Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。上半期中に1冊出したいですね!

MENU

【朝ブログ】ミニマリスト失格…。それでも心が楽になった理由。

f:id:einhander1341:20180505050551j:plain

僕をミニマリスト認定してくれた笹崎武蔵さんが昨日のTwitterで『ミニマリズムから外れているから、あなたはオリジナルの行き方を極めてください。』と言われ、ショックを受けたものの、これで肩の荷が下りた。

そんな楽になった話でもしたいと思います。

今日2018年5月5日の朝ブログは、『ミニマリスト脱落』について語りましょう。

作業場のBGMは、葉山宏治さんの超兄貴〜兄貴のすべて〜をかけようと思います。

それじゃ、行ってみよう!

"Here we go~!"

 

必要なモノがたまたま多すぎて、ミニマリズムから外れてしまった。

最近、買い物ばっかりやっています。

最近、多いのですよ。『自分はミニマリストなので、買いません。』と無駄な買い物をしないのは結構ですが、ミニマリストという看板だけが先行していて、気取った若者が多いように見受けられます。

現在、台湾を旅行中の極限派ミニマリストルパン座3さん(id:rupannzasann)のように、ミニマリストを極める人もいますが、どうしてもモノを持たない自慢になってしまい、極限派の意見があまりにも強すぎて、『自分はミニマリストじゃない』と卑下する人が多いように見受けられます。

僕は別に『ミニマリスト』という看板にこだわらなければそれでいいじゃないかと思うのです。

そもそも『脱ミニマリスト』という看板を掲げることにも意味はありません。

ただ単に、所ジョージさんのような『マキシマリスト』にならなければ、それでいいのですよ。

『ミニマリスト』自体、極限なほどに無駄を削ぎ落とした人であるから、とがって当然なのです。

そして、その一部の尖った人に憧れて真似を始める。

その『真似』が危険なのですよ。

例えば、『ミニマリストしぶ』さんの様になりたくても、あなたはミニマリストしぶさんにはなれません。

ここに過去のブログに書いたある言葉を再び贈ります。

英雄ってのはさ、英雄になろうと思った時点で失格なのよ。

by 北岡秀一(仮面ライダーゾルダ) From 仮面ライダー龍騎

 自分それぞれが、オリジナルの人生を歩んでいます。

誰もが他人になることを望んでいるわけではありません。

僕がどんなに努力をしようと思っていても、ミニマリストしぶさんやTestosterone社長にはなれません。

まして、もしかしたら、『十六夜ヒロ』(理想の自分)にもなれないかもしれません。

僕は統合失調症の無名ブロガーの〇〇(法律登記上の自分の本名。Facebookで公開。)であり『それ以上でも、それ以下でもない』のです。

僕は必要だと思ったから、いろいろなグッズを買い揃えた。
それ以上でも、それ以下でもありません。

私はシャア・アズナブルだ。それ以上でも、それ以下もでない。

by シャア・アズナブル From 機動戦士ガンダム(1stガンダム)

しかし、自分自身がそれ以下になるのは簡単です。他人の真似をしたり、卑下したり、嫉妬すれば、あっという間です。

逆にそれ以上になろうと思ったら、血の滲むような努力をしてもたりません。

お釈迦様(ガウタマ・シッダールタ世尊)の教えに『弓を完全に張り詰めたら弦が切れてしまうし、緩んでしまったら矢(音)は遠くにまで飛ばない。何事も中庸(中立)が一番なのだ。』と。

努力をすることに善悪はない。大事なのは『過程』です。

僕は振り込め詐欺の犯人が許せませんが、彼らも情報弱者からお金を巻き上げようと『必死に努力をしています』。

努力そのものに善悪はありません。努力は一種のエネルギーにすぎません。

結果は善か悪かの違いでしかありません。

正義のヒーローが困惑しているのに対し、悪役は悪事を楽しんでいます。 

悪魔とのおしゃべり

悪魔とのおしゃべり

 
神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

 

映画『スーサイド・スクワッド』を見ればわかる通り、悪役が揃ってアメリカを救う映画がありましたね。 

スーサイド・スクワッド [Blu-ray]

スーサイド・スクワッド [Blu-ray]

 

人気漫画”ONE PIECE”だって、主人公一味は海賊ですが、正義のために体を張っています。

そもそも、戦争が起こるもっともな理由は、『国家がお互いの「正義」がぶつかったために衝突・紛争』が起きただけなのです。宗教しかりそうです。

むしろ、『和』を重んじる日本(天津神系)の方が世界の非常識なのです。

いくつかのプロセス(過程)を得て、結果にコミットする。

結果はコントロールできません。なるべくしてなった過去にすぎません。

心は楽になった。身体が苦しんでも、それは一時的なものだ。

僕はテストステロンの効果を実感して、筋トレを本格的に始めようと思いますね。

サオリーナは津市が運営している市民体育館です。

だから、私立なスポーツジムと違って『今だったら事務手数料と入会金はタダにするから、6ヶ月以上は通ってね!』などといった姑息な手段は使いません。

月単位で4800円なので、やめたい時はいつでもやめられます。(入会は津市民に限られるけど。)

自転車通勤になってから、少しは前向きに慣れましたね。

現在は足腰と上腕二頭筋しか鍛えていませんが、自宅でダンベルをいきなり買っても、運動する方法を知らなければ、使いようがありません。

今は、身体を鍛える経験をお金を払ってまで得ることが重要だと判断しました。

もちろん、ダンベルがなくても自重トレーニングで筋肉を鍛えることは可能です。

しかし、初心者ほど経験者の意見を併せ呑む必要があるんじゃないでしょうか?

今日は午前中に体力測定をしてサーキットトレーニングを組んでもらいます。

私立のジムだったら10000円前後かかるのが、4800円だから安いものです。

これから定期的に通うかと思います。

もしかしたら、体力系の一般就労のチャンスだって恵まれるかも知れませんし、自分に自信をつければ、面接だってうまくいくかも知れませんね。

 

そんな現状に甘えることなく、日夜精進してゆきたいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

過去記事。

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それではでは!ごきげんよう!