Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

【朝ブログ】仮想通貨 みなし業者 3社廃業へ…。

f:id:einhander1341:20180309043637j:plain

皆様、昨日は御馳走様でした!

昨日の時点、1日のアクセス数が446に達しました!

これもはてなブログの表紙に載ったおかげですね!

現時点では、まだまだ未完成の仮想通貨ですが、ついにみなし業者3社が廃業と相成りました。

僕が知る限りでは、マウントゴックスに次いで2度目となるでしょう。

『仮想通貨はこれからが本番』だと書いたブログも見かけました。僕自身は『バブルは終わった』と過去に書きました。

仮想通貨が『お金の革命』として認知されるには、まだまだ時間がかかると思うのですよね。

仮想通貨の法整備が急がれる中で、今日2018年3月9日の日本経済新聞からピックアップいたしますね!

 

金融庁による調査で仮想通貨交換業社3社が登録申請取り下げ→廃業へ。

金融庁は8日、仮想通貨交換業者3社が登録申請の取り下げを申し出たと発表した。

3社は顧客から預かる仮想通貨や現金の返還手続きなどを経て仮想通貨交換業者を廃業する。

(中略)

登録申請の取り下げを伝えたのはビットステーション(名古屋市)、来夢(三重県鈴鹿市)、ビットエクスプレス(那覇市)。

いずれも2017年4月の改正基金決済法施行前から運営している「みなし業者」。

金融庁はコインチェックの事件を機に登録審査を厳しくしており、今後、申請を自ら取り下げる業者が相次ぐ公算は大きい。

From 日本経済新聞 2018年3月9日記事より

 

改善命令が出た仮想通貨交換業者。

登録業者(16社中)

テックビューロ

GMOコイン

みなし業者(16社中)

以下改善命令

 コインチェック

 バイクリメンツ

 ミスターエクスチェンジ

以下停止命令

 FSHO

*ビットステーション

命令を受けるよりも前に停止を決めた業者

*来夢

*ビットエクスプレス

アスタリスク(星印)の付いた会社は先述した通り廃業へ。

業務停止命令を受けたビットステーション(名古屋市)は経営幹部が顧客の仮想通貨を私的流用していたことが発覚した。マウントゴックス再びかよ?(苦笑)

FSHO(横浜市)は高額の仮想通貨の売買時に取引の確認すらしていなかった。

まぁ、僕は呆れているのですよね?

もう、言葉にできない。

ただこれだけは言えるのですよ。

『億りびと』(仮想通貨成金長者)に憧れるのは勝手だけど、生活費をつぎ込んで不安定な取引に一喜一憂することが、どれだけ精神衛生上良くないのか、おのずと解るはずでしょう?

本多静六さんに学ぶ、投資の極意。

手っ取り早く成功せんとする人は、手っとり早く失敗する人である。真の成功には速成もなければ、裏道もない。あせらず怠らず、長い道を辛抱強く進んでいくよりほかはない。

by 本多静六

 それとワンスモア!

貯蓄生活を続けて行く上に、一番の障りになるものは虚栄心である。いたずらに家柄を誇ったり、いままでのしきたりや習慣にとらわれることなく、一切の見栄さえなくせば(収入の25%を強制的に貯金する)四分の一天引き生活くらいは誰でもできるものだ。

by 本多静六

 つまり、本多静六さんの代表3部作『私の財産告白』『私の生活流儀』『人生計画の立て方』を読めば解るかと思いますが、投資をするためには『貯蓄をして』、そこで貯まったお金を『安定運用』するべき(雪だるまの芯にする)だと説いています。それだけじゃなく、信用取引(レバレッジ)をかけるのは絶対に避けるべきで、自分の余剰金による自己責任でやるべきだと厳しく説いています。

本多静六さんが生きていた頃は、関東地方は野山が溢れて、それらをタダ同然に買い入れ、木々を切り倒して、薪として売り払い、土地を平らにならして、鉄道会社(現:JRグループ)に線路用土地として売却しています。

今の世で言えば、S&P500 ETF(米国)や日経225インデックスなどの投資信託がそれに相当するでしょう。

流石に、今すぐ儲かるといった話は、まずありません。それを知ってしまった処で誰が教えるのでしょうか?

教えてしまったらライバルが増えてしまい、自分の首を絞めてしまいます。

もし教えることがあったら、それは他にもっと効率のいい儲ける案件があるか、それをネタにあこぎな商売をするでしょう。(高額な情報商材がまさにそれですね?)

流石に僕は薄給なので4分の1天引き貯金は挫折したけど、バフェット氏の『バビロンの大富豪』における10分の1天引き貯金はすでに超えています。 

人生計画の立て方

人生計画の立て方

 
私の財産告白

私の財産告白

 
私の生活流儀

私の生活流儀

 

僕の仮想通貨のしくじり先生。

よかったら、これをご覧くださいね? 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

ビットコインが好調で、2017年11月時点で1BTC200万円を記録していました。

そこで本多静六さんの教えを元に、投資金額2倍になったら、半額を戻して元本を絶対保証します

これで相場が下がって泣くことがあっても、死ぬことがないでしょう。

そこでさらに手をつけるために、モナコインを買いました。

これがそもそもの失敗の原因だったのです。

分散しても、クリスマスショック(ブラックフライデーなどにより、欧米の投資家が法定通貨を必要としたことにより、仮想通貨をこぞって換金したために仮想通貨の相場が急落したこと。僕の造語。)で仮想通貨そのものの相場が下がってしまい、全体的に損をする羽目になってしまいました。

そこで、僕は仮想通貨取引から一切を取りやめることにしたのです。 

www.alkanet-books.com

これで10648円かけて、22000円まで増えた仮想通貨は16000円にまで下がりました。

『試合には負けたが喧嘩には勝ちました』ね?

しかし、今となってはこれでよかったと思っています。

『投資をした』という貴重な体験をしましたので。これがなかったら、つみたてNISAをする決断が生まれなかったのかもしれませんし、もしかしたら、つみたてNISAでも狼狽売りをしてしまったのかもしれません。

今はじっくりを構えて節約&お気に入りのモノに囲まれて生活をしています。

あとがきに代えて。

人間、誰にしても失敗があるものです。

むしろ僕(他人)の失敗談は、あなたにとって素晴らしいネタになります。

『億りびと』に対して羨望と嫉妬に明け暮れるのではなく、身の丈にあった暮らしをされることをオススメ致します。

『仮想通貨投機は余剰金と自己責任で。』

過去記事。

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それじゃ、またね!(新しい言い回し募集中です!)