Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。本格始動まで後少し!やがて、第1章の幕は開く…。

アカウントを4つ消した工作&AdSence参加者が守るべき1つのコツ。

f:id:einhander1341:20180208170434j:plain

(C) U.S.Government. Public Domain.

今日は下手したら危ないことに使われるかもしれないアカウントを4つ消した話とGoogleAdSence参加者に守ってほしい1つのコツを伝えたいと思います。

 

作業場のBGM Yellow Magic Orchestra Solid State Survivor.より

 

違法なことに使われかねないアカウントを4つ消した。

僕自身がもう、違法な事に使う事もないと思うので、アカウントを4つ消した話をしたいと思います。

あるSNSで複数のアカウントを使って集客して、副業に興味ある人をセミナーに誘って勧誘する手口に利用される恐れがありました。

ねずみ講自身がそもそも違法であり、それぞれは形や名前を変えて存在して、あたかも合法であるかのように装います。

手口はここでは書きません。

僕に直接会って話ができるか、メールで問い合わせたら、何からの形でお答えできるかもしれません。

ただし、これだけは断言できます!

今後、そういったグループとは関わりたくありません。

手口については慎重に公表したいと思いますが、僕自身は超がつくほどめんどくさい内向型性格の人なので、そもそも、この手口には向いていません。

今回は、その手口に利用されかねないアカウントを4つも消しました。

全てgmailと某SNSアカウントですね。

彼らは法や規則の抜け穴を使って、裏技を使えと迫ってきます。

複数のアカウントを使って迫ってきたら要注意です。

それ以前に捨てハンを『ビジネスネーム』として使ってきたら、慎重に対処してくださいね。

そもそも、近所の大都市のセミナーに参加して初めて解る。という方式のグループは100%アウトでしょう。

そもそも彼ら自身、素性を明かさないわけですし、素性を明かしてしまって、その名をGoogleで検索したら間違いなくアウトです。

もし、そのようなものに遭遇したらスルーするか、体調不良を装って参加をキャンセルしてください!

僕自身、もう少し法律の勉強をしていたおかげでギリギリ間に合いました。

皆様!『情報商材』のクーリングオフは20日間しかありません!

逆を言えば、20日経っても返金されなければ、警察に被害届を出しましょう!
その前に!消費者センターさんに問い合わせましょう!僕も彼女たちに助けてもらって、解決しました。

万が一に備えて、古いgmailで対処した成果が出ました。正直に僕がAndroidユーザーだったら、今までに築きあげてきたモノ全てが崩れ去る瞬間だったので、iPhoneユーザー(iCloudユーザー)で助かりました。

僕のように引っかからない為に、皆様にも勇気ある決断をしていただきたいと思います。

加害者になってからでは遅いのです。『その手』に乗って収入を得た時点で既に巻き込んでいるのです。

ある意味、年末年始は危険だったのかもしれません。消費者センターさんが動かない時期だったので、グループもそこを計算していたのでしょう。しかし、それが却って裏目に出たようです。

もし、このまま、おだてられ続けられたらと思うとゾッとしますね?

最終的に誰が得をするのだろうか?常に疑問を持っていて正解でしたね。

特に『幹部会員がリア充気取りで海外旅行を送っている』のも考えものですね。そもそも彼らのモチベーションを上げる為の海外旅行費は誰が出しているのか?考えるべきでしたね。今から考えるとゾッとします。

GoogleAdSence参加者が守るべき1つのコツ。

それは『他人に自分のスマホを決して貸してはいけない!』って事です。

つまり、何が言いたいのかと言うと…。

結論から先に言います。『自分のブログのURLを紙に書いて教える事』これに尽きます。それができない場合は、知人のスマホを借りてURLを入力してあげてくださいね。

これをしないと。こうなります。

「ヒロ君、ブログ書いたの?見せて?」

「いいですよ〜!」

「わ〜、面白い〜、あ。これなんだろう…。(広告を見て)ポチッと!」

「ちょ…待て。」(自分のサイトで広告がクリックされる)

もし、これをあなたのスマホでやられたら、Googleさんから「あなたは自分自身で広告に不正クリックしました。その為にあなたのアカウントを凍結します。」と言われます。

流石にまだ1度も経験したことがありませんが、情報弱者に悪意がありません。ただ、知らなかっただけです。

しかし、サイトを運営する責任はAdSence審査を通過された、あなたにあります!

彼らの罪はGoogleさんから見れば『あなたがやった事』にしか見えないのです。

それに『サイト運営責任者』として『クリックをする事を』知人たちに依頼してもいけません。

あくまで広告は『このブログを見て興味を持ってくれた方が初めてクリック&タップする場所』である事を守る必要がありますね。

そして、ブログを編集する端末でログインしたままになっている状態で、あなたのスマホを他人に貸すことは大変に危険ですので、その辺をお気をつけてくださいね?

その辺をクリアすれば、GoogleAdSenceは大変有力な収入源となります。

皆様も、おきばりやす!

あとがき。

今日は短めですが、如何でしょうか?

普段は3000文字で書いていますが、今日は2500文字以内に収まりそうです。

正直、副業をする体力と時間があったら、その分に充てていますし、本業をキャリアアップできれば、それはすでに叶っているはずです。

努力が足りない!と高度成長期の人は一喝するでしょうが、努力をした全てが無駄に帰するぐらいなら、最初から責任と出世を望まないのが、ロスジェネ以降の世代です。

『人生即努力 努力即幸福』ですが、それだけが全てではありません。

そもそも努力は、スカラー(力量)では無くベクトル(方向性)です。

努力だけをして全てを手に入れるのは、漫画の主人公だけです。いや、主人公ですら全てを失うことだってあるのです。

その辺をじっくりお考えくださいませ。

過去記事。
www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それじゃ、またね!