Alkanet-Books.com

Alkanet-Books.com

十六夜(izayoi)ヒロが運営する電子出版レーベル『アルカネットブックス』公式ブログ。上半期中に1冊出したいですね!

ポイントカードなんて要らない!

f:id:einhander1341:20171117160011j:plain

スーパーのポイントカード、お店と仲良くなりたくて会員登録してしまったことがありませんか?

でも、よく考えるとこのカードのメリットって、店側の都合にいいことばかりで、お客さんにメリットはほとんどないんです。

 

実際に役に立ったのは、WAON(またはnanaco)ぐらい。

中部電力サービスサイト「カテエネ」のポイントプランに加入して、カテエネポイントが電気代の削減に使えるようになって、WAONは用無しとなりました。

katene.chuden.jp

 

ビバホームとかのポイントカードなどは、500ポイント以上溜まらなければ、特典が受けられないのです。

そのポイントを貯める為には、無駄な買い物が必要って…ふざけるんじゃありません!

 

特にスギ薬局のポイントカードには客側にメリットがありません。

ポイントでもらえるものは、大抵激安ショップで買えるものばかりです。

 

客側で役に立ったのは、現金還元のWAONとEdionだけ。

WAONに至っては、200円ごとに1ポイントです。(nanacoは100円に1ポイント)

役に立つポイントカードは限られている。

例えば、三洋堂書店のポイントカードは買い取り時の書類手続きが簡素化されます。

そして、楽天カードはENEOSの給油時にクレジット払いをすれば、ポイントが2倍つきます。しかし、支払いは忘れた頃に請求されます。

 

楽天カード自体、光熱費を銀行振込にする事によって、あまり役に立たなくなりましたね?

唯一必要なのは、ネットショッピング(AmazonKindleなど)だけ。

 

NTTDocomoの家計簿アプリ「マネレコ」を使用する為に、支払いルートを整理しました。

支配者層の思惑に従っているのか?

プリペイドカードにすると、何がおかしいのでしょうか?

それは、常に家計簿をつけて、お財布がわりにしていれば問題はないのですが、Suicaなど万能カードになると「支出のブラックボックス化」するのです。

 

プリペイドで都合がいいのは、現金がすぐに調達できる店側の方なのです。

確かに、客側にとってキャッシュレスになりますが、そうしたければデビットカードにすればいいだけです。

 

日本ではJ-Debit(銀行系)が主流ですが、ネットの世界ではVISAかJCBが主流です。

日本では楽天銀行や住信SBIネット銀行など、ネット銀行でなければネットデビットカードが作れません。

日本でのクレジットカード信仰が、まだまだ強いのです。

 

クレジットカードは支払いが1ヶ月遅れなので、肝心なときに現金がない!なんて事になるのです。よって、お金が貯まりません。

 

現金払いがダサいとは思っていませんよ?

僕は現金払いが時代遅れだとは思っていません。

虚栄心で余計な出費をするよりも、無駄な買い物をしないほうがかっこいいと思っています。

 

クレジットカードはやむなしの時以外は使いたくありません。

 

カード払いがカッコいいのは、給料がある一定額以上もらえる豊かな層だけです。

僕にとっては、まだ「給料の4分の1を容赦なく貯金する人」の方がカッコいいですね?

 

昼間の時間が豊かな人は、コインのお釣りを招き猫に溜め込んで、集まってきたら銀行口座に回収すると言う手も良いと思います。 

テレビを捨てて、自由とお金を得た!

実際にやってみてください!

いかにテレビに操られているか?わかるはずです!

物欲は虚栄心を刺激して、足りない物にフォーカスをあてます。

 

ポイントが貯まっても、そのサービス内でしか使うことができませんし、ポイントは使い切ってこそ意味があります。

溜め込む人が偉いなんて、イメージ操作の被害者もいい処です。

 

物欲がなくなったら、ミニマムライフコストで暮らしてゆけます。

 

僕は行列が嫌いです。「行列ができるほどの人気店に行っている自分が可愛い」と思っていませんか?

僕はそんなことよりも、欲しいものはお金をかけてでも、素早く手にしたいですね?

sibu2.com

 

もしかしたら、行列に並んでいる人はタダ飯を求めてアルバイトしているサクラかもしれませんよ?お気をつけてくださいね?

 

僕がそもそも貯金をする理由は、自分の生活を極めるためです。

過去記事。 

 

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

www.alkanet-books.com

それじゃ、またね!