Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。上半期中に1冊出したいですね!

MENU

【ムダ遣い】陶器製のコーヒーフィルターを持ってはいけない3つの理由。

f:id:einhander1341:20180131162830j:plain

明日はガラスなど不燃物ゴミの日です。

せっかく陶器製のコーヒーフィルターを買ったのですが、諸般の事情により捨てる羽目になってしまいましたね。

実にもったいないですが、これ以上にプラスティック製のコーヒーフィルターの方がいいのですから、すぐにお役御免となりました。

プロでも使用を遠慮する陶器製のコーヒーフィルター。

理由を述べたいと思います。

 

陶器製コーヒーフィルターは実にめんどくさい。

もし、あなたがレギュラーコーヒー道に目覚めたのならば、陶器製のコーヒーフィルターは避けていただきたい理由があります。

もし、あなたがプロ級のメンテナンス法を所持していたり、プロ以上のこだわりに即したい方は、そのままで充分です。

理由1 割れたら危険。

これは言うまでもなく、割れたら危険だと言うことです。しかも重いですし、どこかの上に置いたら、子供や猫が落としたりする危険もあります。

僕は幸い一人暮らしのペット禁止物件在住ですが、もし地震が起きて落としたりするとゾッとしますね。

理由2 冷えると美味しくない。(温めるのが面倒)

陶器製なので、せっかく熱湯を入れてコーヒーを抽出しても、あらかじめフィルターを鍋で温めないとすぐに冷えてしまいます。

冷えてしまっては、熟成したコーヒーも冷めてしまい、あまり美味しくないのです。

鍋で暖めた場合は火傷にも注意しないといけませんし。実にメンドくさい。

理由3 どうせならば、コーヒーサーバーにお金をかけて欲しい。

耐熱容器のコーヒーサーバーさえあれば、マグカップ2つ用意して、分け入れなくても暖かいコーヒーはしばらくは熱を保ってくれます。

電子レンジ対応ならば、それで温めればいいんですし。

注いで冷える陶器製フィルターにお金をかけるぐらいならば、まだ暖かいまま保ってくれるコーヒーサーバーにお金をかけた方が良いです。

f:id:einhander1341:20180301180958j:plain 

耐熱ティー&コーヒーポットは近所のビバホームで手に入れましたよ!475円税抜きで513円税込だったと思う。

コーヒーフィルターと言えば、メリタにウッドボール!(き・まり)

コーヒーフィルターと言えば、メリタさんが一番しっくりくるかと思います。

すぐにコーヒー道を辞めるおつもりでしたら、一杯用の紙フィルターを買う方がよろしいかと。

しかし、繰り返し淹れるのでしたら、100枚入り120円前後のペーパーを用意すればかなり持ちますね。 

Melitta コーヒーフィルター 【2~4杯用】 メジャースプーン付 SF-M 1×2
 

無漂白でしたら体に害はありません。

もし、行きつけのコーヒー豆屋さんがなかっても、スーパーなどでも豆やペーパーフィルターは売っていますね。

ミルを持っていれば、もう無敵。

僕はミルミキサーも持っていますので、コーヒーを豆のままとして買うこともできます。  

TESCOM PureNatura ミル&ジュースミキサー ホワイト TML161-W

TESCOM PureNatura ミル&ジュースミキサー ホワイト TML161-W

 

挽きたてのコーヒー豆は格別な味がしますよ。

挽いた粉だと香りが飛んでしまうので、僕は冷凍庫に保存していますけど、やはり豆で保存した方が常温でも持ちますし、何かと不都合がありません。

少し面倒ですが、挽きたての豆味に慣れてしまうと、粉で買うよりも豆で買いたくもなります。

今度は豆で買おうかな?あとは酸化を防ぐ密封容器が欲しいですね?

後書きに代えて。

今日も残業のために作業が遅れてしまってすみません。

ただ、アクセス数が伸びまくっていて嬉しい悲鳴を上げております。(ミャ〜)

明日も残業があるかもしれません。

昼はラジオを聴く暇が出来なくってすみません。

radikoだと聴き始めてから1日以内に最大3時間までしかタイムフリーが効きませんし。

聴くタイミングが問題なのですよ。

それと、AMPのエラーが出まくっていて、それの修正に追われてしまい、夕方のブログがそんなもんですみませんでした。

明日はAmazonから荷物が届きますね。

Apple Watch対応のモバイルバッテリーです。これで旅行の時でも安心ですね?

iPhone 8 Plusにはけいおん!平沢唯ちゃんバッテリーでなんとか対応できますし。特に問題はないかと。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。

過去記事。

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

レギュラーコーヒーで適正な濃さが体感できたら、インスタントコーヒーの方が『難しい』ことに気がつくかと思います。

それじゃ、またね!