Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。電子書籍出版開始!『ラジオdeメールの読まれかた』発売中です!

今、迷っています!AmazonKindleはん、買う?買わない?

今日のミッション。明日から(10/30〜11/3)の弁当用おかずの調理。

今日のミッションは台風に耐えながら、弁当用のおかずを2品作ること。

f:id:einhander1341:20171029151645j:plain

内容は、大豆とキャベツとしめじの塩胡椒だし炒めとスイートチリソースで手抜きをした玉ねぎのナムル風マリネでした。

味見は特にしていませんが、多分、美味しいでしょう。

大豆と…は、定番メニューなので、すでに慣れた味。もう少し変化があってもいいじゃないかと思うのですが?

飽きたら、カレー粉を振りかけて炒め直そうかと思いますね。

 

今、迷っています!AmazonKindleはんを買うべきか?買わざるべきか?

 

f:id:einhander1341:20171029151712j:plain

うちの本棚には、この写真の分とムックが1冊あります。本の所有者としては少ない方ですが、これ以上の本を揃えようと思ったら、いちいち読み終えた本を売り捌かなければなりません。

 

そこでフォロワーさんから、電子書籍の楽天KoboとAmazonKindleと比べたら…。

 

即答で、AmazonKindleに軍配が上がりました!(笑)

 

楽天Kobo

メ)電子書籍の購入時に楽天ポイントが相互で使える。(僕は楽天カードを所持。)

デ)紙の書籍の電子化のみなので、同人あがりの作品が読めない。

デ)多くの出版社の作品がカヴァーされていない場合は、紙の書籍で買う必要がある。

 

AmazonKindle

メ)電子書籍の大半をカヴァー。同人あがりのセミプロ作品を激安価格、パブリックドメイン作品を無料で読むことができる。

メ)電子インク利用により、目が疲れない。(スマホアプリで導入したが、さすがに目が疲れる。)

デ)一部出版社の作品がカヴァーされていない場合は、紙の書籍で買う必要がある。

デ)(追記)場合によっては、紙の本の中古品の方が安い場合もありうる。

 

電子書籍のメリット

大量の書籍データを持ち歩いても、本棚がかさばらない。

端末から削除した書籍データはWi-Fi(モデルによって場合が異なる。)によって、再ダウンロードが可能。

新書価格が激安で手に入る。

大量の本をポーチバックで気軽に持ち歩ける。

プッシュ機能で惑わされることがないので、読書に特化できる。スマホのバッテリーを軽減できる。

(追記)ダウンロード販売なので、通販時の「待つ」ドキドキ感はないが、イライラもしない。つまり、時間にゆとりが持てる。その上、廃刊にならない限り「売り切れ」がない!

 

電子書籍のデメリット

物質化されていないので、読み終わっても古本屋に売ることができない。

端末によっては、カラーが白黒に限定される場合がある。(スマホアプリはカラーのまま。)

端末が故障したら、しばらくは読書ができない。

初期投資が高い。(これは仕方がないか?)

 

もし、AmazonKindleを買ったら、本棚がすっきりするのかぁ。

想像してみると、楽しいかもしれないね?

 

今すぐって訳じゃないけど、11月初めに決断したいと思いますね。