Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

【朝ブログ】Google 仮想通貨 ネット広告禁止へ。

f:id:einhander1341:20180214043725j:plain

GoogleさんことAlphabet社は、13日に仮想通貨に関わる広告を2018年6月から出さないことを明らかにしました!

2018年3月15日の日本経済新聞の記事を元に僕のブログのあり方での変換点を解いてみたいと思いますね。

198名の読者様、いつもありがとうございます。

それでは、行ってみようかな?

"Here We Go〜!"(ほな、行こか?)

BGM:Route 66 by George Maharis.など

 

仮想通貨ブログ様、僕を含めて広告収入の恩恵が薄くなるかもしれませんね?

【シリコンバレー=中西豊紀】米グーグルは13日、仮想通貨に関わる広告を6月から掲載しないようにすると発表した。詐欺的な取引に誘導する広告などからネットの利用者を保護するためとみられる。同様の処置はフェイスブックも1月に表明ずみ。ネット上の広告で6割を超えるシェアを持つ2社の厳格な対応は仮想通貨市場に大きな影響を与えそうだ。

仮想通貨と仮想通貨を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)に関する広告も含まれるようです。

記事はあまりにも長いので、かいつまんで引用すると、Googleさんとしても32億円を超える広告をすでに排除していたことも発表した。

仮想通貨に関しては、はてなブログさんの表紙で美味しい思いをさせていただき、ありがとうございました!

おかげさまで広告収入を若干ながら手に入れる予定がたちました。

ほとんどがスマホのクリックによる収入なので、スマホ様さまなのですよ。

さて、問題は。はてなさんでは『仮想通貨』カテゴリーはまだまだ残るかと思いますが、問題は僕を含めた広告収入を得ている人たちですね?

そうすると『稼げるうちに稼いじゃえ!』となってしまいますね?そうすると4月〜5月期はかなり競争が激しくなります。

Zaifさんの登録で、仮想通貨FXはこれからもやってゆこうかと思いますが、ブログのメインコンテンツからは外さないといけません。

今までの様に、仮想通貨の売却益で収入を得ていて、無料ブログとしてもリスクヘッジを得ている人は今まで通りで大丈夫でしょう?

しかし、『複業』としてのブロガーにとっては死活問題となりますね?

Google AdSenceの使い方がだんだん解ってきた。

これはブログの特性ですが、『仮想通貨』に関することは、それだけに絞った方がいいって事です。

例えば『仮想通貨』と『スマホ』の記事を書いたとすると、広告は2つの要素を出すことによって、それぞれが出てしまい、例えば『仮想通貨』に関する興味ある広告が出現しないで、クリックやタップの機会を逃すことになりかねません。

1ブログのネタは絞るに限ります。長いしくじりから得た経験ですね。

Google AdSenceは最強のアフィリエイトですね!だって広告は読者さまのcookieとブログの内容で決めてくれますからね?

そりゃ、興味の出ない広告が出ないわけないですよ!その辺はユーザーさまに優しいです!さすが最強です!(ただし、AdSenceに承認されたらかなりの制約を受けることになりますね。その辺はお気をつけてくださいね?)

プライドをかなぐり捨ててもなお。

具体的には書きませんが、いずれ今日の夜ブログを書く予定が立った時にでも、書いて見たいと思います。

今まで『健康派ミニマリスト』として頑張ってきましたが、資金難(貯金の難航)により、なりふり構っていられないのが現状となりました。

仮想通貨取引の再開に向けて準備を進めています。

つみたてNISAも順調で何よりです。早くプラス成長をしてほしいと願っていますね?

あとがきにかえて。

ブログのネタはまだまだ残っています。ただ、3月期の残業続きと諸般の事情で夜ブログが書けなくて大変申し訳ございません。

残業疲れで19時には死んだように眠っていまして、20時〜22時に一旦起きて、部屋の電気を消して、眠剤を飲んで、再び眠っています。

だいたい3時に起きていますね?

それでは、一旦ブログを止めて、キーボードから離れたいと思います。

1920文字前後で『手抜き』と感じられたら、大変申し訳ありませんでした。

(追記)

『仮想通貨』と言うマイナスイメージを脱却しようとして、広告はこぞって『暗号通貨』の名称を使用している処に商魂逞しさを感じる!(笑)

過去記事。

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それじゃ、またね!(新しい言い回し募集中です!)