つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

『ドコモ払い』は3兆円!増殖 デジタル支出。

f:id:einhander1341:20180312025109j:plain

(2018年9月10日 更新)

僕も過去にガラケー(フィーチャーフォン)時代にiD払い(DCMX mini)を経験したが、あれには甘い罠が張り巡らされていますね?

今は辞めてしまったドコモ限定で話は進めますが、auさん、ソフトバンクさんにも似たようなものがあると思われますので、お付き合い願いますように。

 

2018年3月12日当時の日本経済新聞1ページのニュースからピックアップ!

 

増殖 デジタル支出。

様々な経済指標が回復するなか、消費関連の数字の出遅れが目立つ。

デフレから脱却しきれず賃金上昇も力強さを欠くなか、ネットを介したデジタル消費や消費者同士が直接取引きするシェアリングエコノミーは拡大する。消費は本当に冴えないのか。

従来の手法では捕捉できない消費の姿を追う。

今回は元となった日本経済新聞の記事が長いので、かいつまみながらも僕なりのオピニオンと経験を重ねたいと思います。

ガラケー時代のパケ死?経験した?

あれはまだNTTdocomoさんが、iPhone5sを販売するはるか前の話。

 

ガラケーでのネット接続サービス”i-mode”(auはez-web、ソフトバンクはYahoo!ケータイ)が全盛だった頃。

 

僕がクレジットカードがまだ持てなかった頃は、iD(DCMX mini)*1払いの世話になっていた頃、アバター*2交流サイト”@games”で遊んでいた。

 

まだその頃は、パケホーダイも知らずにパケット通信代がアバターの画像でかなり食うことも気がつかず、なんと月の携帯電話使用料金が50000円を超えてしまったのですよ。(泣)

人は、これを『パケ死』と呼んだと言う。

そこで両親に泣きついて、なんとか電話代は工面できたが、のちにパケホーダイに加入して、翌月分の電話代を軽減したものの、アバターのガチャですぐに料金を食ってしまい、タダの期間があっという間に過ぎてしまったのを覚えている。

スマホ決済はより進歩した!(訂正あり)

4万円近い請求が来た20代の若者は特別に電話魔では無い。その支払いの大半は『ケータイ払い』と書かれた一括請求。中身は電子書籍や音楽のダウンロードとネット通販の購入額だ。

 

スマホ決済はより進歩して、クレジットカードの代わりを務める事だってありうるのです。

 

よく、某オンラインゲームにだって『docomo払い』ってあるでしょう?

 

今では、通信費のほとんどがそう言ったネット通販の支払いによって代行払いをしているのですよ。

2018/03/23 追記)最近の携帯電話費用のほとんどは、あくまでも通信費単体であり、代行払いが全てではありません。

僕はクレジットカード(楽天カード)と住信SBIネット銀行VISAデビットカードをうまく活用している。

 

僕はiPhone 8 PlusとApple Watchを買ってから、一度たりともApple Payを使った事が無い。

あれって、よくよく考えたら怖いですよね?(笑)

よくスマホのゲームアプリなんかでも、『このままでは(ステージ上の)ゲームオーバーになります。諦めずにその場でコンティニュー(続行)したければ、魔法石を使ってください!(つまり課金してね!って事。)』ってきたら、ついついやっちゃいますよね?…それが怖いのですよ。

 

いわゆる、そう言ったハイランカーは皆、高額課金者。彼らに追いつけ追い越せとこぞって課金する。

『運営会社と言う(偽の)御釈迦様の手で踊る猿(斉天大聖こと孫悟空)』みたいで怖いじゃ無いですか?

天王星まで逃げたって、弥勒菩薩の手の上。

だから、戦いの道を選ぶ。バトル野郎!

From バトル野郎〜100万人の兄貴達〜 by 筋肉少女帯(大槻ケンヂ)

補足。(訂正あり)

4ケタの暗証番号を入れ商品やサービスを買い、通話料に支払う「ケータイ払い」をドコモが導入したのは「iモード」時代の2005年。スマートフォン(スマホ)が普及した11年ごろからは利用が急増し、アマゾンのネット通販に対応した17年は金融決済(クレジット払い含む)が16年比22%増の3兆円に。

コンビニエンスストア最大手、セブンーイレブン・ジャパンのチェーン店全店舗売上高(16年度約4兆5千億円)の3分の2の規模だ。 

消費そのものは実は、あまり回復していないですね?

2018/03/23 追記)電話料金による通販の買い物費用は通信費に計上されません。謹んで訂正させていただきます。

そのせいもあってか『客はいるのに売り上げが増えない。』
実店舗ではそんな現象が目立つ。若者は実店舗で品定めをして、ネットで少しでも同じ商品を安く買う。

 

それで猛攻を見せているのが、ユニクロや価格.comなどじゃないかな?

 

今や、docomoなど携帯電話会社は金融会社としての側面を持っているのですよ。(第4の波である楽天はもともと商業サイト出身の(元々、ネット銀行を買収した)買い物会社だったかな?(笑))

 

だからか、最近のSHIBUYA109などは「インスタ映え」をする凝ったディスプレイをして、自社通販サイトに力を入れているのですよね。何故ならば、服ってかさばるじゃ無いですか?両手に大量の服を持つのってしんどいですよ?

あの手の服って買い物袋も大げさですし。(笑)

消費の変化についてゆけますか?

消費はかつてのバブル期のような『モノ消費』から情報に価値を求める『コト消費』へと変化を遂げている。特に中国の爆買い層などにも変化が見られ、ものを買い漁る中国人は激減した。

 

それには、中国版Amazonのアリババなどの台頭によって、いい品物は(中国)国内で堂々と買える。

 

それにより、日本はこれからサービス大国になって行かないといけなくなりますね?

 

中国に限らず、欧米諸国からのインバウンド経済の為には、東京オリンピック開催前日までに、東京中全てのお店に『仮想通貨決済可能』を執行しないと間に合いません!

 

それはスマホなどのガジェットの小型高性能化によって叶えられた話ですね?

 

詳しくは書かないが、スマホ一つでいろんなことができるようになり、ミニマリストが激増したのもうなずける。

スマホさえあれば…災害が起きてしまった不可抗力に襲われた時を除いて、何でも出来ます。

あとがきに代えて。

読者数も勢いよく上がり、調子も良くなっています。

昨日のアクセス数も500越えをして、これにはGoogleさんのオーガニックサーチの”Mac mini 2018”が大いに絡んでいると思われますね?

それにしても、Mac mini 2018に対する期待の大きさには驚くばかりです。

これからも、僕のブログをよろしくお願いいたします。

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それではでは!ごきげんよう!

*1:docomo携帯払いでクレジット機能を疑似体験できるサービス。月10000円を上限に携帯電話料金で前払いできるサービスでした。現在もAndroidで維持中。

*2:プレイヤーの分身(ネットの世を偲ぶ仮の姿)の事。映画”Avatar”でも話題になった。元は、アバタールと言うインド神話の主神ヴィシュヌ神などの化身(転生)が語源となっている。オンラインゲーム(=ネットゲーム)のプレイヤーキャラクターもその一つ。