つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

ネガティブなことを考えるのは自然なこと。

f:id:einhander1341:20171211053111p:plain

(2018年9月16日 更新)

朝起きるとやたらネガティブな考えが浮かんできませんか?

 

これは夢から現実に引き戻された為に、よく起きることです。

 

現実って、決して自分の思うように行きませんよね?

 

ネガティブになることは、自然なものなのです。

 

ネガティブになるのは自然の摂理。

まずはこれを見て欲しいですね。

any-stress.com

人間の脳って、佐々木典士(ふみと)さんの本でも書かれている通り、「5万年からのアップデートが一切なされていない。」と評します。

 

僕自身、朝ブログを書く時は、迷いに迷います。

 

色々な考えでフィルターにかけて「よし!これが一番気になるな?」と思うことのみを書きます。

 

本当はネタ帳を書かないといけませんが、ネタ帳のストックのほとんどをボツにしています。

 

いっそのこと、ネタがない時や体調の悪い時は、あえて朝のブログを書かないのも手です。

僕のブログでの縛り。

これは僕が僕自身を苦しめていることになりますが、これが却っていい結果になっているとも言えます。

 

それは今まで得意だった、ゲームネタ、アニメネタなどのサブカルネタを封印することです。

 

それゆえ、ネタが尽きた時は、苦しみもんどり打ちます。

 

すると、ゲームネタを書けと闇の声が聞こえてきます。

 

例えば、ゲームネタを書いた場合は「Aという存在を全面否定する!」といった描写になりやすいのです。

Aという存在には、熱狂的なファンがいます。そのファンの心を踏みにじる可能性だってあるのです。

 

否定した文章を書くと、当然どこからか嗅ぎつけて炎上に持って行こうとします。

炎上すれば、一時的にアクセス数が増えますが、同時に信用も失います。

 

ここで唯一正しいのは「僕はAに興味がありません。」とやんわり書くことにしています。

 

それ以前に、元からそれ自体を書きません。

僕のソシャゲー嫌いは、多くの方が理解してくださっていると思いますし、無意味な争いを生みたくありません。それにソシャゲーを毛嫌いしているのではなく、ソシャゲーを経験した上での判断です。

 

それがゲームという娯楽から引き離したことによりますし、他にも色々楽しいことはいっぱいあります。

 

もっと見聞を広めてくれればなぁ。と思いますね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 

それではでは!ごきげんよう!