つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

せっかく給料が入ったのに、コンビニで108円も盗られた話。(笑)

f:id:einhander1341:20180224045048j:plain

(2018年10月22日 更新)

昨日はせっかくの給料日でしたが、少しだけ残念な経験をしてしまった話がしたいですね?

コンビニATM。とっても便利ですね?

僕もデビットカード払いのチャージの為に、セブンイレブンをよく利用します。

そこでの一コマ。どうかお付き合いくださいませ。

 

銀行はゼロないしマイナス金利で庶民からあぶく銭をかすめ取る(泣)

あれは昨日のことでした。

家賃の準備をする為に、第三銀行、住信SBIネット銀行の両方が使えるセブンイレブンに行ってきましたね。

 

第三銀行のキャッシュカード使って給料を引き出した時の事。

「手数料108円が消費されました。」と言う告知が…。

 

今日は祝祭日や土日じゃないはず?おかしいぞ。

よく調べたら、次のことが解ったのです。

「コンビニATMの使用回数が月4回に達しましたので、超過分を徴収します」との事だった。

 

使ってしまっては、どうしようもない。そもそも第三銀行はコンビニATM利用回数の細かな表示をしないじゃないか?怒りというより、自分自身がおかしくなったんじゃないか?とおもった。

 

住信SBIネット銀行の場合は、ランク付けによって月何回の引き落としと振り込みは無料と対応している。

 

この場合、第三銀行は会社との取り決めで、給与口座と決まっている。会社がその銀行と付き合っている以上どうしようもない。(大手コンビニやアミューズメントパークなどは自分のメインバンクを主張できるはずだが。)

 

会社にとって、他社銀行の使用手数料ほどバカバカしいものは無いからだ。

僕はその時に反省したね?

『お金持ちほど、つまらない消費にお金を出すのを惜しむ』と。

 

どうせだったら、近所のマックスバリュで第三銀行のATMから無料で下ろして、イオン銀行ATMで住信SBIネット銀行に入れたらよかったのだ。(笑)

現金を持つことのリスクを恐れよ。

日本人は現金信仰が相変わらず強いですね?

 

僕はその時『安全を108円で買ったのだ』と思うことにしました。

 

まぁ、これは一種の思考停止法で消極的なんですけどね?(笑)

ただ、現金をそのまま持つことは、大変危険なことじゃ無いかな?と思うのです。

僕がデビットカードを使ったキャシュレスにしたのは次の理由から。

  • 現金を直に触らせる非衛生的な環境から遠ざけるため。
  • 現金を取り出すことによる時間的並びに機会的損失を被る恐れがあるため。
  • 現金を持てば、万が一奪われたら第三者に盗用される恐れがあるため。
  • アプリによっては支払履歴が自動で記帳されて、レシートさえ読めば、管理が簡単であること。
  • 貯金の進行具合が目に見えやすい。
  • ネット銀行だったら、Amazonや楽天で決済が可能。(J-Debitは不可能。)
  • 平成の本多静六ismを実践するには、これが必要。(クレジットカードに依存しない。)

いつD★Nから襲撃を喰らうか解らない。もしかしたら集団ストーカーから狙われているかもしれないし。『お金持ちほど、安全に気を遣う』のですよ。

犯罪と危険は常に隣あわせだと思っている。

キャッシュレス現金主義は経済に優しい。

まず、僕が声を上げたいのは、キャシュレスにすることによって、人件費をかなり減らせるので、その分値段の沈下や商品の質の向上を狙えるのじゃないかと思うのです。

 

現金を誰もが持つことにより、レジ係の人数が増える。→人件費が上がり、商品代金が上がる。→生活を圧迫する。→貧乏になる。などの負のスパイラルを生み出すんじゃ無いかと?

 

今更、当然ながら、お年寄りなどに『デビットカードを持て』とは言えません。彼らの時間はすでに止まっているからです。

 

そもそもお店ですら『デビットカード』が2種類もあることを知らないのです。

『デビットカード』=めんどくさいの戦犯はゆうちょ銀行(J-Debit系列発起人)だと言われています。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

クレジットカードを使えば、『ポイントがたまって将来がお得ですよ!』とそそのかされましたが違います。

 

ポイントで縛って、依存させて自由を奪っているのです。

楽天カードの場合でしたら、楽天ポイントは楽天市場の中でしか使えません。

Amazonさんの買い物で楽天ポイントが使えません。

すでにポイントの分だけ対価はあなたが支払っています。

一番のお買い得は『あえて無駄な買い物をしないこと』が一番。

クレジットカードが流行った背景には、名前の格好良さに隠された『帳面買い』の原罪にあります。つまり、支払いを先延ばしにすることによって依存させるのです。

 

その辺は、ZOZOTOWNさんが上手いですね?

ZOZOTOWNさんと言えば『ツケ払い』制度を導入することによって、支払いの約束を先延ばしにすることで確実に儲けました。

 

時事性の高いファッションは『今』を逃すと、欲しかったあの服が『他の誰かに流れたり』、『流行遅れになったりする』おそれがあるがゆえに、物欲にうまくフォーカスを当てたと言えるでしょう。

そこで僕があえて断言しますね?

『一番のお買い得は、あえて無駄な買い物をしない事。』

これに尽きます。

 

そして、将来の自分のためになる『攻めの投資』をして、積極的に活動することが好ましいのです。

その為には、本を積極的に読みましょう。新聞だって取りましょう!(思想の偏りを防ぐ為にも日本経済新聞一択です。)

ブログのネタは日常に転がっている。

ブログのネタは日常にこそ転がっているのです。

特にあなたがやっちまった失敗談は、格好のネタとなるでしょう

 

僕が今回のブログを書くきっかけは『コンビニATMの使いすぎで手数料が108円も取られてしまった事。』これだけです。

これだけで2000文字は軽く超えてしまえるのです。

 

とにかく行動をして、身のある経験を積む事。これに尽きます。

ビジネス誌の成功談なんか見ても誰も面白いとは思えません。

 

それを見ている人は、すでに成功した人であり、それ(読者)以上の経験を与えてくれるものじゃないからです。

僕もその辺を勘違いしていましたね?

 

ブログを10年以上(『侍魂』のようなテキストサイトも含む)もやっていて、その辺に気がつかなったお間抜けさんでした。(笑)

 

今では更新停止した『侍魂』も”Funny Gamers Heaven”からインスパイヤされたものでしたね?

少し長くなってきたので、この辺にしたいと思います。

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それではでは!ごきげんよう!