341:20180316052125j:plain

新鮮なコーヒー豆は熱湯を入れると、豆が膨らんでお湯が浸透して、泡が出ます。

これがコーヒーの美味しい印です!

それに慣れたら、今度は豆で買いましょう!

そのためには、コーヒー豆をひく『ミル』という機械が必要です。

オシャレ派の人だったらアンティーク調の手回しミルがオススメですが、僕は色々使える機械式ミルミキサーを使っています。 

TESCOM PureNatura ミル&ジュースミキサー ホワイト TML161-W

TESCOM PureNatura ミル&ジュースミキサー ホワイト TML161-W

 

これだったら、ジュースだって作れますし、粉末茶葉で和風スイーツだって作れますし、煮干しを粉砕して天然の出汁を作ることだって出来ますよ。(笑) 

じゃ、なぜ僕が豆で保存することを強く勧めるのか?

その理由はこの3つです。

  • 豆だったら、常温で保存できる。常温で長期間、保存(最大1ヶ月〜1年間)できる。
  • 豆だったら、好みの濃さやコクを調節できる。
  • 豆だったら、ヴィジュアル的に美味しそうです。(笑)

いった豆だったら、実際に常温保存が出来ますし、粉と違って表面積が少ないので、酸化もしにくいですよ。

ミルでいちいち粉砕しなくちゃいけない面倒さがありますけど、これも慣れたらどうってことがありません。

僕は経験上、コーヒー豆はさじ1杯(5g)を4杯(20g)入れて、ミルでひいています。
これで一番うまいコーヒーが出せると思いますし、いちいち粉を保存するためのガラス容器が必要ありませんね。

何度も粉を挽いてゆくうちに、一番美味しい粉のひき加減が見えて来ます。粗びきは苦味もあまり出ないのでオススメですよ。

それに豆の選び方によって、自分好みのコーヒーだって作れますよ。

僕の会社の同僚のS野さんは、スーパーで安いコーヒー豆を買って、その日の気分によって色々再ブレンドして、保温水筒に適度に冷ましていれています。
これだったら、決して飽きが来ることがありませんね?

今は経験をためている途中なので、コーヒー豆のオススメ記事が紹介できませんが、いずれかは10選などが紹介できるようになりたいですね!

あとがきに代えて。

いよいよ新年度です。

コーヒーを飲んで明日から、朝をすっきり乗り切りましょう!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それでは、ではでは!