Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。本格始動まで後少し!やがて、第1章の幕は開く…。

【朝ブログ】モノが少ないと片づけや掃除がはかどります!

f:id:einhander1341:20171230061938j:plain

皆様、おはようございます。

今年、2017年もあとわずかです!一息入れた後は悔いの無いように過ごしたいものですね?

今朝は物を減らすことによって得られる恩恵について語りましょう。

 

モノが減れば、それだけシンプルにことが運ぶ。

僕はかつて『汚部屋』の住人でした。

物を通してでしか自分を表現できない困った人でしたね。

当時はWindowsユーザーでネトゲ廃人。ペットボトラーじゃなかったけど、ゲームのイベント時間に合わせて生活を縛られました。

まだMacが仕事やお金を運んでくることに気がつかなった頃でしたね。

当然、オンラインゲーム内の部屋も散らかりっぱなし。

部屋テロと称されて、いらない物をぶちまけられる嫌がらせにもあいました。

去年2016年の6月に体組成計を買い換えてから、毎朝4時ごろに目が覚めてしまうのならば、いっそのこと21時に寝て睡眠時間を確保してしまえと早寝早起き生活にシフトして、オンラインゲーム中心の生活を辞めました。

それから、少しづつですがモノを減らして、シンプルライフを心がけたら生活がガラリと変わりましたね?

もともとモノが少ないのだから、片付けも楽になり、掃除もはかどりました。

今まで部屋に集まっていたモノは、あなたが今までに時間と引き換えに稼いだお金が変化したものです。

無駄なモノに支配されていたという事は、それだけあなたが犠牲にした『過去』を無駄にしたという事です。

僕は自分を戒めて、片づけを続けました。

そして、僕はめでたくミニマリストになりました。いや、すでにミニマリストであることを指摘されるまで気がつかなかったのです。(笑)

テレビを手放すだけでも掃除はグッと楽になる。

テレビって、手放した今だからこそ言えるのですが、あれってなんでこんなに掃除が大変なのだろうか?

テレビの静電気自体がホコリを呼び寄せますし、通気孔にホコリが詰まってしまいます。

それにテレビ台の掃除がまた大変なのです。

ガジェットが収束した今だからこそ!

昨日のブログを参考にしてください。 

www.alkanet-books.com

今では、すっきりとした暮らしがやりたければ、ノートパソコン(MacBook Proなど)、スマートフォン(iPhone、Androidなど)、電子書籍端末(AmazonKindleが一番いいかも)などがあれば、他は食事と睡眠と入浴と排泄ができれば問題がありませんね。

僕は電子レンジすら持っていませんし、ミニマリストによっては冷蔵庫や炊飯器を持っていない人もいます。

メンドくさいがミニマリストの電動力とも言えます。

家事をするのが面倒くさいので、物を減らして最小限にする。これって実に合理的じゃないですか?

余ったお金で資産運用するなりすればいいのですよ。(笑)

いや、余った金ではダメだ!最初から天引き貯金すべきである。(笑)

それだけゆとりある生活が得られますね。レッツトライ!

ホテルや旅館の空間にホッとする理由は?

それは、寝泊りする必要最低限のモノしか置かないので、余計なノイズに悩まれることなく、安心できるからじゃないかな?

それを自宅に持っていけたら、どれだけいい生活が待っているのでしょう。

余計なノイズは、壁に貼られたポスターからも発せられます。

目があったら安心できませんね?

僕もEVA日本刀展のポスターを剥がしたら、落ち着いて眠れました。

キャラクターの視線が気になって落ち着かないのです。

ポスターはもう要らないかな?

壁掛けカレンダーも要らないです。

iPhoneのアプリ”Staccal2”は120円課金の有料アプリですが、便利なことこの上ないです。iOSのカレンダーアプリを補完してくれますよ!

カレンダーのプレゼントをNTTドコモさんから受け取るはずでしたが、断りましたね。

もともと要らないのだからね。余計なものがないとそれだけすっきりするものです。

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

余計な一言。

ついに、このブログも記念すべき101記事目に達しました!

これも読んでくれる皆様に感謝ひとしきりです。

ありがとうございます。

2018年も、このブログをよろしくお願いいたします。

後でブログを追加しますが、良いお年をお迎え下さいませ。

それじゃ、またね!