Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。上半期中に1冊出したいですね!

MENU

【朝ブログ】Amazon Kindleをこれから買おうとしている方に。

f:id:einhander1341:20180421043036j:plain

AmazonKindle PaperWhiteを使ってみて、そろそろ感想を述べた方がいいかな?と思ったので、急遽、書いてみました。

これから電子書籍を買う際には、必ずや参考になると思いますので、ぜひ読んでいってくださいね。

経験者の意見が一番、重みがありますよね。(笑)

 

真っ先に結論を言えば…。

AmazonKindle電子書籍端末は主に5種類あります。(2018年4月21日当時)

手っ取り早く答えを求める方がいますので、結論から先に言いますと。

一番のオススメは…。

AmazonKindle PaperWhite マンガモデル32GB+キャンペーンなし+Wi-Fiオンリーです。
(2018/04/21当時の税込17280円+保護フィルム代)

これが一番、コスパが高くてオススメです。

僕は4000円をケチったために、非常に後悔していますね。わずか4000円をケチった為に、さらに1万数千円以上のもう一台の端末を欲する結果と相成ったのだから。

理由は後で述べますが、手っ取り早くお買い物がしたい場合は、こちらをクリックして間違いありません。

www.amazon.co.jp

電子書籍はどっちがお得なのか?

主な電子書籍ブランドは、楽天KoboとAmazonKindleの2つがありますが、Twitterの相互フォローの東ゼロさん(東京在住)の話によると、Amazon一択です。

僕が今までに感じたAmazonにした方がいい理由は、次の通りです。

  • AmazonKindleの方が和書の蔵書数がはるかに多い。
  • KDPで同人誌(電子出版)のチャンスが広がる。(Alkanet-Booksのそもそものきっかけはここにある。)

AmazonKindle端末を比べてみました。

このブログを参考に書いてみました。よかったらご覧ください。

www.tarappism.com

1)AmazonKindle(無印)

長所:値段がなんと言っても安い。(U10k=10000円でお釣りがやってくる。)

短所:バックライトがないので、そもそも明るい部屋の中でしか読めない。

短所:解像度が荒く、(『ろう』=鹿3つ)などのマイナーな文字が潰れることもある。

東ゼロさんはこの端末を使用している。

漫画の蔵書もあまりとれず、パソコンでいちいち削除してはダウンロードしての繰り返しをするので、こまめな人にしかオススメできない。

2)AmazonKindle Paperwhite

長所:一番コスパが高い。

長所:解像度が300dpiにまで細かくなったので、文字が見やすい。

長所:バックライトがあるので、目が疲れない。

短所:一部の電子書籍によっては、画像データでアップロードされたものもあり、ピンチ&ズームができない為、文字が潰れたまま読みづらいこともある。

短所:4GBしかメモリが無いので、漫画をため込むとすぐにメモリーオーバーする。

僕が現在(2018年4月21日当時)使っている端末はこれ。

www.alkanet-books.com

約半年(5.6ヶ月)使ってみて、色々と残念だった機能が見受けられたので、近い将来に買い換えようかと思っている。

それと、AmazonPrimeにこの際、入ってみたくなってきたので、オススメする。

Prime会員だと最大4000円もお買い得(お値打ち=名古屋弁)なので、Primeに入っておいても損はない。

ここで注意すべきなのは、先にプライム会員になっておくこと。年会費は3600円なので、年会費で払った方がいいかもしれない。(僕はすでに体験入会期間が過ぎてしまった。) 

www.alkanet-books.com

5.6ヶ月で15280円(防護フィルムのぞく)だから、2728.円になりますね。

あまり後悔はしていない。といえば嘘になるので、次に書いておいたマンガモデルをお勧めしたい!

3)AmazonKindle PaperWhite マンガモデル

長所:300dpiで細かい解像度にピンチ&ズームでさらに細かく、注目することができる。(スマホではデフォルト。)

長所:バックライトが目に優しく、スマホと違って目が疲れない。

長所:32GBまでメモリがあるので、マンガだったら約700冊。書籍だったら数千冊が格納可能。

長所:画像中心のためか、ページめくりスピードがスムース。

短所:2000円をケチってまで目を瞑ることができるかどうかが決めですね。

短所:防水じゃないので、お風呂場で読めない。(これは今までの端末同様。Kindle端末ではoasisのみが防水。)

僕がこれからKindle端末を買おうとしているのでしたら、一番プッシュしたい機種がこれ!

これのキャンペーンなし(+2000)でWi-Fiモデル(+0)だったら、間違いなく勧める。

3Gモデルに関して物申すならば、iPhoneなどでテザリングができれば、Wi-Fiモデルで十分です。

3Gモデルだと、通信費は出版社負担だが、速度も遅いですし。そんなにこだわらなくてもいいかも。(+5200円払いたいですか?)

4)Kindle Voyage

長所:解像度が300dpiと細かい。

長所:明るさの自動調節機能がついた。

長所:とにかく軽い!

長所:ページめくりボタンが快適!

短所:値段がねぇ…。

短所:ここまでやっても防水じゃない。

実際に持ったことがないのでなんともいえないのですが、この中途半端さはちょっと疑ったりもしますね。

5)Kindle Oasis

長所:唯一の防止機能!これでお風呂場でも読める!(そこまで長風呂するよ?)

長所:32GBのメモリが四次元ポケット並みの性能を誇る。

長所:とにかく軽い!使い心地は天上のモノだそうだ!(体験者の話による)

短所:本を読むためだけに34800円も払えますか?

ブルジョワ向けKindle端末。これは最高に素晴らしいのですが、僕は『それだけ』のために、高いお金を払う勇気がない。(笑)

あとがきに代えて。

キャンペーン情報に関しては、Amazonさんのお勧めを差されるのだから、鋭いところを突いてくる。

しかし、これはお金を使わせようとさせる策略なので、わざわざ引っかかる必要もないですね。

そのタメの+2000円だったら、永続的であれば安いものです。

検索機能に関してはパソコンのAmazonサイトで調べた方が確実なので、検索ワードをうまく組み合わせる方がいいかも知れない。

5.6ヶ月Kindle端末を使用して、良かったこと、後悔したこと、挙げてみました。

それと、Kindle Unlimitedは月980円ですが、これは読書家であったら入っておいた方がいいでしょう。

まぁ、1度に10冊まで借りられる有料図書館みたいなものですが、Kindle愛好家のほとんどがKindle Unlimitedに入っています。(中にはプライムリーディングを使っている猛者もいますけどね。)

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

過去記事。

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それではでは!ごきげんよう!