Alkanet-Books.com

Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。上半期中に1冊出したいですね!

【朝ブログ】本多式「給料4分の1天引き貯金法」をオススメする理由。

f:id:einhander1341:20171212052625j:plain

皆様、おはようございます。

貯金にはモチベーションが大事ですね!

今朝は本多式給料4分の1天引き貯金法をお勧めする理由を述べてみました。

 

貯金にはモチベーションが大事!

貯金にはやる気が大事なのです。

例えば、1年で1000000円を貯めようとして、月83334円を貯めようとするなんて、無理もいいところです。

僕の給料は月平均で136884円です。(皆勤でこれだけ。)

仮に月20000円だとして、1年で240000円。
ただ、月20000円貯金だと甘えが出てしまいます。

残った金額で貯金しようとすると、失敗します。
ここで活躍するのが、天引き貯金なのです。

本多式給料4分の1天引き貯金法が素晴らしい!

本多式給料4分の1天引き貯金法のすばらしいところは、額面を決めるのではなく給料の状況により変動することです。

やり方は簡単。
1)給料から4分の1を天引き貯金しておく。
2)副収入は容赦なく貯金する。

2017年12月は失敗したけれど、2018年からはつみたてNISAが始まるので、容赦なくやらねばなりません。

僕の場合は?

給料(22日勤務の場合)136884円

136884円×25%=34221円(貯金)
136884円-25%=102663円(生活費)

貧乏に慣れて、やっつけることに成功すると、生活水準が慣れる。
やがて楽になる。

34221円×12=410652円

410652-120000(つみたてNISA差分)=290652円

290652-110000(2018年10月の車検見積もり)=180652円

実際には車検代は10月に支払うので、その時までに間に合わす必要がある。

素晴らしいのがここ!

月30000円貯金だと、端数マジックの恩恵を受けることができないのですよ。

そして、投資目的の出費には遠慮しないで出すことも大切です。

それでは、時間がなくなったのでここまで!

参考文献はこちらから。

joshitsuku.com

じゃ、朝ごはんを食べて、会社に行ってきます!

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それじゃ、またね!