つらい時こそ笑顔で。

十六夜(izayoi)ヒロが運営するVtuberへの道なブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

Magic Trackpad 1は良い意味でAppleらしくズボラ脳に効く!

f:id:einhander1341:20171208045643j:plain

(2018年9月16日 更新)

昨日はあれから気持ちが高ぶってしまって、結局はMagic Trackpad 1をゲットしてしまいました。

 

これが面白い奴で、感覚的な操作が得られるのですよ。

 

MacBook系には標準装備ですが、これがあったらマウスパッドの狭さに悩まされずに済みます。

 

1でもよかった理由。

旧式の1でもよかった理由は、電池式で充電の手間が要らない事かな?

 

後は新型の2は大きさがAmazonKindle Paperiwhiteぐらいの大きさがあるのに、1は手のひらサイズです。

 

そして、ハードオフに売られている品物は比較的綺麗で、底面に傷がついていたぐらいです。

 

旧式の1はAppleさんにはすでに売られていないですし、Appleさん自身、本体以外は値引きしません。(障がい者割引は廃止されました。

昨日はつけてみました。

f:id:einhander1341:20171208051114j:plain

こんなにスッキリ!

 

USBマウスでBluetooth設定後、少しずついじって自分の感覚に合わせて来ました。

 

2本指で下にシャーっと動かすとスクロール。
1本指でタップするとクリック。
2本指でタップするとサブクリック(マウスで言う所の右クリック)

 

色々と面白いですね。(笑)

問題点があったけど…。

一つだけ問題点があるとしたら、再起動後にすぐにタップできないことがわかった。

 

そこでUSBマウスでログインしたら、Appleのサポートサイトのディスカッションに解決法が書かれていた。

 

「物理的にグッと押すか、矢印キーを押す。」以上でした!

 

この強弱さに慣れるまで時間がかかりました。

買って良かったか…?

Macユーザーにだけ許された、感覚的な操作。
こればかりは、Windowsユーザーには伝わりにくいと思います。

 

結局、時間泥棒になってしまい最初の操作で悪戦苦闘したが、慣れるとズボラ脳に刺激して、すっかり虜になってしまいました。

 

デスクトップMacユーザーの方には、これをお勧めしたいと思います。

 

(追記 2018年9月16日)

現在は、VRoidなどのツールを使って開発するのに、細かい動作が必要なので、マウスに戻りました。

 

いずれ、Magic track padはハードオフに売りに出そうかと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

過去記事。www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 

それではでは!ごきげんよう!