Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。本格始動まで後少し!やがて、第1章の幕は開く…。

異業種交流会のススメ。

f:id:einhander1341:20171223201435j:plain

写真はアスト津一階の喫茶店で頂いたカフェラテのアイリッシュコーヒー。

前々から飲みたかったのです。(アイリッシュフレーバーはアルコールが入っているみたいなので、車移動では飲めないのです。)

今日は三重ライフハック研究会に参加しましたね。

そこで異業種交流会に参加することをお勧めする理由について語りたいと思います。

 

視点が変わると経験をより深く積むことができる。

今日は僕自身が何かを得るというよりは、他の参加者に僕の知識や経験をおすそ分けをして、感心してもらえたことが何よりも大きかったですね?

僕自身は自分に自信を持っていいということが解ったし、他の参加者は僕の話を聞いて目からウロコだと言ってくれた。

たとえば、ブログを書きたいけど、どうやって書いたらいいのか解らないし、できればブログで収入を得たいと言ってましたが、僕がAmazonKindleで電子出版をすればいいと言ったら、彼の人生計画になかったことだと言われました。

つまり、僕にとっては当たり前のことでも、他人にとってそれは珍しかったり、新しいことなのです。

投資の話だってそうです。

僕にとって、つみたてNISA(投資信託)は『ゼロないしマイナス金利の時代を生き残るためのサバイバル術』でしかないのに、他の人にとってこれはすごいことだったのです。

もちろん、僕から見て、他の参加者の職業の話は新鮮でしたね。

アイリッシュコーヒーだって、どんな味かは実際に飲んで見ないと解らないのです。

時に不安だったりしますよね?
そんな時はリスクを恐れずに飛び込んで見て、実際にどうだったか?経験してみるといいのです。

どんなに頑張ってもダメな時だってあります。

それは「リンゴが熟す前に台風がやってきて、実らずに落ちてしまった」だけなのかもしれません。すぎてしまったことを悔やんでも遅いのです。

時節を逃しても先に進むこともまた必然なのです。

2018年の目標は何か?

色々ある中の一つに、ブログなどを通じて、本多静六さんの教えを広める。

その為には、僕自身が実践して体感することが先だと思うのです。

「給料4分の1天引き貯金法」もそうですし、投資もそうです。

貯金して、お金を貯めて雪だるまの芯にする。これも実際にやっています。

舞い込んできた仕事はきちんと受ける。これもやっています。

今回の研究会で本多静六さんの教えを広めることができて成功だと思いますね。

そして、AmazonKindleで電子出版にも挑戦して見たいと思います。
いつか、三重か名古屋で電子出版のセミナーをやりたいですね?(ある程度売れてからやりたいです。)

iPhone、Mac、そして、AmazonKindleとPoints of Youで人生が変わりました。

僕はこの感動を伝えたいと思います!

つみたてNISAの報告会があったら、参加したいですね!

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 

それじゃ、またね!