Alkanet-Books.com

Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。上半期中に1冊出したいですね!

相手は機械だから聞く耳を持たない。

f:id:einhander1341:20180118191054j:plain

愚痴を聞くのも言うのも嫌いだ。

何故ならば、聞く方は聞いてもらえるだけで解決するから。もうすでに相手の中で解決策が出ている。ただ、自分が正しいと言う証拠がないので僕にいちいち確認する。

正直、面倒臭い。

一方、言う方は、甘ったれるな!と逆にボロクソに叩かれるから。

僕ぐらいのクラスになるとプロのメンターが必要なのだが、そう言った人にもその人としての事情があるゆえ、気軽に相談できない。

結局、僕のやるべき事は、法的な拘束力の及ばぬ範囲内では、自力で解決せざるを得ない。

愚痴にならないように気をつけるので、しばしおつきあい願いたい。

(今回はカフェイン濃いめに。睡眠負債で眠たいのです。)

(作業場のBGM:ジンギスカンからのQUEEN II)

 

あれは寝ようと思った時のことだった。

21時過ぎ。これから寝ようと思った時のことである。

電話がなる。

BEEP!BEEP!

とりあえず、受話器を取ってみると。

BEEP!BEEP!

ファクシミリの送信音だけが流れるので、声をかけても返事がない。ただのしかばね…じゃなくてファクシミリのようだ。

相手側の受話器に聞こえるように願って、『間違いですよ〜!』とだけ返事をして電話を切った。

 

5分後。

BEEP!BEEP!

再び布団から飛び起きて、受話器を取る。

BEEP !BEEP!

「間違いですよ〜!」受話器を置いた。

相手はファクシミリだから僕の声が聞こえない。

多分、用紙エラーだと思い込んで繰り返したのだろう。

 

しばらくして。

 

BEEP!BEEP!

「(いい加減にしろ!)」受話器を取る。『いい加減にしてください。』

しかし、ファクシミリの相手は容赦しない。

BEEP!BEEP!

受話器を置いて、破滅的な衝動を抑えながら布団の中に潜り込む。

 

X分後。

相手は観念したのか、ようやくBEEP音が鳴り止んだ。

怒りの発作が出てしまい、なかなか眠れなかった。

午前3時にて。

冬の寒さのあまり、目を覚ましてしまった。

3時38分。ポストに日本経済新聞が届く。

何かいいネタは無いかと読んでみる。

『L*NE、Yahoo! JAPAN積立投信事業に乗り出し計画』

『格差社会からネオカースト(階級社会)へ』

『複合機能からの単一機能特化への復権へ(ラジカメから一眼レフへ)』

『北朝鮮ますます孤立する中、平昌オリンピックへの参加』

『稀勢の里、不調』

など。

前のエントリーでいじめを思い出し、つまようじボウガンとショックペンが気になって、ブログを書く。

会社で。

睡眠負債で、1件のみミステイク。

そして、(現行)武器の写真が載っていることに気がついて、GoogleAdSenceから非承認になるんじゃ無いかと思って(ちょっとだけ被害妄想に)、武器画像削除。

できるだけ隙を見せないように、正気を保った。

帰り道〜家に帰って。

イオン系スーパーで爪楊枝を衝動買い。(イメージ画像製作のため。)

f:id:einhander1341:20180118154654j:plain

おやつを食べながら、コーヒーを飲む。

しかし、睡眠負債で眠たい。

明日は上司の総合研修のため、仕事が昼前に終わる。

しかし、資金難でFM三重さんへの貢物計画が中止になりました。

明日の『はなきん+』のテーマは『カラオケの思い出は?』

無い!というか言いたく無いです。(笑)

僕の出番はないな?

歌を忘れたカナリアはおとなしく去ります。

ブログを書きながら。

とりあえず、今は2018年。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPart2』の時代設定は2015年。

その世界では、まだファクシミリが全盛期で”You're Fire!”(貴様はクビだ!)というメッセージが乱立していた。

1985年から見た、30年後の未来なんてそんなもんかぁ。

一方、テレビ版『新世紀エヴァンゲリオン』の時代設定は2015年。

きょだ、もとい、人造人間エヴァンゲリオンは2足歩行ができても、アンビリーカブルケーブル(電源コード)の接続が外れた状態での活動限界時間はたった5分弱。

1995年から見た、20年後の未来はまだ進んでいない。

戦う搭乗型ロボットは『クラタス』(日本)と『メガボット』(アメリカ)が限界。

でも、エヴァの世界じゃ、ガラケーで精一杯かも。

とりあえず、僕自身はファクシミリを断捨離™️したので、ファクシミリ音を遮断する機能のついた電話機が欲しいと思った今日でした。

それにしても、間違い電話は忠告ができるけど、間違いファクシミリはツッコメないから、始末に負えない。

旧アパートの事件を思い出す。

僕が16年前、水のトラブルで追い出される前の旧アパートでの一コマ。

『天むすさん、X人前注文!』

はぁ?

どうやら間違いファクシミリと間違い電話のようだ。

何度注意しても、いろんな人が同じ間違いを繰り返すので、NTT西日本にクレームを告げた。

どうやら電話回線が混線している模様。(自動交換機のバグもとい不具合)

これはアパートを追い出されるか、Eメールが発達するまで続いた。

終わりに。

これだから、情報弱者は困る。(僕は僕自身ですらまだまだ『情弱』だと思っているがね?)

相手のレベルまで下げて対話しないと意味が通じないので、こっちの親切が難解だと思われるのだよ?(これ以上噛み砕くと却ってややこしくなる。)

せめて、ファクシミリを断捨離した僕の家の事情を理解してくれないかね?

そもそも、ファクシミリって解像度が低いから鮮明な画像が送れないんですよ?

まぁ、しょうがない。

睡眠に関する機会損失はここまでにして、睡眠負債を返しますか。

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 それでは、お休みなさいませ。