つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

プライベートブランドをうまく使う。

f:id:einhander1341:20180112185134j:plain

冬が厳しい今日この頃、僕はお湯に味をつけていろいろ楽しんでいます。

プライベートブランドとは、大企業がOEMなどで独自ブランドを作成して、宣伝をかけない代わりに安く販売するB級ブランドのこと。

イオンやセブン&アイ、無印良品などが有名ですね?

 

何が一番なのか?

美味しさではセブン&アイが一番だと思う。もともと冷凍食品のテーブルマーク(旧加ト吉)が手掛けてるだけあって一流だ。ただし、三重にはイトーヨーカドーが無いゆえセブンイレブンで買う羽目になるので、値段が高い。

ブランドイメージでは無印良品が一番だが、無印さんの食品は量が少ないし、値段も高い。

便利さにおいては、イオン(トップバリュー)が一番利用しやすい。(三重県内では。)

コンビニではローソンセレクトなどが健闘している事がある。

ぜにやなどは独自のPBを出している。コスモス(マルヤス)はCGCブランドの店だ。

(イオンに吸収されたアコレ(鈴鹿に本社があった)ももともとCGCブランドの店だった。)

PBの欠点。

PBの欠点は企業理念に悪意が見られる場合、消費者に留意しない恐れがあるという事。

最近のイオン製品でも、合成添加物を使わない製品が増えたが、一部製品に『遺伝子組換え不分別』の恐れがある。

最もその企業ですら嘘をついていたら、元も子もない。

安さの裏には何かがあると心得よう。

どうせ安い物を買うのならば。

自然食品の賞味期限切れ近いものならば、ある意味お買い得だ。

1日過ぎた処で死にはしない。

今までキチンとした食品ばかり買って先月の食費が20000円を超えた事があった。

今月は赤字なのだから、うまく付き合ってゆきたい。

舌が肥えてしまった。要注意しないと。

松田の517円マヨネーズに慣れてしまって、キューピーマヨネーズを食べたら、味に違和感を感じてしまった。

値段の安いものになれないと食費がかさむ。

ただでさえ、肉をとって栄養バランスをとらなくちゃいけないし。

もう少し考えようか。

過去記事。

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それじゃ、またね!