Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。本格始動まで後少し!やがて、第1章の幕は開く…。

【朝ブログ】-1からでも立ち直れる『うつ病 復職を支援』と僕が背広を嫌う理由。

f:id:einhander1341:20180520070523j:plain

今日2018年02月09日は日本経済新聞からピックアップいたします。

僕はご存知の通り『統合失調症』なので『うつ病』とは病気の性質が異なりますが、漫画本『うつ抜け』というのが示す通り、うつ病はいつかきっと将来は良くなる病気なので、ご安心を願いたいと思いますね。

あの大槻ケンヂさんも、かつてはうつ病でした。

鳴り止まない嵐はないのです。希望を持って生きてゆきましょう。

 

うつ病 復職を支援。

精神科の医師などでつくる「うつ病リワーク研究会」はうつ病などを発症して休職する人の職場復帰を支援するため、一般社団法人「日本うつ病リワーク協会」を設立した。

職場復帰後、症状が再発し、休職を繰り返す事態を防ぐため、適切な治療の提供や質の高い専門職員の養成を目指す。

協会には全国の精神科クリニックや精神科病院、総合病院など945の医療機関が加入する。

僕も過去にセガのアミューズメントパーク(現在は閉店)で勤務していた時に、精神科医に「うつ病」と診断されたが、一向に改善が見られなかった。

ストレスバスターズという診断ゲーム機でスタッフやお客さんが決して出すことのない『ストレス度数98%』を叩き出し、店長を始め、同僚たちを愕然とさせてしまったことがある。その時の診断結果は『一刻も早く専門家に相談しましょう。』 だった。

流石に当時は障がい年金も支給してもらっておらず、アルバイトで稼いだお金で生活していたが、当時はインターネット黎明期でダイヤルアップによるテレホタイム*1で万年寝不足になり、深夜にネットでチャットをしたり、鈴鹿市磯山の24時間ゲームセンター”BigJoy”(現在は閉鎖後、2018年に建物ごと解体された。)で体感ゲームなどを遊んだりもした。当時は金遣いも荒く、自炊もせずに、日夜コンビニ弁当とジャンクフードに明け暮れた。

当然、休職しようという考えには至らなかった。いや、出来なかったのです。

正社員登用の話が持ち上がった時、保険に加入すると給料が減ってしまうので、これを断った機に新店長との意見が合わず、辞めてしまった。

今となっては店が閉鎖したりしたので、辞めて正解だったと感じている。

しかし、うつ病は一向に良くならない。

当時はまだ日本で認可されていない『プロザック』*2をニュージーランドから個人輸入するほどであったが、それでも一次的な改善に持ち込んだ程度であったことを記憶している。

当然、職業安定所(現:ハローワーク)に騙され、過去に今の世でいうブラック企業に勤めた経験もあった為、職安には騙されない!という意思があり、障害認定もおりていなかった事もあり、フリーターとして自堕落な生活を送っていた。

あの時に、職安に相談に行っていればよかったと反省している。

ただし、当時の時点では精神障害者に対する風当たりは強く、厳しい現状であったことを記憶している。

今の世は『働きたいのに働けない』人と『働きたくないでござる!』な人の両極端に分かれている。

うつ病など「気分障害」で休職した場合、模擬職場を体験させたり、リポートなどの課題をこなしたりすることで職場復帰への準備をするのが一般的。

医療機関などのスタッフが専門的な訓練を受けていないケースがあり、治療や復帰プログラムが不十分なまま職場に戻り、再発する人も多い。

働きたくないでござる!の裏側にあるもの。

僕の考えは割にホリエモンに近いと思う。『お金を出してまで働きたい』と思う層だ。

現在、株価が急転落していて、投資をすればするほど、ドツボにはまる状態であり、悪化する傾向だ。

僕は別に過去のYouTuberの様に不労収入を得たいわけじゃない。労働の対価をきっちり払っていただけたら、それで満足だ。(1日のブログ収入がたった2円でも、あ、その日の仕事は2円の価値しかなかったんだな?と納得している。)

本業の理想として、体調管理の時間とブログを書く時間に割きたいので、1日6時間働けたら満足です。残業は体力に余裕があったらしたいと思います。(ただし、現在は効率化の一環で残業すらさせてもらえないのが現状ですがね?)

それ故に『副業詐欺』にひっかかったりして大変拙い思いをしている。それには反省が必要だ。

さて、僕は『働きたくないでござる!』には裏側があるんじゃないかって思うんですよね?つまり、そんな人には『好きなことをして収入を得たい』と思うじゃないですか?

そもそも収入を得る時点で、それはもう『完全に好きな事』じゃなくなる。収入を得るためには、お客様やブログの読者様、広告クライアント(Googleさんやそこに出しているクライアント様)の名誉を傷つけるわけにはいかない以上、制約がどうしても出てしまう。

よくテレビのニュースなんかで、『無職の人が犯罪を犯す』話が出てくるが、もし食べるのに困っていなかったら、そもそも犯罪なんてハイリスキーな事をしないんじゃないかな?精神的に異常がなければの話ですが。 

 つまり、『働きたくないでござる!』とは、『働くこと』によって自分らしさを失いたくない心の叫びの様に思えるのです。

僕が背広を嫌う理由。

『働きたくないでござる!』な人からみれば、背広姿のサラリーマンは『頭のネジが外れたショッカー戦闘員』にしか見えないんです。*3

僕自身も『背広を着る』ことに『吐き気と憎悪の感情』が芽生えている。もし、職場で働くとしたら、作業服か(制服化された)私服か軍服のような制服で働きたいと願っている。

だから、面接の時の僕の姿ほど滑稽で無様で醜い姿はないだろうね?
(当然ながら、そんな人間を採用する奇特な企業様は存在しない。)

仕事とは関係ないが、葬式の喪服以外で背広を着る機会は2度と来ないで欲しいと思います。

だから友達の結婚式には金輪際参加しないし、呼ばれたくもない。あれは家族の顔を立てる為に、わざわざ犠牲になってやっているだけだ。祝福はする。別にこんなくだらないしきたりで縛ることもないと思う。

本多静六さんの『天ぷら会』は実に素晴らしい制度だと思っています。
自宅の客間で揚げたての天ぷらを食べさせて、宴も盛り上がった所に、どさくさに紛れて新郎新婦の紹介をする。実にリーズナブルで貸衣装も必要としない。

三重県津市だったら、お座敷で『うなぎ会』をすればいい。こんないい席は滅多にはないんだけどなぁ。

見栄を張るための結婚式で生活費を削ってしまい、それがきっかけで破綻したり離婚すれば、そもそも本末転倒じゃないのかな?

僕が結婚を嫌う理由はそこにもあります。正直、入籍届けを出す事実婚でいいと思いますよ。

それとは逆に葬式もあげなくていい。さっさと火葬してもらって樹の根元か共同墓地にまとめて納骨してくれればいい。無縁仏で十分。

過去記事。

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それじゃ、またね!

*1:正式名称『テレホーダイ』夜11時から朝8時までの一定時間に近所のアクセスポイントの電話番号に繋げるだけで、どれだけかけても定額料金の範囲内でネットに繋げることができた。当時はモデムという機械が必要だった。

*2:現在は日本でも認可され、国内製ジェネリック医薬品まで出ている。

*3:お笑い番組『オレたちひょうきん族』では明石家さんまさんが怪人サラリーマンを演じて笑い者にしたこともあるし、バブル期に流行した『勇気のしるし』(歌:牛若丸三郎太さんこと時任三郎さん)では自らを『ビジネスマン』と歌い、サラリーマンとは差別化を図りワンランクアップしている。