つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

コンビニATM 縮む手数料優遇。

f:id:einhander1341:20180314042701j:plain

(2018年10月30日 更新)

あなたに、おはようございます。

今日、2018年3月14日の日本経済新聞からは仮想通貨のニュースがありませんでした。

キャッシュレス時代に水を差す記事がありましたので、これを紹介したいと思います。

そして、僕の近況について少し話しておきたいと思いますね。

 

コンビニATMに逆風が吹いている。

 コンビニATMに逆風が吹いている。マイナス金利政策の余波で収益環境が激しさを増すなか、金融機関各社は利用者にコスト負担を求め始めた。

キャッシュレス化が進めばATMで現金を引き出すニーズも減り、生存競争はゆうちょ銀行を巻き込んで激化する。出店増とともに歩んできたコンビニATMは転機を迎える。

「無料は月2回までとさせていただきます」。東邦銀行(福島県)

(中略)

百五銀行(三重県)も昨年9月以降、平日も有料化した。銀行側は「持ち出しがかさんでおり、手数料を負担しないと事業が成り立たない」(百五銀行の担当者)という。

(後略)

僕がよく利用するローソン一身田店には隣に第三銀行の店舗があるために、コンビニATMを最初から置いていない。

 

コンビニATMの設置には300万円〜1000万円かかり、各コンビニが次々と店舗を拡大する背景には、コンビニATMの設置がバカ高いコストと相成っている。

コンビニATMはこの15年間で1万台から約5万5千台に増えている。
コンビニATMに限っては競争が激化しているとも言える。

(もちろん、スーパーATMも考慮しての上であります。)

 

コンビニATMを置いてくれないと困るのは、地方銀行のATMでは、ネット銀行(イオン銀行はまた特別視だが、大体、楽天銀行とか住信SBIネット銀行など。)のキャッシュカードが使えないのですよね?

 

地方銀行が最大のライバルであるネット銀行のキャッシュカード(VISA&JCBデビットカード)を使わさせてくれませんし、現金信仰が相変わらず強いというよりは、キャッシュレスになると困ると言っている(古い)人が多いという事実を叩きつけられたという思いが強いですね?(こうなった背景にはJ-Debitという独りよがりな制度を作ったゆうちょ銀行が一番悪いとしか言いようがない!

LINEをやってない人は消えろ!と言うのか?

今、現在。心の闇を抱えているので、具体的に書くとヘイトに繋がり、AdSense契約上危険なので、オブラートに包んで空気を読みつつ書きます。

それ故に、僕の言いたいことが読者様に”5%”も伝わらないことをお詫び申し上げます。

新聞記事をコピペしたいけど、長いので簡単に書きますね。

セブン銀行はATMの画面に示されるQRコードをスマートフォン(スマホ)で読み取る「LINE Pay(ラインペイ)」との連携を開始。

買い物でキャッシュレスが進んでも「入金はまだ現金でと言う文化」(同行幹部)に商機を見いだす。

イーネット(ファミマ)も「日本はなお現金が中心の社会」とみる。

ATMにカードを差し込まなくても、スマホで現金を引き出せるATMを開発し、「財布を持たなくてもスマホは肌身離さない」若年層などの獲得を狙う。

(後略)

とりあえず、時間があったらこの記事を読んで欲しいですね? 

www.alkanet-books.com

僕、訳ありの人間なんで、感情そのままに文章を書くと某匿名掲示板並みのひどい文章しか書けないのですよね。

 

だから、僕がちゃんとした文章を書くためには、身体に『ある処置を施す』をしないとできないわけですよね。

 

これについては後で書くとして、LINEは『みんながやっているから俺もやる!』それは結構なことです。

 

ただし、僕がLINEをやらなかった理由は『詐欺師が頻繁に利用している為』、それら反社会勢力に加担しない為です。(現在はIDを変えて復帰しています。)

 

つまり僕自身にとってLINEを使うことは『犯罪を犯す』こととイコールなわけです。

もちろん、LINEが包丁と同様の『単なる道具』に過ぎないことは解っています。

ここで声を大にして言いたい事は『LINEを使わない権利を行使する』こともあり得ることを理解していただきたいのです。

これは『犯罪から身を守るための自衛手段です。』

カフェイン中毒による統合失調症の悪化になりました。

先ほどに書いた『ある処置を施す』とはカフェインの異常摂取です。

つまり、カフェインを必要以上に飲まないと、目覚めが悪いのです。

 

今まではてなさんの表紙に載る事によって、様々な恩恵を受けることが出来て、ようやくブログらしいことができるようになりましたが、ここ一週間、晩のブログが書けない以上、アクセス数も伸び悩んでいます。

 

家事もすることが苦痛になり、今までこだわっていた『ストイックな生活』を捨てざるを得なくなりました。

それ故に『節約系ミニマリスト0.5』などの様な、新生活常連になることもできませんし、多くのミニマリストフォロワーが離れた以上、『僕がミニマリストです』と気取っていてはイタいだけなのです。

 

そこで『オーガニックにこだわるグルテンフリー』生活から一転して『食費を効率よく節約する』事に特化したいと思います。

『オーガニックにこだわる』生活が許されるのは、ローラさん並みの高給取りに限られます。薄給の身分ではできることが限られます。

 

かと言って、フードスタンプ利用者の様に、ジャンクフードばかりを買って健康をぶち壊しにする生活もまっぴらごめんです。

 

昨日は、缶コーヒーを4本以上を飲んでしまい、ただでさえ内向的な僕の性格が荒れてしまって、職場の皆様には大変申し訳ないことをしました。(一般企業だったら即クビが切られますね?実際にクビを切られて、その履歴が残っている以上どこの会社にも入れないという有様です。)

 

それだけ幻聴が聞こえると言う事です。

だから、これから少しブログの手を抜こうかと考えていますね?

残業続きと歯医者の定期検診でしわ寄せが来ています。

晩御飯は正直、手抜きでいいんじゃないかと思うのですよね?

僕は僕らしいブログを書いてゆきたいと願って、キーボードから離れたいと思います。

 

(追記)

重ね重ね、僕は砂糖中毒になっている様ですね。

ビタミン剤とホットレモンでようやく、落ち着きました。

今は寒空の下に耐えるのみです!

過去記事。 


www.alkanet-books.com


はてなの継続期間の記録、あれのカウントは止めていただきたいと思います。

だからか、みんながWordPressに移行する気持ちが解らないでもないですね?

あれだったら、AMPだって効率がいいんですし。

ただ、僕みたいにWordPressを挫折した人にとって、はてなブログさんはありがたい存在なのです。

それではでは!ごきげんよう!