Alkanet-Books.com

Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。上半期中に1冊出したいですね!

【朝ブログ】排水溝のバケモノと洗髪のバカモノ。

不調が続いて、今朝も2時に目が覚めた。

一昨日は1年半以上も続いた体組成計ばかりもついにサボってしまいました。(それほどにまで追い込まれました。)

カフェイン入りコーヒーを飲まないと、頭が冴えないですね。(寝ろ!と言われてもやむなしですね。)

今朝のブログは、昨日の朝のことを話します。

なぜ画像が無いのか?それはグロいから。(笑)

僕は今まで洗髪は風呂桶の上でやっていました。

いい年を超えているのだから、当然抜け毛もありうるわけです。

去年の末ごろから、湯船にお湯を張るとお湯を抜いた時に床の排水溝からお湯が逆流するでは無いか?

シャワーが中心(一人暮らしはシャワーの方が経済的です。)だったので、気がつきませんでしたね?

そこでメンテナンスとなったのです。

まずはパイプユニッシュと重曹でやって見たけど、全く効果がありませんでした。

そこでダメ元で風呂の排水溝に重曹を振りかけて、そこから続いている洗い場の排水溝を分解して見ました。

底が浅く、これ以上洗い様が無かったかと思われたが、さらに分解することに成功しました。

そこには恐怖の光景が!

『髪の毛が排水溝に絡まっていたのです!』

ミニ貞子が排水溝に潜伏しているような状態です。(笑)というより(怖)。

大量の髪の毛が排水溝を塞いでいたために、湯船に張った大量のお湯を流しにくくしていたのです。

その原因はわかりきっています。

日頃の洗髪による抜け毛が溜まったのです。

僕は使い古しの割り箸で、髪の毛をつまみ取って、ことなきを得ました。

写真に撮るにはあまりにもグロいので、サムネイルは洗浄後のお風呂を写したね。

f:id:einhander1341:20180108044208j:plain

これで風呂場に平和がやってきました。

それでもイライラする。

それでもイライラしていました。

なぜか考えて見た結果、正月にお歳暮でもらった空き箱が部屋に散らかっていたのです。

これが不快なノイズを発していて、脳内にこびりついたのでしょう。

それだけじゃありません。楽天ブックスからダイレクトメールが届いたり、部屋に侵略していました。迷惑千万です!

そこで必要最低限のものを残して、あとは捨てることにしました。

部屋を掃除してやっとスッキリしました。

日本人の悪しき習慣。

僕が気の狂った(SAN(正気度)チェックに失敗したり、もともとSAN値が低い)ことがある上での発言だが、日本人って何かにつけ、過剰なパッケージで取り繕う癖があるんじゃないでしょうか?

正直、ウインナーソーセージの窒素ガスでパンパンになった袋を見て『ふざけんなよ!』とげんなりします。

(僕だけだと思いますけどね?)

ポテイトチップスのように『壊れないようにガスを詰めて保存する』だったら話はわかりますよね。

お歳暮なんて、何が嬉しいんだろうか?

直接渡すにしても、旅費だって莫迦にできないし、運送にしたってかさ張って運送コストもかかる。

あ、別にAmazonや楽天を使うな!と言っているわけじゃありません。

その時には、運送屋さんに『〜中、お疲れ様です。ありがとうございます。』と必ず唱えていますよ。

Amazonの本だったら、AmazonKindle(電子書籍)にすることによって、運送の手間と待ち時間を解決できますし。いいことづくめじゃないかな?

Apple製品のようにパッケージそのものが芸術になれば持っていていいな?と思えるし、実際ヤフオク!なんかで『iPhoneの空箱100円(送料別)』なんてのもありますよ。(笑)

とにかく日本人は余計なパッケージに詰めすぎです!

そして、そのパッケージが使用後に大量のゴミになると本当に忍びないですよ。

確かに、パッケージがあると高値で売れるというものもありますし、量り売りはめんどくさいというのもわかります。(万引き防止という考えもあるし。)

しかし、パッケージを残しても今はリサイクルショップの買取査定にはコンピューターで総合計算されているから、そんなに大差ないですよ。

日本人はパッケージに支配されすぎです!

今日から生活の立て直しです!

今日だけ働いたら、明日は苦しい胃カメラ撮影検査の日です。

それに寒くて深く眠れませんので、昼から眠剤をもらってこようかと思いますね。

家計簿も計算して、再出発と参りましょう!

さぁ、今日だけ頑張ろう。

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 

 それでは、またね!