Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。上半期中に1冊出したいですね!

MENU

鶏胸肉のウィスキー蒸し焼き、いっちょ上がり!

f:id:einhander1341:20180514182252j:plain

鶏胸肉のウィスキー蒸し焼きが出来上がりましたね。

昨日は弁当のおかずを作るのが面倒くさくて、何もできませんでした。

今日は体調が良いので、明日からの弁当代節約のために、鶏胸肉を焼きましたね。

作業場のBGMはQueenのThe Gameから行ってみよう!

38年前の音楽だとは思えない良い音色!

それじゃ。

"Here we go~!"

 

レシピも公開!実に簡単。

用意するものは、鶏胸肉340g、131gの玉ねぎ、そして、大さじ2杯のウィスキー。さらに塩コショウとココナッツオイル。

これだけです。

まずは鶏胸肉からは皮をはぎ取ります。

そして、鶏胸肉を1cmの厚さにスライスして、筋繊維に沿って一口大に切る。

玉ねぎの皮をむいて、一口大に切る。

そして、フライパンにココナッツオイルをしいて、フライパンを温める。

フライパンが十分に温まったら、一口大に切った鶏胸肉をフライパンに入れて、焦げ目をつける。

焦げ目が付いたらかき回せるようになっているので、裏返して、玉ねぎを入れる。

そして塩コショウをふりかける。焼く前に塩コショウをかけたらもっとベターです。

鶏胸肉にまんべんなく火が通ったら、ウィスキーを入れて、蒸し焼きにする。

アルコールと水気を飛ばす為によくかき混ぜる。

程なく火が通ったら、出来上がりです。

仕上げに塩コショウをさらに振りかけます。

久しぶりの夕方ブログですが…。

軽く味見をしてみました。

鶏胸肉がジューシーに仕上がって美味しいですね。

ウィスキーが全く感じられません。

奥深さに隠れてしまったのでしょうか?

カレー粉をかけたらもっと美味しくなったかもしれませんね?

肉がふんわりしていて、柔らかいです。

これは鶏胸肉を筋繊維に沿って切った結果だと言えるでしょう。

スパイスがもっと多かったら、塩辛なくて済んだのかもしれません。

明日からのブログはどうするべ?

今の時点で考えられるブログのネタは次の通りです。

  • Apple Watch必勝法。
  • バイオメガ3 飲用レポート。
  • 明日の筋トレはどうする?(精神科→薬局→ジムと大忙し。)

iPhoneSE2(iPhone(2018))が9月に延期された事を親友の碧乃あか男様(id:mraka2015)に知らせたいところです。

バイオメガ3ちょっと違うんじゃないのか?

あとでリライトしておきますが、某ブログの紹介サイトでバイオメガ3がEPA810mgDHA540mgとありましたが、これって実際は6粒(一食分)の量なのです。

最大18粒(3食分)とありますが、2食で十分じゃないかと思うのです。

粒が小さいから、ネイチャーメイドよりは飲みやすいと思いますが、誇大広告はちょっといただけませんね?

180錠は入っているが、一食6粒では30食分。まぁ、これでもネイチャーメイドよりは中身が濃いんでしょうけど、2839÷30=1食94.633…≒95円。

却って、こっちの方が高いという計算になります。

ネイチャーメイドが薄すぎるんだと思います。ネイチャーメイドの一食の概念が薄すぎるんですよね。(笑)

バイオメガ3一食分(6粒)と比較して、バイオメガ3はネイチャーメイド一食分(1錠)の5倍のEPA、DHAとなっております。

やはり、どっちもどっちかな?(笑)

流石にネイチャーメイド4粒連続呑みはツラいけどね?(笑)

最強の食べ方。脂質と炭水化物はちょっと気をぬくとこれだ。

マクロ栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)の3大栄養素を重点的に摂ることにした。

www.alkanet-books.com

タンパク質は特に大事だ。ジャンクフードを食べれば、脂質と炭水化物はあっという間に増える。

タンパク質は鶏胸肉、ささみ、サラダチキンを摂れば何とかなるし、プロテインは必須だね。

もう、おやつはプロテインでいいぐらいです。

最近、暑いので喉がすぐに乾いてしまいますね。

鈴鹿現場は、飲用の水道が無いので、自販機に頼るか、水筒を持ってくるしか無い。

さっきのチキンは塩コショウが多過ぎたな。(笑)

塩分も気をつけなければならないですね。

あとがきに代えて。

久しぶりの夕方ブログですが、取りまとめのないブログになってしまいましたね。

何かリクエストがあったら、積極的に取り入れたいと思いますので、改めてよろしくお願いいたします。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

過去記事。

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それではでは!ごきげんよう!