Alkanet-Books.com

Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。上半期中に1冊出したいですね!

【朝ブログ】土鍋でごはん!

f:id:einhander1341:20180116050643j:plain

過去の行動を思い出しますね!

もし、重大なライフラインである電気炊飯器が使えなくなった時!ごはんが食べたい!ってなるでしょう?

大抵はカップラーメンで済まそうとしますが、ここは温かいご飯を食べてみたいと思うのが世の情け。

そこで『火力訓練』と称して、土鍋でご飯を炊いてみました!

 

火力訓練!土鍋でごはんを炊く。

やり方は一度慣れたら簡単です!ただし、玄米の土鍋炊飯にはある特殊な技術が必要なので、ここは精白米を使ってください。(京都の某所に土鍋玄米炊飯セミナーがあるが、授業料がべらぼうに高いです。)

 

参考文献はアベナオミ著『被災ママに学ぶ ちいさな防災のアイデア40』です。

(51ページ、DAY16食を参考。)

災害時など無洗米じゃなくても洗わずに炊飯することができます。

 

白米2〜3合用意する。

水加減は人差し指第一関節が浸るぐらいにする。

30分以上水に浸す。

 

強火にかける。

沸騰したら弱火にして15分

火を止めて15分以上蒸らしたら出来上がり。

(蒸らし終わるまで蓋は開けちゃダメです)

(十六夜ヒロ注:某弁当チェーン店のごはんの様に湿度を保つために炊飯用の油を使う場合もあります。ここでは炊飯後にごま油をティースプーン一杯いれてかき混ぜますと、湿度が保って柔らかいごはんが持続しますね。お試しあれ。)

実食!お米が立って美味かった!

f:id:einhander1341:20180116052505j:plain

カセットコンロによる火力訓練は無事に完了。

あとは食べるだけです。

1合炊きが出来ないのが弱点だけど、一人暮らしでも2〜3日は持つかな?(そこで、ごま油が活躍します!)

できれば、蓋が耐熱ガラス製のものでしたら、調理中の過程も見えて安心です。

お米の粒がシャッキリと立って、とても美味でした!

昔はかまどで炊いていたごはんなので、そんな味がします。

(僕の幼少期の実家はガス炊飯器だった。)

最近の電気炊飯器はかまど風味の再現に注目してるので、性能のアップデートに驚いています。

うちはプロパンガスなので、災害時ですぐにシャットダウンすることがありませんが、カセットコンロぐらいは、ミニマリストでもセーフティーネットとして持っておいたほうがいいでしょう。

しかし現在は…。

f:id:einhander1341:20180116053540j:plain

現在は、玄米を食すことが多くなり、玄米の炊ける電気炊飯器を買ってから、これに頼ってばかりです。

また機会があったら、せっかく白米を持っているんだし、土鍋炊飯をしてもいいかな?とさえ思えるのですよ。

土鍋炊飯ができるスキルを持っていたら、野外生活や震災復興時に役立ちますので、ライフハックの一環として覚えられることをおすすめいたします。

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 現在、GoogleAdSenceは却下されてしまったので、2週間の冷却期間を置いています。

それまでにリンク切れと他社のアフィリエイトを外しておこうかと思います。

もともと本業が4時間勤務とは言え、最近は忙しくなりました。

朝のゆったりした時間が非常に助かります。

 

それじゃ、またね!

(2018年01月17日追記)

ついにリンク切れのリライト作業が終了しました。

それなりにしんどかったですね。

これから新しいブログに向けて、少しだけ思考錯誤してゆこうかと思います。