つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

げん玉退会しました!

f:id:einhander1341:20180114052904p:plain

(2018年9月22日 更新)

僕は先ほど、ポイントサイト『げん玉』を退会してきました。

 

先に結論から話しますと、時間コスト対効果ゲインが得られない為です。

 

しかし、げん玉自体は優良なポイントサイトです!

 

ただ、時間があまりにも無かったので、やむなく断念せざるを得ませんでした。

 

誰もが『ハイシマカオリ』さんになれるわけじゃない。

当時、相互リンクを結んでいた『干物女の家計簿。』管理人のハイシマカオリさんは、本業のOL(ボーナス付き)だけじゃなく、原稿料とポイントサイト収入を得て、貯金が1900万円を超えました。

 

その中の稼ぎに、ポイントサイトの親会員があって、これに続いている子会員、孫会員たちの努力があってポイントを受け取り、その現金化したポイントをうまく使って、ポイントサイトを通して買い物をしてポイントを貯めているのです。

 

ハイシマさんの著書でも、『私の真似をしたからといって、稼げるとは限らない。』と忠告しています。

みんなが裏技を使う以上、正攻法が通用しなくなった。

例えば『げん玉電鉄』というすごろくゲームがあったとします。

 

そのすごろくでは、1位に入賞すると大金がもらえるというサービス付きですが、それに到達する為には、『ワープカード』などの裏技カードを使わなければなりません。

 

しかも、そのカードを得る為には各種サラ金ローンカードを作成してアイテムをゲットしても、簡単に1位が取れるわけじゃないです。

 

つまり、正攻法を使っていては勝てる見込みがないのです。

 

しかも、アイテムを使ったり、サイコロを振ったりするのに、スマホゲームで言う所の『スタミナ制』で時間がかかり、一気に進めないようになっています。

 

1位を取っている人は、たった1〜2日でゴールにたどり着いているのです。

裏技を使って、勝とうという欲が生み出す弊害。

中には化粧品やサプリがあって、それをポイントサイトを通じて買うと高ポイントが得られます。

 

定期購入を断って、その商品をメルカリなどで転売して、コストを軽減して現金化する。

 

つまり、こういった事はみんながやっているのです。

 

先ほどの消費者金融カードも同じです。

これをやることによって、物が増えるだけじゃなく、金融信用データにも傷がついて、ここぞというときの信用が失われる恐れもあります。

そこまでして、『勝ち』たいですか?

そもそも物欲がなくなった。(楽天にも用が無い。)

テレビを離脱処分してから、物欲がほとんどなくなり、ミニマリストの仲間入りを果たしました。

 

そして、本多静六ismを導入して、クレジットカード中心から現金主義(デビットカード含む)にシフトしました。

 

消費主義から、投資主義に変わって、今?何が必要か?を考えるようになりました。

 

買い物は自分を素敵にさせるお気に入りのモノと食費にシフトしましたね?

 

だから、ポイントを貯めるための買い物もWAON(紫のWAON現金ポイントカード)のみという有様。

 

プリペイドでブラックボックス化もさせません。

時間は財産。

こんなブログを見つけました。

blogbeginner.click

流石にサテライトブログを作る暇がありませんが、これも一興だと思います。

 

しかし、サテライトブログを作った所で、僕が経験したゲームはいわばレトロ世代〜PSO2Ep4まで。

しかも、昨今においては知らないことの方が多いし、その程度の知識は攻略Wikiを見た方が早いです。

つまり、サブカルにおいては僕の出番は全くありません。

 

ゆえに、サテライトブログを作る必要性がないのです。

 

男の料理なんかは、クックパッドやクラシルが代行してくれますし。

 

ミニマリストブログは、権威的ミニマリストのしぶさんや佐々木典士(ふみお)さんが引っ張ってくれます。

 

僕だったら、Facebook、InstagramかTwitterでタイムラインを濁すかな?(笑)

 

ゆえに僕はミニマリストであって、ミニマリストじゃないのです。

 

(2018年9月22日 追記)

残念ながら、僕は現在、ミニマリストじゃありません。

すっかり脱落しましたが、その方が楽だとも言えるのです。

 

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それではでは!ごきげんよう!