つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

キャッシュレス生活を極めてきた12の履歴。

(2018年9月6日 更新) 

f:id:einhander1341:20180310051135j:plain

キャッシュレス生活を始めてから随分と経ちました。

最初はイオン系列マックスバリューの常連化によるプリペイドカードWAONの使用からです。

しかし、政治的理由により、あまりイオン系は使いたくないと言うのが感情論で進んでしまったので、そこでデビットカードに出会いました。

もちろん、使えるデビットカードに出会うまでに時間もかかりましたね。(笑)

そこで、キャッシュレス社会の現状をさらりとお伝えいたします。

 

今では、お賽銭までキャッシュレス!スゴいことになっている!

style.nikkei.com

 電子マネーを使える場所や電子マネーの種類が増え、キャッシュレス化が一段と進んでいます。私自身、昨年秋に「現金支払い不可」のレストランを体験し、今年の初詣の際には電子マネーでお賽銭(さいせん)を払いました。お賽銭のように従来ならば当然、現金を使うシーンですら電子決済ができるようになっています。店舗を含め決済手段が多く選べるようになると、利用者としてよりお金を美味(おい)しく使える機会が増えます。

From NIKKEI STYLE マネー研究所 風呂内亜矢さん 

東京の愛宕神社では、今年(平成30年)から楽天Edyを使ったお賽銭の支払いが始まりました。

今でも、小銭には『魂銭(たまぜに)が宿る』と言われ、キャッシュレスが忌み嫌われていますね?

大手の神社さんにしてみれば、大量の参拝客が落とす大量の小銭を集計・両替するのに、両替手数料と銀行員の人件費(+参拝客の交通誘導に関わる警備員の人件費)がバカになりません。

そこでお賽銭を自動化することにより、手間を完全に省き、神社さん+銀行両方にとって、Win-Winの関係になります。(って事を過去のブログに書いたね?)

デビットカードに辿り着いたら、生活が極まった10の履歴。

今でこそ、僕はクレジットカードが使えるようになり、お金に不自由しなくなりましたが、クレジットカードは言わば『帳面買い』であり、今やシステムが複雑化したので、支払いは当月末ではなく、翌月27日となっていますね?(楽天カードの場合。)

そうなると、翌月の生活が苦しくなり、お金に困窮することになりかねません。

そこで登場したのがデビットカードでしたが、そこにたどり着くまでにちょっとしたストーリー(しくじり)がありました。

 しつこく書いても仕方がないので、簡単にまとめますと。

  • ゆうちょ銀行がマネレコに対応しているので、ゆうちょ銀行ダイレクトを申し込み。
  • ゆうちょ銀行のログインがメンドくさくて嫌になる。
  • 第三銀行がマネレコに対応しているので、メインバンクを給与口座の第三銀行に移す。
  • ところが、第三銀行がJ-Debit系列(ゆうちょ銀行が企んだ日本独自のデビットカード規格)だったので、Amazon Kindleで決済ができないことを第三銀行に伝えたら、銀行員のお姉さんですら知らなかった事実を知ることになる。
  • 楽天カード(クレジットカード)所持のため、楽天銀行にJCBデビットカードを作成する。
  • ところが、楽天銀行は口座開設後6ヶ月を経過すると、入金ですら手数料を取ることが判明。バカバカしくなる。
  • そこで積み立てNISAでお世話になっているSBI証券とリンクをしている『住信SBIネット銀行』のVISAデビットカードを作成する。
  • もちろん、マネレコにも対応!デビット支払い時に家計簿へ自動記帳。
  • 血圧計を買う時に、エディオンで『デビット払いにしてください』と頼んだら、エディオン側でJ-Debit系列が主流であった為に、エラーが出て決済ができずトラブるが、『VISA(クレジットカード)扱いにしてくださいと言うように』と逆ギレされる。この事により、ネット銀行デビットカードがまだまだマイナーであることを思い知った。
  • (2018年9月6日 追記)
  • ドコモを辞める為に、マネーフォワードを導入した。(有料プラン)
  • マネレコに依存しなくてもいいので、ドコモを辞めた。
  • マイネオにMNPで移籍した。
  • 現在に至る。

すでに、これだけでもブログのネタにしました!(笑)

デビットカードの便利さが怖い?

海外ブランド系デビットカードの良さはこれだけにとどまりません。

まずは、現金(特に小銭)を使った決済で時間を食わないことが挙げられる。ご年配の方に多いのですが、大量に買い込んで、それに限って小銭をジャラジャラ、時間がかかってイライラさせます。

僕が現金で払うときは、後ろから『遅ぇぞ!とっとと払ってその場で◯ねや!』と言う幻聴が聞こえます。

後ろからの呪いの念を受けない為にも、支払いはスムーズにすませたいのです。

実際に現金払いをこのまま頑なに続けていると、時間的損失が経済にも圧迫してしまい、全ての人に迷惑をかける結果となります。

つまり、クレジットカードでは将来の自分の首を絞めるから、デビットカードにすることによって、全ての人に迷惑をかけないどころか、人助けにも繋がります。

これは一部の大手スーパーや家電量販店に限った話ですが、J-Debit系列(地方銀行キャッシュカード)でも使えますね?

ミニマリストだったら、是非ともデビットカードは持って欲しいと思いますね?

(東京在住だったら、Suicaプリペイドでかなり便利になるかも知れないが、支払いのブラックボックスだけは、なんとか避けていただきたいと願います。)

絵解き。デビットカード自動記帳。

f:id:einhander1341:20180310051038p:plain

これが2018年3月6日のデジタル家計簿(マネレコ)です。

流石にガソリンだけは時間差がかかったみたいで、3/1の決済が今頃になって反映されています。

こればかりは家計簿に前もってつけておくことをオススメ致します。

この日の現金決済は、自販機の缶コーヒーWONDA朝コーヒー一本のみです。

残り全ての支払いがデビットになっております。

住信SBIネット銀行デビットカードでは、マネレコから自動ログインすることによって、常に記録してくれますね。

光熱費の自動引き落としは第三銀行の口座で。その他生活費は極力、住信SBIネット銀行VISAデビットカードで支払っています。

僕の元師匠のやすだ”メタル”しんやさん(フリーランスのコーチ)もメインバンクにするほどなので、是非ともご検討くださいませ。

www.netbk.co.jp

住信SBIネット銀行だったら、SBI証券にリンクを結ぶことによって、証券口座に自動で支払ってくれます。(買付余力にプラスされる。)

そして、VISA系列なので、楽天やAmazonさんにもネット決済ができますし!何よりも嬉しいじゃないですか?

後書きにかえて。

現在、仮想通貨投機に復帰しようと目論んでいました。(過去形)

ただし、今更ビットコインの気分じゃないですね。(笑)

爽ちんさんのブログ『信じられるのは仮想通貨だけ』でNEM(XEM)が紹介されていました。

kasoutsuka-sawa-itaya.hatenablog.com

ただし、ビットフライヤーさんではNEMは扱っていないんですよね?

そこでDMMビットコインにアカウントを作成しまして、現在正式承認待ちとなっております。

ただし、DMMビットコインにも弱点はあります。

それは毎日水曜日がメンテナンス時間で一切の行動ができない事。それが特に長いので、そこさえ我慢できれば、元々は金融庁の正式登録業者なので、安心はできるかと。

bitcoin.dmm.com

よく、僕のブログでもAdSence広告が載っていますので、よく目にするかと思いますね。(笑)

よかったら、調べてみる価値があるかもしれません。

(追記:Googleさんは6月に仮想通貨関連の広告の禁止を決定しました。)

Xaif(テックビューロさん)もいいと思うんだけど、あそこは昨日、業務改善命令が出たでしょ?逆にいえば、これから良くなってゆくと思うのです!期待して損はしません。

あとでカテゴリーを”bitcoin”から『仮想通貨』に変えようかと思いますね。

(追記:後日、仮想通貨のカテゴリーを削除します。)

長くなってしまいすみませんが、この辺で失礼いたします。

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それではでは!御機嫌よう!