Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。本格始動まで後少し!やがて、第1章の幕は開く…。

お金に好かれる人は、長財布を持たない。

f:id:einhander1341:20171123181218j:plain

よく、風水などで見かける「お金持ちは長財布を持つ」とありますね?

これには根拠がありません。

何故でしょう?

僕が調べたことを書きます。

実は他のサイトで調べたのですが、このサイトに書かれていたことが最もしっくりきたので、転載しておきますね。

お金持ちだけが知っている!!二つ折り財布を使う8つのメリット - 俺の革財布 Mens wallet

 

 

なぜ?長財布=お金持ち説が流れたのだろうか?

よく占いの本とかで、「お金持ちになりたければ長財布を持ちなさい。」と言われますね?
僕はそんな占い師さんは、逆に信頼が置けなくなってきたように感じます。

理由は次の通り。
占い=統計学だから。つまり、たまたまお金持ちの人が好んで長財布を使うことが多かったから。例えば、社長クラスや実業家などは、大きな背広を着ることが多いですね?
そうなると、胸ポケットに入る長財布が便利なのです。

しかも、長財布は現金を多く入れることができるので大きな買い物で活躍します。

つまり、現金をたくさん持っている=お金持ちのイメージがついたから、確率論的に「長財布を使うとお金持ちになれる」という都市伝説が通って来たのです。

本当は違う。二つ折り財布こそ素晴らしい!

長財布には弱点があります。それはスリの危険性が大変高いという事。
ズボンのポケットに入れたら、それこそ「スってください」と言わんばかりです。

二つ折り財布にはいろんないい点があることは先ほど紹介したサイトにも書かれていますが、特に気になったのは二つ。

一つは、セキュリティが高いということ。ジーパンや背広のポケットに入れても感覚的に密着しているので、警戒しやすいということ。

もう一つは、あまり現金やカードが入らないので、無駄な買い物をせずに済むという事。

流石にマイナンバー施行後は、マイナンバーと免許証を同時に持たなければいけなくなりましたので、その分余分にカードを入れることが難しくなって来たのです。

そうなると真っ先に断捨離せざるを得ないのが、スーパーやドラッグストアのポイントカード。

ポイントを稼ぐために買い物をすることが出来ないので、それだけ無駄が省けます。

僕が普段持っているカードはこれ!

  • 第三銀行キャッシュカード(メインバンク、給与口座)
  • 第三銀行ダイレクトカード
  • 百五銀行キャッシュカード(旧メインバンク)
  • 楽天VISAクレジットカード(これから新規で作るときは、JCBにしておくように!)
  • オートバックスメンテナンスカード
  • エネオス石油ポイントカード(500ポイント貯めたら、やっと500円と交換できる)
  • 三洋堂書店カード(買取時に書類を書く手間がはぶける)
  • スギ薬局カード(これはそのうち取り除く予定)
  • 住民基本台帳カード(通称マイナンバーカード)
  • 運転免許証
  • 持病の診察券
  • 歯科医院の診察券
  • 国民健康保険証
  • 晴明神社遥拝札
  • 金属製白蛇様カード(金運アップ)

思ったほどに、それほどカードを持っていませんでしたね?
ポイントカードはすでに取り除いてありました!

お札の入る場所に、紙製龍神様カードが入っていました。

ダヤンの革財布にしてから、いいことがあった!

本来、中古品の財布は使うべきではないと言われていますが、僕が買った財布は「ダヤン革財布」です。セレクトショップで10000円のモノがラクマにて5000円で買ったものです。(正確には新古品です。)

その財布を使うようになってから、貯金のペースが上がり、ついに念願のMac miniを買うことが出来ました!

財布選びのコツは、「あなたにとってそれが『ときめく』かどうか?」です。

二つ折り財布にすればいいこと。まだある。

それは小銭が増えるとすぐに膨らむことかな?
そうなれば、できるだけ小銭を使おうとするでしょ?

レシートだって入ったら、それこそ大変ですし。

まとめ。

結局のところ、長財布を持ちたがるのはホワイトカラーで年配の人が多いかな?
女性だったら、バッグに入れて持つでしょうし。

二つ折り財布は、若い人に比較的人気があるようです。

これからの時代は、もっとお財布はコンパクトになるでしょう?

下手したら、キャシュレスの時代になるかもしれませんね?

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 

それじゃ、またね!