Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。本格始動まで後少し!やがて、第1章の幕は開く…。

【朝ブログ】楽天銀行JCBデビットカードを申請しました!

f:id:einhander1341:20171126055457j:plain

本多静六さんはとにかく現金主義を貫いた方でした。
実際に現金で管理すると、家計の流れがよく見えてきます。

だがしかし、今やキャッシュレス時代です。
現金を持つことがどれだけリスクなのかも、もちろん考えています。
そして、僕が持っている財布にも限度があります。

そこで、キャッシュレス時代に現金主義を貫き通す光の道筋、デビットカードについて語りたいと思いますね。

写真は着ぐるみ業者さんからお借りしてきました。(多分、ネット取り込みだと思います)

 

カード買いをしたら、即、現金精算をすべし!

これは今の家計簿でやっていることです。
今の時点では、現金の動きはないが家計簿上(ヴァーチャル)で現金が動いたことにするのです。

しかし、これでも矛盾が生じます。
それは、クレジットカード払いにすると実際のお金が動くのは1〜2ヶ月後になります。
そうなると、前もって次の月の初めに計算する「クレジットカード払い予想額」を立てなければならなくなり、次の月の生活費を圧迫することになるのです。

デビットカードとは何か?

カード払いには2つの流れがあります。

一つはクレジットカード。これはツケ払い(帳面買い)です。お金がなくても買える代わりに後日に請求するものです。カード破産の多くはクレジットカードが原因によるものが多いのです。

もう一つはデビットカード。これは口座の中にある残高を即時に引き出して、精算するやり方です。残高が足りなければ、そこで買い物が成立しません。

現金主義を通すカードは、このデビットカードです!
デビットカードにはクレジットカードと違って審査がない上に、高校生から持つことができます。レシートさえ持ち帰れば、家計簿にだってつけることもできます。(残高照会ログインさえすれば、いつでも見られます。)

日本のデビットカードには2種類ある!

一つはJ-Debit系列。これは、ゆうちょ銀行などが始めた日本独自のデビットカード規格です。
もう一つは、海外ブランド系列。日本では主にJCB、VISAがあります。

僕はゆうちょダイレクトを申請しましたが、これが思うように使えないのです。
オンライン口座としては機能するのですが、デビット支払いには使えない。

そもそも、J-Debitの仕組みを知らないと、思わぬしくじりをしでかすことになるのです。

money-lifehack.com

意外とJ-Debitが使えない。(役に立たない)

残念ながら、J-Debitカードが使える場所は、一部飲食店などの、ごく限られたリアル店舗のみです。(全国で45万件程度、四六時中使えるわけじゃない。)

さらに、ネット決済が使えません。
つまり、AmazonKindleで電子書籍をダウンロードしようにも、J-Debitではネット決済ができず、クレジットカードを使わざるを得ないのです。

J-Debitカード発行の手間は一切、いりません。地方銀行の残高さえあれば、普通のキャッシュカードで、そのまま使えます。

しかし、第三銀行といい、百五銀行といい、J-Debitでは海外やネットでは自由に買い物ができません。

そもそも、ゆうちょ銀行もブランドデビットを取り入れるべきでしたが、J-Debitをやろうと言い出した手前上引くわけにもいかず、J-Debitをごり押しせざるを得ません。

その点で、前払い口座としてのゆうちょ銀行ダイレクトに意味がありませんでしたね?

ネット対応のデビットカードといえば、都市銀行かネット銀行!

ネット決済をデビットカードで行いたい場合、どうすればいいのでしょうか?

それは都市銀行で作るか、ネット銀行で作るかすればいいのです。

都市銀行の場合。

  • 三菱UFJ東京銀行、みずほ銀行など。
  • (欠点)大都会でないと自社ATMが限られた場所にしか存在しない。(例:三菱UFJ東京銀行のATMで一番近い場所はS町のエディオンまで行かないと使えない。)
  • (欠点)都市銀行対応のATMがコンビニATMの減少で使えなくなりつつある。

ネット銀行の場合。

  • 楽天銀行、イオン銀行など。
  • 当たり前だが、そもそも自社ATMが存在しない。(イオン銀行はあるけどね?)
  • (欠点)数回までの現金引き出し手数料は無料だが、頻繁にやると手数料が却って高くつく。それはデビット払いの利用で緩和されるはずだが…。
  • (欠点)デビット口座への送金手続きが面倒。

そこで楽天銀行JCBデビットカードを作りました!

僕はもともと楽天カード所持者なのです。つまり、楽天会員ということ。

そして、海外ブランドカードを作る際には、どっちか聞かれるのですが、ここは迷わずJCBを作るべきでしょう。

JCBの方がポイント効率が高いのです。VISAなんて持ってる感だけです。

楽天銀行にするメリットは、NTTdocomoアプリ「マネレコ」で管理することができるから。

以前はVISAデビットカードを使っていましたが、あまり使いこなすことができませんでしたね?

今度は大丈夫かと。

なぜ、写真がパンダなのか、もうお分かりですね?

パンダ=楽天。
雪玉には由来があるのです。
それは本多静六さんが「最初は貯蓄をして小さな雪玉を作る。これを投資運用して、雪玉をだんだんと大きくする。」こうおっしゃってました。

将来の負債(ツケ払い、帳面買い)から現実のお金の残高(現金主義)にシフトすることで、経済感覚を研ぎ澄ましたいのです。

ブックマークの返事。

  • 時間は本当に財産ですよね!1日1時間テレビ見たら365時間になれば、他に何か自分が好きなこと充実させれそうですよね(*^^*)断捨離の行動力がすごいです!2017/11/25Add Stareinhander1341einhander1341einhander1341

今では、仕事とブログと読書、ラジオが僕の生活の基盤となっています。
ヨガをする時間も生まれると思いますから、これはかなり有意義なものでしょう。
テレビは脳のスイッチがオフになる上に、情報がダダ流れするからノイズも凄まじいですし、一種の金縛り状態になりますから、時間が足りなく感じますね。

僕はお金をかけて、時間と空間を買いたいと思いますよ。( ^∀^)

過去記事。

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それじゃ、またね!