Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。上半期中に1冊出したいですね!

MENU

【朝ブログ】エコバッグというモンスター。

f:id:einhander1341:20171210044459j:plain

エコバッグってご存知でしょうか?

スーパーのレジ袋を辞退して、社会に貢献するマイバッグ運動がきっかけになっているようですね?

しかし、可笑しいと思えるのが布製ならば容認できるのですが、ポリ製品のエコバッグってとてもじゃないが変じゃないですか?

それについて語ってみたいと思います。

 

マイバッグ運動があるうちは正常だった。

そもそもエコバッグのきっかけとなった「マイバッグ運動」とはいかなるものだったでしょうか?

www.ecobagdepon.com

一般消費者の暮らしになじみつつあるエコバッグですが、
その歴史は1990年代に入ってからの「マイバッグ運動」に
端を発しているという説があります。
レジ袋が無かったその昔、1950年代ごろまでの日本では、
買い物には「買い物カゴ持参」のスタイルが一般的でした。
商品はお店で包んでもらってから自分のカゴに入れて持ち帰る、
豆腐は豆腐屋に鍋を持って買いに行くのが当たり前で、
プラスチックのゴミなどはほとんど存在しない社会だったのです。

《オイルショックが転機に》
70年代に入り、高度経済成長が進むにつれ、丈夫で安価な
ポリエチレン製のレジ袋が急速に普及しました。
しかし1973年のオイルショックを経て、石油資源のムダ遣いを
見直す消費者運動や、増え続けるゴミ問題などをきっかけに、
買い物に専用布袋の試験導入や、レジ袋の再利用促進などの
啓発活動が徐々に盛り上がっていくことになりました。

ここまでは正常だったのです。

おかしくなったのは、このあたりから。

しかし、おかしくなったのは日本でのことであり、ドイツのことではありません。

環境先進国のドイツでは布製のマイバッグは当たり前だったのです。

1990年代の初め、ドイツで普及していた布製エコバッグが日本に紹介され、
続いて大手スーパーなど量販店がエコバッグの販売を開始。
レジ袋の辞退者にポイントを還元する割引サービスが展開され、
マイバッグ運動=レジ袋削減運動のイメージが定着しました。
その後、温室効果ガスによる地球温暖化への世論の高まりを経て、
大手スーパーではレジ袋の無料配布を中止したり、エコポイント制の
試験的導入など、店舗と消費者の仁義なき「レジ袋戦争」は
今後も当分は続くと見られます。
これに並行して、マイバッグ運動も着実に浸透し、今日の日本では
おしゃれなデザインや色・サイズのエコバッグ製品を数多く見かけることが、
日常の風景となっています。

僕が日本のエコバッグについて、どんな風にNO!と言っているのか、しっかりと読み解いていただきたいと思います。

まず、エコバッグという存在について語らねばなりません。

そもそも、「エコバッグは商売になる!」これ自体がおかしいのです。

ドイツと日本じゃ、動機が違うのです。

ドイツについてはすでに引用で語った通りですが、日本の場合は「貢献」を人質に大手スーパーは金を巻き上げていると思うのです。

真面目な日本人。社会に貢献すると言われりゃ、平気で金をドブに捨てる。
まだ、喜捨に応じるならば、胸もスッキリするのですがね?

現在は大きく2つの流れをとっています。
1)エコバッグは新しい商売を生み出した。
2)エコポイント制からレジ袋負担金制へ。

そもそも、ポリエチレン製のエコバッグがある時点でおかしいです!
石油製品の無駄遣いを防ぐ意味でも、布製のマイバッグ運動を行うべきでしたがね。

仮に2700円のダヤン・エコバッグ(ポリエチレン製)の場合を計算してみますね?
2700÷5=540回 540回も買い物に使わなければ、元が取れません。
しかし、このエコバッグは作りが甘く、すぐに壊れてしまいました。そして廃盤。

864円の布製エコバッグの方が長持ちするでしょうね?それもすぐに飽きてきますね。
(物を買ったら、数日後には当たり前になり、そして飽きてきます。)

それにスーパーへ通う顧客のモデルケースが「4人家族=夫・妻・子供2人」ですね?ひとり暮らしのミニマリストなんか、アウトサイダーもいいところです。

エコポイント導入よりもレジ袋負担金制にした方がいいメリットもあるのです。
システムに負担をかけるよりも、レジ袋をお買い上げいただく。こっちの方が店側にとって楽なのです。(ポイントつけたかつけないかでクレーマーが揉めるので。)

僕はひとり暮らしなので、レジ袋がちょうどいいサイズのゴミ袋に収まるのです。

小さいゴミ袋をわざわざ買っただけでも、27liter300円20枚入り(@15円)を買うよりも小サイズ3円を負担するか、レギュラーサイズ5円を負担した方がお金に優しいのです。しかも、かさばらないですし。

大手スーパーはケチになったのです。そうしないと雇用が守れたり、会社組織が維持できないから。

常識を疑え!

僕がこれっておかしいんじゃないかな?と思ったまでです。

世間一般でこれが常識だと思っていることで、これは違うんじゃないかって思ったら、発信してゆく。

これって大事なことだと思います。

過去記事。 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

 

それじゃ、またね!